« 2005年12月4日 | トップページ | 2005年12月8日 »

2005年12月 7日 (水)

[ live project ] ライブ・プロジェクト

12/7 [ live project ]
Please change into Japanese !
http://ocn.amikai.com/amitext/indexUTF8.jsp

***ライブ・プロジェクトの日本語は英文の下にあります。
お願いがあります! どなたかビル・ゲイツさんや外国の方に
判るように ちゃんとした英語に直してくれませんか?
090-9853-3063 石井睦郎

  下記写真最後のは スタン・グロスフェルド

エチオピア難民キャンプで瀕死のわが子を抱く母親

     (子どもはこの日死亡した)

 カメラを向けられると 途上国の子供たちは

    苦しいはずなのに 笑ってしまう


      カメラがめずらしいから・・・・?

ぐらつく子どもの頭をおさえて 生涯で初めてのカメラ

   死にゆく子供の 顔には うっすらと 笑顔


 この出来事がなければ どのような 表情なのか?!


 G8 我々は とてつもない 錯覚をして生活している!


[ live project ]
A very important and required project NGO performed every month on Sat., May 21 [Hanger free world] At the charity curry party (anyone participating freedom) of the Bangladesh dish support The raw signs of children or people that Mr. G-S who was even absent from the company from Chichibu and participated is also troubled with the starvation in the world, live (live broadcast) 24-hour 365 days, It cooperates with NGOs (front line) of each spot in the world, or activists using the Internet and a video camera. an animation image material -- collecting -- it -- the inside of the world -- the live (live broadcast) -- an animation image -- passing -- [-- always -- now! it has happened -- as actual!] I see to many people and let you know. The same [live project] as me for having you cooperate is considered, and I decided that it was, and would advance and go in cooperation with each other, and spoke in front of everybody about this plan by two persons at the curry party of this day. Although people who an effect has even if it passes mere pole little and an image like an instant, and are in pain in the raw appearance of the children troubled with starvation, war, persecution, etc. very occasionally in single shot on television etc. or people are not compared like goods like the former, [ few ] When selling some goods at a TV commercial, supposing the image of goods has raw not a true figure but commercials projected externally only for a moment [ mere ], you are single shot, and do the goods sell moreover sometimes further? Even if it distributes and advertises a flier in the street (it is NGO like), how many persons buy the goods of CM which projects goods only for a moment [ mere ] it does not turn out in 1 that can be seen when several times? (The public has only recognition that starvation exists.) Recognition which has occurred now also at this moment and which is made actual Since the voice for the help of themselves' who are not told, and are not - Shown but - Are in pain, and him is not heard The public is - to which - recognition level which is not known is very low. We the public is asked for cooperation only by making the actual condition of starvation consider in an image. NGOs and the activists of each spot who are fighting by the front line in the world copied this project with the video camera. It is the spot about the raw animation image of the children who are actually in pain. I have you send to the base (for Tokyo to be also available anywhere) which serves as a center (for nothing) using a personal computer and the Internet. For nothing, from a center The raw animation image of actual す of the children troubled with the starvation, war, persecution, etc. and a situation is passed live (live broadcast) all over the world, and the persons who looked at it Seemingly, such a thing occurs in the distant country of [somewhere...] It lets a window called a personal computer pass, and enables it to see the image (live broadcast) sent by NGOs and the activists of a spot in 365-day 24 hours and the world also by whom always from recognition / consciousness level to say, so that it can consider as an occurrence which has occurred in the neighborhood seen from the window of its own house. Although most of these images are miserable and sad in it being as the same as Ms. UNICEF ambassador and Agnes Chan having seen, it is now actually! In case of what has occurred, it lets a window called a personal computer even if he sees and understands pass, and support, contribution, etc. can be performed to a favorite place, and enables it to act by the ability also contacting the activists on that spot further on that spot (support). Moreover, the cause of ? starvation occurring why should also be known. I am raw す of children or people to which media, such as television, are troubled with the starvation in an area besides Africa or Asia like the Iraq war or tsunami disaster while distributing and studying the flier of education etc. in various forms. [Petition] If it projects, those who receive also regard the flier distributed in a town as and people who act to support and education of the following stage increasing in number. Starvation in the world It is that of [there is possibility like being made to finish in one night]. Until now, although he met people of the activist of what 100 people and being got to know, one person of the person who looked at true す of starvation is not in 100 persons, either. They are only those who count truly. (There must also be those who interpret and those who will do nothing in the inside of the satisfaction of a man and self which Naka, a few men in it, also forgets.) Spectacle which those [ the ] who are counted looked at Even if it talks We understand only by imagination. He will forget, if time is formed even if it sees a photograph and video. With Naka of even our who are working an everyday life He forgets. Something Is it called inertia? Free flows and it is on a target. What it is going to move It is almost the case. I think that the people aided also in the way of the same activity as the former of the present NGOs or activists (support) will increase absurdly if the man in the world comes to be seen through a window called a personal computer in the children by whom it is troubled in the world so that it may be visible from the window of its room. Moreover, it lets such a channel pass, and when the place where NGOs and the activists in the world get used to one is made, I think that the world becomes very peaceful. It enables it to see this through a personal computer also at each home on that spot in the image which NGOs and the activists of a spot who fight by the front line most copied with the video camera. After the live image (live broadcast) sent from all over the world is sent to the place used as a base, it is sent all over the world. the expense concerning this project (around the time [ When it comes to a base ]) -- equipments -- about 2,500,000 yen -- from -- it can do and anyone can do it. This project is asked for cooperation of funds or advice. I want Director Spielberg, Mr. Bill Gates, Mr. Bob Geldof, and people of BONO Mr. others for what to ask for the direction which can do English to tell this plan. Please tell many people this plan. For a long time, education activities have been carried out in various forms. てき better た thinks that this project is now very required and important. It Old we and the voice of -NGOs and activists are made powerful. what Spot actual -- being troubled -- People currently fought A student's [voice!] many people -- hearing it - seeing - it is based on my letting you know. - with this completely different project -- it carries out in new - organization and organization. Thereby, it is now. The background of NGO-NPO, an activist, a white band, and movement becomes intelligible clearly. It sets. It is whether cooperation of people can be obtained. I consider.

