« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月31日 (土)

12・31(SAT)

(Retouch proposal [ out of http://141.txt-nifty.com/141/2005/12/post_a546.html ] ) .... Future By white band movement Getting interested Persons who gathered How Following Step 1=NPO-NGO etc. Or [ leading ] etc. Also discuss . It It was pulled and brought near by the boom. Many people - white band movement which it cannot let alone Immediately [He forgets.] Things It is because it is fully predicted. NPO-NGO etc. Become a member and a member. intentional -- as it is -- Now It budded. Starvation The child, and the mother and people who are troubled with poverty and war, persecution, etc. are received. very much -- Easy main -- disagreeable It is made to continue. inside of an everyday life too much -- time -- there is nothing -- busy -- It cannot work. Instead of [ of the public, us, ] -- taking action is continued Present Hanger free world http://www.hungerfree.net/ Star light Again The [hottokenai] Also that organization The child and people in = world who are troubled by financial difficulties. single shot ---like Also contribution very much -- Although it is kind then -- It is hard coming to have planning in activity of a spot. every month fixed amount Support very much -- important -- Also people of a spot a plan builds -- having -- What Uneasiness and fear etc. -- Unnecessary pressure it can remove -- Volition also comes out! support money of a monthly fixed amount width -- giving -- for example, -- 300 yen of one-person every month from -- possible -- carrying out -- instead -- Case of a small sum A leaflet, news, etc. which money requires not sending -- the organization's homepage etc. -- seeing -- I have you -- Make it a situation known etc. Method How about enabling it to take? Now 9-10 Boom nature I consider [ falling and ]. inside of now It budded with much trouble. 3 seconds -- one person the children who lose a life sake -- It was able to draw near. People A thought and feeling How to make it continue and maintain It is that it should take. I consider. As one of them Gray and other entertainers (also overseas one) Hanger FURIWA - RUDO others -- Organizations, such as NGO an honorary member is sufficient -- therefore -- Please give me cooperation. The photograph which carried out, carried out the white (it also becomes both improvement in image) band, and was taken At windows, such as each organization's homepage "I am also doing cooperation of!" It needs. An image is made. These On an organization Fan Many people From the formal page which it cannot let alone Make it easy to access. It carries out. and -- the -- Every person's cooperation Saved child a situation -- a photograph, image, etc. it understands -- as -- It carries out. For example Allowance, disposal, etc. of a doctor It finishes. On a bed Oxygen inhalation is considered as intravenous drip. With the child who is sleeping It is in a side. The mother's expression Taken photograph It carries. " This child was helped in one part of white band profit of 9 and 10." or -- Voice of gratitude of a mother Also expression of carrying It takes in. Former A smiling face is fine. Children By expression The present condition It is hard to be transmitted. Also degree of change of consciousness It is different. These Entertainers The photograph which used the white band as the arm Each NGO etc. Homepage At the first window Large It is having come out. A fan and many People Very gentle feeling To actual action It is led. Every month fixed amount Support money 100 yen But It is good! Fans He supports. Starr and entertainers Each NGO It comes out. It can have a sense of togetherness. Service activities Beauty etc. He understands. what the -- From a cause one step and no less than two steps -- moving forward -- Even one's problem If it is Action People which it comes to start Very much I think that it increases. Now It was given. This situation and timing You have to use effectively. Rich country Us One person dies and it goes at 3 seconds. Children's life was also sacrificed. support we were able to do it advantageously -- carrying out -- -- they should be able to be given Since it is living in trade and economy one month -- 1 time Half of lunch or -- Half of the meal to be eaten on the 1st Now side If it is dividing -- giving -- making it eat -- coming out -- Since it cuts The part The amount of money


きょう ほっとけない事務局の メーリングリストで送った 提案。

(秋田のやすだま さんに 鼓舞されて OCNで 英文に変えて
 ライブ・プロジェクトも含めて アイデア・提案を 世界中の
G-CAPのメンバーに発信し始めました! 
      みなさんも ご協力下さい!
 英文に変えた ものを コピーして あちこちに送ります。 )

 

・・・・今後 450万人の ホワイトバンド運動で 関心をもったり 

集まった人たちを いかに つぎのステップのひとつ=

NPO・NGOなどに導き確保して置くか 話し合ったりもしました。 

それは 450万人の ブームでひきよせられた 多くの人たちが

 ほっとけない・ホワイトバンド運動を すぐに 

[忘れてしまう] ことが 十分に予測されるからです。

 NPO・NGOなどの メンバーや会員になることは 意識的に

そのまま 今 芽生えた 飢餓や貧困・戦争や迫害などで苦しむ

子どもや母親・人々にたいしての とても やさしい おもいやりを 

継続させるものです。  

日常の生活の中では あまりにも時間がなく多忙で活動できない 

わたしたち民衆の代わりとなって行動を起こし続けて下さるNGO

などに クリッキング・フィルムに出演した有名人の方々に協力

していただき 450万人以上の人々を 確保してもらうのです!

