« 2005年12月7日 | トップページ | 2005年12月11日 »

2005年12月 8日 (木)

12・10 ホワイトバンドデー3 川口リリア

Saitama It turns to about 12-10. Standby O.K. That day 20 years before Band-Aid It advocated. Bob Geldof って -- What kind of man. It feels and comes out. [THE wall] It is a ながす schedule. Synchronization After this movie A certain kind Energy acting -- true -- The Berlin Wall is broken. It carried out.


さいたまは ほぼ12・10にむけて スタンバイOK

当日 20年前に バンドエイド を提唱した

      ボブ・ゲルドフ

   って どんな人? って感じで 

     
      [ザ・ウォール]


http://youtube.com/watch?v=tkJNyQfAprY

http://www.youtube.com/watch?v=qdOgbYirWNw&NR


     を ながす予定です。


       シンクロ 


この映画のあとに ある種の エネルギーが

作用して 本当に ベルリンの壁がブロークン

しました。

ボブ・ゲルドフ/ライブ・エイド[CNN] 英バンドエイド、20年ぶりにチャリティー曲を再録音- REUTERSロンドン(ロイター)  エチオピアの飢餓を救うため1984年にロックスターが集合して結成した「バンドエイド」が14日、ロンドンのスタジオで、20年ぶりに大ヒット曲「Do They Know It's Christmas?」を再録音した。スタジオにはポール・マッカートニーやコールドプレイのクリス・マーティン、ジャメリア、ザ・ダークネスなどが集まった。 再録音盤のリリースは、11月29日の予定。 今回の再録音にあたって、曲のアレンジはロビー・ウィリアムズとDidoが担当。CDジャケットは、英人気アーティストのデミアン・ハーストが手がける。 売り上げはアフリカの支援に使われるが、特に、アラブ系民兵による黒人住民らへの襲撃が続き、今年3月から数万人の死者が出ているスーダン・ダルフール地方の援助に用いられる予定。今月初めに、英国が後援するアフリカ支援グループの一員としてエチオピアを訪問したボブ・ゲルドフは、「飢える毎日が、日常となっている彼らを見て、気分が悪くなった」と述べ、みんな
に再録音盤を購入してもらいたいと、英BBCテレビに語った。 20年前のバンドエイドは、ボブ・ゲルドフとミッジ・ユーロの呼びかけにより、40人以上のミュージシャンが集まったグループ。オリジナル曲「Do They Know~」を発表し、エチオピア救済のために、1000万ポンド以上の援助金を集めた。[CNN] 80年代に世界規模でチャリティ・ブームが起こったことを覚えている人は多いだろう。 その火つけ役となったのが、このバンド・エイドである。 時は84年、「哀愁のマンデイ」で有名なブームタウン・ラッツのリーダーであるボブ・ゲルドフは、飢えに苦しむエチオピア人の惨状をテレビで見てショックを受け、チャリティ・プロジェクトを立ち上げることを決意する。 ウルトラヴォックスのミッジ・ユーロと共に曲を書き上げ、さまざまなアーティストに参加を呼びかけたところ40名近くの英国スターが集結した(もちろんノー・ギャラ)。 ざっと参加アーティストを挙げてみると、U2、デュラン・デュラン、カルチャー・クラヴ、スパンダー・バレエ、ポール・ウェラー、ワム、スティング、フィル・コリンズ、ダン・エイクロイド……といった錚々たるもの。 プロモ・ビデオでも見られた豪華スターのマイク・リレーは、その後のチャリティ・レコードの定番となった。そしてクリスマス前にシングル・カットされた「DoThey Know It'sChristmas?」は英国のみならず世界中で反響を呼び、一大チャリティ・イベント『ライヴ・エイド』
を開催するまでに膨れ上がった。(ワンダラー森さんより)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月7日 | トップページ | 2005年12月11日 »