       とても重要で必要なライブ・プロジェクト

   (飢餓や戦争などを1秒でも早く終わらせるための!)

(過去の記事から) 5月21日(土)毎月行われている 

NGO [ハンガーフリーワールド] のバングラディッシュ支援の

チャリティ・カレーパーティ(誰でも参加自由)で 

秩父から会社を休んでまで参加して下さいましたG・Sさんも 

世界の飢餓で苦しむ子供たちや人々の生の様子をライブ(生放送)

で24時間365日 インターネットとビデオカメラを使って 

世界中の各現地の(最前線の)NGOや活動家達と協力して 

動画映像素材を集め それを世界中に ライブ(生放送)で

動画映像を流し [常に今!起こっている現実として!] 

多くの人々に見て知ってもらい 協力してもらうための 私と同じ

[ライブ・プロジェクト]を考えていて おたがいに協力しあって

進めて行こうと決め この日のカレーパーティでは 

2人でこの計画について みんなの前で発言いたしました。 

 

        [ ライブ・プロジェクト ]

これまでのように テレビなどで単発的に極たまに飢餓や

戦争・迫害などで 苦しむ子供たちや人々の生の様子を 

ほんの極わずか 一瞬のような映像を

流しても効果は少なく 苦しむ人々を商品のようにたとえる

のではないのですが テレビCMで何かの商品を売るときに 

単発で しかも時々 さらに商品の映像は生の本当の姿ではなく

表面的に ほんの一瞬だけしか映していないコマーシャルが

あったとしたら その商品は売れるでしょうか?


1年に数回 いつ見れるとも判らない ほんの一瞬しか商品を

映さないCMの商品を 街頭でチラシを配って(NGOのように)

    PRしても何人の人が買ってくれるでしょうか?

(大衆には飢餓が存在しているという認識しかない

 今この瞬間にも起きている現実としての認識は 

知らされず・見せられず・苦しんでいる彼ら自身・本人の

助けを求める声を聞いていないから 大衆は判らない

認識レベルがとても低くなっている わたしたちは 

飢餓の実態をイメージで思わせるだけで

       大衆に協力を求めている )
 


  このプロジェクトは 世界中の最前線で戦っている 

 各現地のNGOや医師・活動家達がビデオカメラで写した

  [現実に苦しみ死に行く子供たちの

  ありのままの現実の様子・母親の悲願の訴え]

などの ありのままを 彼ら自身に写してもらった 

動画映像をその場で パソコンとインターネットを利用して(無料で)

センターとなる基地(東京でもどこでもかまわない)に送ってもらい

センターから無料で その飢餓や戦争 迫害などで苦しむ子供たち

の現実のすがた・母親の悲願の訴え 様子などの生の動画映像を

    世界中にライブ(生放送)で流し それを見た人たちが 


    
      [どこかの遠い国ではそのような事があるらしい・・・]

     

      [かなり昔のことじゃないの?・・・今もかなぁー?・・・]


            等という認識・意識レベルから

       [現実に今!1・6秒に1度起きている現実として!]