以下の内容のようなものを有名人の方々に 言ってもらうのです   


現在 ハンガーフリーワールド http://www.hungerfree.net/english/index.html も スターライト も また そのほ

かの団体も 財政難に苦しんでいます=世界の子どもや人々も      

単発的な 寄付も とても ありがたいのですが それでは 

現地の活動に計画性が持ちにくくなります。 

毎月定額の 支援は とても 重要で 現地の人々も 計画が

たてられ 何よりも不安や恐れ などの 不要なプレッシャーを

取り除くことが出来 意欲もでてきます! 


毎月の定額の支援金に幅をもたせて 例えば1人毎月300円

からでも可能にして そのかわりに 小額の場合 お金のかかる

リーフレットやニュースなどは 送らず その団体のホームページ

などを見ていただき 状況が判るようにするなどの 方法を 

取れるようにしたらどうでしょう。 

  
今 9・10よりも ブーム性が 落ちてきていると思います。 

今のうちに せっかく芽生えた 3秒に1人 命を亡くす子ども達の

ためにと引き寄せられた 人たちの 思い・気持ちを 継続・持続

させる方法を とるべきだと 思います!

その1つとして グレイや他の芸能人の方々(海外の方も)に 

ハンガーフリーワールド や 他の NGOなどの団体に 

名誉会員でもいいですから 協力をお願いして

(双方のイメージアップにもなりますが)ホワイトバンドをして写した

写真を 各団体のホームページなどの窓口に

 
 「わたしも この団体をサポートしています

月々わずかな定額の支援で 多くの子どもや人々の

   命が救え 守ることが出来ます! 

ファンの方も含め 協力をお願いします!」 などの


ような イメージを作り これらの団体に ファンや多くの人たちが

ほっとけない公式ページからも 入会しやすくできるようにします。 

そして その 1人1人の協力で救われた子どもの状況が写真や

動画映像などで はっきりと 判るようにも します。

例えば 医師の手当て・処置などが 終わり ベッドに 点滴と

酸素吸入をして寝ている子どもと そばにいるその母親の表情を 

写した写真を 載せて 


「この子は 9・10の ホワイトバンド運動で 助けられました

本当にありがとうございました」等 または 母親の感謝の声と 

映像を載せるなどの表現も 取り入れます。 

従来の 笑顔の元気な 子ども達の 表現だけでは 現状が 

伝わりにくく 意識の変化の度合いも 違ってきます。

これら 芸能人の方々の ホワイトバンドを腕にした写真が 

各NGOなどの ホームページの 最初の窓口に 大きく 

出ていることで ファンや多くの人たちの とてもやさしい気持ちを

 現実の行動へと 導いてあげられるのです。


毎月定額の 支援金は 100円 でも いいのです!


 ファンの方々は 自分の支持する スターや芸能人の方々と共に

 各NGOで 一体感を持つことができ 奉仕活動の 美しさなども 

理解します。なによりも その きっかけから 1歩も2歩も前進して

自らの問題でもあると 行動を 起こすようにもなる方々が 

とても 増えると思います。

今 与えられた この状況・タイミングを 

有効に使わなければなりません。

豊かな国の 私たちは 3秒に1人死に行く 子ども達の命をも

犠牲にした 私たちが有利に出来た 貿易・経済の中で暮らして

いるのですから 1ヶ月に1度 昼食の半分 または1日に食べる

食事の半分を 今そばに いれば わけあたえて 食べさせて

あげることができるのですから その分の 金額を 支援として

 かれらに 与えてあげることも できるはずです!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005年12月25日 (日)

V6010002V6010003V6010004V6010005V6010006

     

   I LOVE BABY ! (YUKIKO SAN)


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005年12月23日 (金)

世界の ホワイトバンドデー2 映像

http://www.live8live.com/videos/index.shtml

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2005年12月18日 (日)

12・18(日曜)

 Today It is carried out every month. I want anyone to participate. Hanger free world http://www.hungerfree.net/ It eats. Bang radish Children A life can also be saved. It is a charity curry party. Tomorrow It goes back to Bangladesh. Also the mitten of the HFW Bangladesh director It participated.


Today White band day 3 Questionnaire It sent. ----- Original Message ----- From: muturou To: muturou Sent: Saturday, December 17, and 2005 11:03 PMSubject: Re : The report of [10DAYS(s) which it cannot let alone] event, and wish of a questionnaire White band day. event report & -- the questionnaire towards future. 1. Event Name : Lilia Kawaguchi White Band Day 3 2. sponsor : (name : WADOUADOUBUURU& -- いしい -- Mutsu wax.) Group name : NOBODIGONTO. Contact (E-mail) nqi48953 @nifty.com 3. Time : 2005/12/10 (Saturday) 4. Hall : The Second Floor of Lilia Kawaguchi Aim! Town of the No.1 Volunteer of Japan Volunteer support station http://web.city.kawaguchi.saitama.jp/ka/web_p01.nsf/doc/16CDF53EF0060E8649256BDE001F7BB5?OpenDocument 5. -- participating number: -- about thirty persons 6. Contents (Program) : Children of KURIKKINGUFIRUMU and God White Band Day Photo Exhibition in Show, White Band Gallery, and World 7. Is it in Motive Which Considered Plan Independently? : White Band Day Photograph in World On Peak がり is seen. No. 1 rich man The Japanese public It does not move. Very much Be sly. I was able to consider. Also Japanese of a rich country He is one person to 3 seconds. It dies and goes. Child 達 Also life It was made the sacrifice. In economy and trade-related inside It is living. Politics and the world are moved. の He is the public. Also Japan He is one person to 3 seconds. It dies and goes. From children As [ take ] It squeezed. situation it changes -- as -- the first priority -- carrying out -- The public Move. As man very -- Natural They are things. Thought Better た. 8. He Notices to Plan Implementation. : It is like the Last White Band Day 2 of 9-10. Climax There is nothing は. Also member Although it decreased very much The last experience and a tool Since it was very much -- smooth -- It was able to prepare. change of a thought: At least two persons per person Somewhere Action Have started. it understands -- as -- It carries out. Also things I thought that it was required. It Another prefecture etc. The inside of Japan, and the world It interlocked. It is action and あ. ること From after Media etc. It is told. It is because it understands. Difficulties: To a white band gallery It asks for participation. Beforehand Event information was put in. Poster Villa etc. Distribution The Saitama arena festival is included. A total of 5000 or more sheets Personal delivery etc. Although carried out A reaction This time It is were few. The Saitama arena festival At which time Musicians Again Even KURIKKINGU film On a concrete target "-- where -- investigating -- -- it goes to where and asks for participation -- " Message intelligible -- as -- Advertize. Having wanted . I considered. Please describe the exchange (merit of correspondence, first) with the secretariat which it cannot let alone. : Problem Although it was not Mr. Miyagawa Very much Busy situation It felt (pitiful). It is らい that there is nothing. People At that time The increased direction I think that it is good. 9. Please Plan and Describe Good Point and Point Examining Yourself. : Supposing it Does Not Do What Although change does not occur, either Even when it is small-scale With at least two persons per person It carries out. Very much If it is meaningful I considered. Point examining oneself That day To acting before the audience In the best condition In order to carry out It is generous. It prepares. Plan It takes. Body It can also rest. If important I understand. 10. What kind of thing was there in a participant's voice?: At the Saitama arena festival It is gray. The direction "this time The formal page which it cannot let alone is a stake thing in understanding at those who take action! Be more intelligible! Be easy to participate! You of a secretariat! thank you for your consideration! " It said. It tells. Given people. Anyone can participate like the formal page of 9-10. I want the place which carries out HORO mutually. Said people. They are "the children of God" at a festival. If there is no image Probably, it did not participate. Also said people It was. 11. Comment as a Sponsor are ? Generally. : Too Even Small-scale It Carries Out. From After People which participate It is like a guidepost. The meaning as a saucer is also included. To record It remains. Investigation With that of られる It acts. It is that it was good. I consider. 12. The subject left behind at future : now 9-10 Boom nature I consider [ falling and ]. To the inside of now With much trouble It budded. He is one person to 3 seconds. A life is lost. To a children sake 引き寄 It was carried out. People A thought and feeling How to make it continue and maintain It is that it should take. I consider. As one of them Gray and other entertainers (also overseas one) Hanger free world I ask cooperation of other organizations. Since an honorary member is sufficient (also becoming both improvement in image) ます Photograph which copied by carrying out a white band Windows, such as each organization's homepage "cotton also carrying out -- It has cooperated! " etc. is needed. an image -- making -- these -- Organization access -- carrying out -- や Become empty and do. It carries out. and -- the -- Every person's cooperation Saved child Situation it understands -- as -- It carries out. for example, -- allowance [ of a doctor ] - 処置 ど It finishes. On a bed Oxygen inhalation is considered as intravenous drip. Child who is sleeping It is also as ど. It is in a side. That mother's expression Taken photograph It carries. "This child is 9 and 10. one part of a white band profit It was helped." or -- Voice of gratitude of a mother Carry. Also expression It puts in 1 part picking. the former A smiling face is fine. Children Only expression The present condition being transmitted -- hard -- Change of consciousness Also degree different -- ます. Do you think that it is in the follow-up which should occur? To others and the future of "being unable to let it alone" Please give me expectation, advice, and a proposal. : Although it is the same as the above for the moment Meeting wanting to carry out I consider. If it is Saturday Since it is OK lighthearted -- Please speak. 13. Continuing to Consider New Plan Etc. Wants to Concern Itself Actively. : Right or wrong Thank you for your consideration!