自分の家の窓から見える近所で起きている出来事として思える

ようにパソコンという窓を通して 常に365日24時間 世界中の

現地のNGOや活動家達から送られてくる(生放送の)映像を 

     だれでも いつでも見れるようにするものです。

 
これらの映像のほとんどが ユニセフ大使・アグネス・チャンさんが

見てきたとおなじ とても悲惨で悲しいものかもしれませんが 

それは現実に 今!起きている事だと 見て理解してもらへ 

パソコンという窓を通して その場で支援・寄付なども好きなところ

へ出来 さらに その場でその活動家達とも連絡も取れて 

    行動(支援)出来るようにするものです。
 
また なぜ?飢餓が起きるのか等の原因も判ってくるはずです!

      (かれらの生の証言などにより)
                                      
私はいろいろな形で啓発のチラシなどを配り研究していくうちに


もし イラク戦争や津波災害のように テレビなどのメディアが 

アフリカやアジア他の地域での 飢餓で苦しむ子供たちや人々の

生のすがたや [訴え] を映し出したら 街で配るチラシを 

受け取ってくれる人も多く 次の段階の支援・啓発まで

   行動してくれる 人々が多くなると思っています。

          
           世界の飢餓は 

  [一夜にして終わらせられるほどの可能性がある] 

             のです!

これまでに 何百人という活動家の人々と会って知りましたが

飢餓の本当のすがたを見た人は 100人に1人もいません。

   

        本当に数える人だけです。

(そのなかの数少ない人たちの中でも 忘れてしまう人

自己の満足の領域=グラマーの中で解釈する人=1日の

うちに ほとんど彼らのことを忘れている・事務的な作業に

追われてしまう人・テレビで毎日の報道で映像が流されたならば

飢餓や戦争などに関心を持つ人々がとてつもなく多くなるのを

知っていながら ・ また 何もしなくなり忘れてしまう人)  

    その数えられる人が見た光景は 話されても


       私たちには 想像でしかわかりません

 
  写真やビデオを見ても時間がたつと忘れてしまいます

  活動をしている私たちでさへ 日常の生活の中では 

        忘れてしまい 何か 惰性というか

   ただの流れ的に 動こうとしていることが ほとんどです


         わたしは いつも 食事をする時に 


 もし 自分の部屋の窓の外で 飢餓に苦しむ子ども達がいたら 

    冷蔵庫や部屋の中から食べ物や薬・衣類など 

        すぐに渡せられるのに! と思います

          そして このような状況であれば 

       ほとんどの人が 同じ行動をすると思います
 


       もし 自分の部屋の窓から見えるように 

  世界中の苦しんでいる子供たちが パソコンという窓を通して

         世界中の人が見えるようになれば 


現在のNGOや活動家たちの これまでと同じ活動のやり方でも 

応援(支援)してくれる人達は とてつもなく多くなると考えます 


また このようなチャンネルを通して世界中のNGOや活動家たちが 

ひとつになれる場が出来る事により 世界はとても平和になると

思います。 

これは 最も最前線で戦う現地のNGO・活動家たちが

ビデオ・カメラで写した映像を その場でパソコンを通して

各家庭でも見れるようにするものです。

世界中から送られてくるライブ(生放送の)映像は 基地となる

ところに送られてから 世界中に送られます 

 このプロジェクト(基地となるところ)にかかる費用は機材だけで

        250万円位からでき、誰でも出来ます

             (だれでも出来ます)

 

   このプロジェクトに資金やアドバイスの協力をもとめます
 
 英語の出来る方に求めたい事は この計画をスピルバーグ監督 

ビル・ゲイツ氏・ボブ・ゲルドフ氏・ボノ氏 他の方々に

              伝えてほしいです!
  
        

     この計画を多くの方々に みなさんも伝えて下さい!
 