きょうは 毎月行われています どなたでも参加してほしい ハンガーフリーワールド http://www.hungerfree.net/   の 食べることで バングラディシュの 子ども達の 命も救える チャリティ・カレーパーティです。  明日 バングラに帰国する HFWバングラ事務局長のミトンさんも 参加してくださいました。

V6010027
V6010028_2
V6010031
V6010032_2

ホワイトバンド運動でともに活動しています 秋田の やすだま さん 写真縦にしてくれて ありがとうございます。  ニコニコ

        


       今日 ホワイトバンドデー3の アンケート 送りました。

----- Original Message -----
From: muturou
To: muturou
Sent: Saturday, December 17, 2005 11:03 PM
Subject: Re: 【ほっとけない10DAYS】イベントの報告とアンケートのお願い

ホワイトバンドデーⅢ イベント報告&今後にむけてのアンケート。
1.イベント名 : 川口リリア ホワイトバンドデー3

2.主催者 :(氏名 : ワドゥー・アドゥブゥール&いしい むつろう。 グループ名 : ノボディゴント。  連絡先(Eメール)nqi48953@nifty.com

3.日時:2005/12/10(土曜)

4.会場 : 川口リリア2階 めざせ!日本一のボランティアの街

      ボランティア・サポート・ステーション

http://web.city.kawaguchi.saitama.jp/ka/web_p01.nsf/doc/16CDF53EF0060E8649256BDE001F7BB5?OpenDocument


5.参加人数:30数名

6.内容(プログラム):クリッキングフィルム・神の子たち 上映・ホワイトバンドギャラリィ・世界のホワイトバンドデー写真展 

7.自主的に企画を考えた動機はなんですか?:世界中のホワイトバンドデー写真の
http://www.whiteband.org/PressCenter/photo_album/photo_album.2005-05-10.9208978352/photoalbum_photo_view?b_start=8

http://www.whiteband.org/PressCenter/photo_album/view


盛り上がりを見て 1番お金持ちの 日本の民衆が 動かないのは 

とても ずるいように 思えました

豊かな国の日本人も 3秒に1人 死に行く 子ども達の 命をも 

犠牲にした 経済・貿易関係の中で 生活しています。

政治や世界を動かすのは 民衆です 

明らかに裕福な国の私たち 日本人も 3秒に1人死に行く 

子ども達から 奪い取るような 搾取した状況を 変えるように

第一優先として 民衆が動くのは 人間として ごく 当たり前の

ことだと 思いました。 もし 参加しなかったら いかで自分達を

人間と呼べるでしょうか! このまま子供たちの命の犠牲の上で

暮らしていくことは 出来ないと 認識しました!

(オックスファムのファィルを読んで特にそう思いました!

http://141.txt-nifty.com/141/2005/10/ox1_b28a.html)        

8.企画実施までの気づき: 

前回の9・10のホワイトバンドデー2のような 盛り上がりはなく 

メンバーも とても少なくなりましたが 前回の経験や道具が

 ありましたので とても スムーズに 準備できました。  

思いの変化: 

1人2人ででも どこかで 行動を 起こしていることが判るように 

することも 必要だと思いました。 

それは 他県など 日本中と世界との 連動した行動であることが

 あとから メディアなどで 伝えられ わかるからです。   


苦労: 

ホワイトバンドギャラリィへの 参加を求めるのに 事前に イベント

情報を入れたポスターと ビラなどの配布を 埼玉アリーナ・フェス

を含め 合計5000枚以上 手渡しなどで 行いましたが 反応が

 今回は 少なかったことで 埼玉アリーナ・フェス などの時に

 ミュージシャンの方々に また クリッキング・フィルムでも 

具体的に 「何処で調べて 何処へ行き 参加を求める」 等の

メッセージを判りやすいように 宣伝してほしかったと思いました。 

ほっとけない事務局とのやりとり(対応のよさ、まずさ)について記してください: 


問題は ありませんでしたが 宮川さんが とても 多忙な様子を 

感じました 人を その時だけでも 増やした方が 良いと思います。 

         子供たちの命 優先で考えるならば!  


9.企画を実施してよかった点と反省点を記してください: 

もしやらなかったら なんの 変化も起きませんが 小規模でも 

1人2人ででも 行うことは とても 意味あることだと 思いました。 

反省点は 当日 本番に ベストの体調に するために 余裕ある 

準備・計画を 取り 体を 休めることも 大切だと 判りました。


10.参加者の声にはどんなものがありましたか?: 

埼玉アリーナ・フェスで グレイの方が 「今回の ほっとけない公式

ページは 行動を起こす人たちに 判りにくいものです! 

もっと判りやすいように!参加しやすいように!事務局のみなさま!

 お願いします!」と 言われていたことを 伝えて 下さった方々。 

9・10の公式ページhttp://hottokenai.jp/action/archives/2005/08/post_10.html#c2569のように誰でも

参加出来 ホローし合ったりも出来る場がほしい と言われた方々。  

フェスで「神の子たち」の映像が無ければ参加しなかっただろう と 

言われた方々も いました。 


11.全般的に、主催者としての感想は?: 

やはり 小規模ででも 行うことは あとから 参加くださる方々の 

道しるべのような受け皿としての意味も含め 記録にも残り 調べ

られるので 行動して 良かったと 思います。  


12.今後に残された課題:

今 9・10よりも ブーム性が 落ちてきていると思います。 

今のうちに せっかく 芽生えた 3秒に1人 命を亡くす

子ども達のために と 引き寄せられた人たちの 思い・気持ちを 

継続・持続させる方法を とるべきだと 思います。 

その1つとして グレイや他の芸能人の方々(海外の方も)に 

ハンガーフリーワールドや他の団体に名誉会員でもいいですから 

協力をお願いして(双方のイメージアップにもなりますが)

ホワイトバンドをして写した写真を 各団体のホームページなどの

窓口に 「わたしも 協力しています! みなさんも毎月わずかな

支援を お願いします!」 などのようなイメージを作り これらの

団体に アクセスしやすくできるように します。 

そして その 1人1人の協力で 救われた子どもの 状況が 

 動画や写真などを沢山使って 判るようにも します。

例えば 医師の手当て・処置などが 終わり ベッドに 点滴と

酸素吸入をして寝ている子どもとそばにいる その母親の表情を

写した写真を載せて「この私の子は 9・10でのホワイトバンドの

収益の1部で 助けられました 本当にありがとう!」 等

母親の感謝の声を 載せるなどの表現も 取り入れます。 

従来の 笑顔の元気な 子ども達の 表現だけでは 現状が 

伝わりにくく 意識の変化の 度合いも 違ってき ます。     

あるべきフォローアップはなんだと思いますか?その他、「ほっとけない」の今後への期待、アドバイス、

提案をお願いします: 

今のところ上記と同じですが ミーティングを 

行いたいと 思います 土曜日ならば 大丈夫ですので 気軽に

 声をかけてください。

13.今後も新たな企画等を考えるなど、主体的にかかわっていきたいと思っていますか?