長い間 いろいろな形で啓発活動をしてきましたが 

今はこのプロジェクトは とても必要で重要だと思います


それは これまでの私たちや・NGO・活動家たちの声を

            強力にします

なによりも 現地の 現実に苦しみ 戦っている方々の 生の

[ 声を!]多くの人々に聞いて・見て・知ってもらうことによります

 

  このプロジェクトは まったく別の・新しい・機関・団体で

               行うものです

    

   それは世界中からリアルタイム(生放送)に送られてくる

  助けを求める生の動画映像は制限をかけたくはないからです! 

それにより現在ありますNGO・NPO・活動家・ホワイトバンド・

運動等の これまでと同じ イメージや活動のままでも 

          背景がはっきりと判りやすくなり

  おおくの 人たちの協力を得られるのではないかと思います 

    
  また 世界中の各現地から生放送で送られてくる最前線での

      医師や活動家方の


            「薬も何も 全く足りない!

       今 たった50円のワクチンがあれば今ここで

       息絶えようとしている子供達は助かるのに!

  この映像を見ている方!至急支援金を送金してください!」


    (そして クリック・募金で その場でワクチンを打たれて 

            助かる子供達の様子など)


などの生の訴えや求めるものに すぐに私達も参加でき対応出来


また 今にも命尽きてしまう子どもと母親の姿・助けを求める訴え


    「おねがいです!日本および裕福な国のみなさま!

      
       この子を助けてください! おねがいです!

   

     今すぐに薬を!食べ物を!あなた方の政府に訴えを

      
     起こしてください! この映像を見せてください!」


  などの 生放送の(ライブ)動画映像を世界中の人たちが

     本人の自由意志でリアルタイムに見れて

     政治家の方々や力のある方々に 私たちは

    
   

     「おねがいです!何とか助けて上げて下さい!」

 

 

「(映像)これが今!現実に起きていることだと信じられません!

   お願いです! 何とかしてください! ほっとけない!」


 

「昨夜私が見ただけでも 何十人もの子どもが母親の腕の中

などで 亡くなるのを見ました!

先生(政治家の方などに対して)助けてあげてください!

 
先生の今食べている高価な昼食代の半分の金額でも

何十人もの子どもの命が助けられるのですよ!

調べてみると政策や貿易の仕組みにも とても問題があります!

私たち裕福な国は彼らから とても大きく搾取して生活していて

明らかに 長く苦しみ毎日多くの死んでいく子供達の命の犠牲の

上で生活しているようなものじゃ ありませんか!

        助けてあげてください!

   先生も今! そのパソコンで 見てください!」


(逃げ場や言い訳を封じ込めてしまう なぜならば

ドネーション=クリッキング募金でその場で支援を受けられる

システムに反応した世界中の人々が映像を送り続けるから)

 
  等の 私たち1人1人のアドボカシー活動で求める発言力を

 強力にし とてつもなく多くの人々の協力が得られると思います

 
  そして G8首脳のみならず多くの政治・経済・宗教などの

 有力者方は 世界中から送られてくる 助けを求める映像が

  送られ流されている間は 見てみぬ振りは出来なくなり 

      うそや 言い逃れ などは出来なくなります

   

   地球から これらの助けを求める映像が無くなるまで

        わたしたちは声をあげましょう!

        この [ライブ・プロジェクト] は

せっぱつまった 9・11 のような行動よりも とても平和的に 

より効果的に多くの 地球人 [類] に呼びかけられるものです。

それにより 完全に地球が平和になるまで続く ライブ・映像は

すべての国の政治家や有力者の方々が嘘や言い逃れが

      出来ない証拠として機能し続けるでしょう


     民衆の声は増大し・協力になると思います

    

    下の写真の悲しみ等を 私たちは明日以降も

       持ち続けられていますでしょうか?

Epsn0001
Epsn0010
Epsn0020
Epsn0030
Epsn0040
Epsn0050
Epsn0060
Epsn0070
Epsn0080
Epsn0090
Epsn0091
Epsn0100
Epsn0110
Epsn0120
Epsn0130
Epsn0140
Epsn0150
Epsn0170
Epsn0180
Epsn0190
Epsn0190_1
Epsn0200
Epsn0210
Vfsh0010


http://www.worldvision.or.kr/event/content.asp?ac_tablename=event_page&An_num=3&PageNo=0&StartPage=&id=&ref=&re_step=&re_level=

http://www.sio-site.or.jp/event/060427.htm


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月4日 | トップページ | 2005年12月8日 »