: ぜひ おねがいいたします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005年12月11日 (日)

12・11(日曜)

昨日の川口リリア・ホワイトバンドデー3は

来場者約30名で ホワイトバンドギャラリィ

での 撮影参加者 13名でした。

数少ない来場者のほとんどが 真剣に

飢餓・貧困問題を 考えていて 意見交換

も 行われ とても 濃いものになりました。

何人かの方からは アリーナ・フェスでグレイの  

方が 「ほっとけない・公式ページが読みづらい

判りにくい ほっとけないの事務局のみなさま

どうか お願いします もっと判りやすい物に!

もっと 参加しやすいように して下さい!」と

言われてたことを 伝えてくださり また 何人

かの方からは フェスで流れた [神の子たち] の

映像が なかったら ここには足を運ばなかった

だろう とも お話してくださいました。

わたしは もっと多くの この運動の背景となる

飢餓・貧困などで苦しむ現状の生の映像を求めます。 http://141.txt-nifty.com/141/2005/12/post_00ce.html
05-12-10_15-34
051210_153400

この日に向けて HFWのバングラ支部長のミトンさんの来日・宿泊の準備を同時進行させて ハードワークが続き 当日は とても頭が痛くて動けない位になってしまいましたが 4名の ボランティアの方が朝から 参加してくださり          「ふしぎだな~ ちゃんと うまく行くことになるんだな~」 と 感謝いたしました。 ホワイトバンドデー3が 無事終了して その足で ミトンさんとアニスルさん、HFWのバングラ担当職員の米岡さんを 朝から 参加してくださった ワドゥーさんと 駅まで迎えに行きました。  翌朝 起きてみると ももひきアニスルさんが 朝食を 作ってくださり みんなで その とても おいしい ももひきサンドをいただきました。  ニコニコ 051211_101900 051211_101901 051211_101902 05-12-11_10-20 05-12-11_10-24 05-12-11_10-28 051211_102800 05-12-11_10-29                                                    この日は 芝浦で 毎月行われています どなたでも参加してほしい! NPO スターライトネットワーク http://starlightnetwork.fc2web.com/ の バングラのストリート・チルドレンを助ける カレーパーティで ほっとけない事務局の ななめ前のお店へ行きました。 (なんか いろいろ シンクロし過ぎています。) この日のカレーは バングラの詩人 シャ・アユブさんが お休みなので またまた こんどは ももひきでない ノーマル・アニスルさんの カレーでした。 アニスルさんのバングラ式の食事の作法の実演もあり また 今後の ホワイトバンド運動で 関心をもったり 集まった人たちを いかに つぎの ステップのひとつ=NPO・NGOなどに 導くかなどを 話し合ったりもしました。 それは ブームでひきよせられた 多くの人たちが ほっとけない・ホワイトバンド運動を すぐに [忘れてしまう] ことが 十分に予測されるからです。  NPO・NGOなどの メンバーや会員になることは 意識的に そのまま 今 芽生えた 飢餓や貧困・戦争や迫害などで 苦しむ子どもや母親・人々にたいしての とても やさしい おもいやりを 継続させるものです。   日常の生活の中では あまりにも時間がなく多忙で 活動できない わたしたち民衆の代わりとなって行動を起こし続けて下さるのです。    現在 ハンガーフリーワールド http://www.hungerfree.net/ も スターライト も また そのほかの団体も 財政難に苦しんでいます=世界の子どもや人々。       単発的な 寄付も とても ありがたいのですが それでは 現地の活動に計画性が持ちにくくなります。  毎月定額の 支援は とても 重要で 現地の人々も 計画がたてられ 何よりも 不安や恐れなどの 不要なプレッシャーを 取り除くことが出来 意欲もでてきます!  毎月の定額の支援金に 幅をもたせて 例えば 1人毎月300円 からでも可能にして そのかわりに 小額の場合 お金のかかるリーフレットやニュースなどは 送らず その団体のホームページなどを見ていただき 状況が判るようにするなどの 方法を 取れるようにしたらどうでしょう。      なぜならば 豊かな国の 私たちは 1・6秒に1人死に行く 子ども達の命をも犠牲にした 私たちが有利に出来た 貿易・経済の中で 暮らしているのですから 1ヶ月に1度 昼食の半分 または 1日に食べる食事の半分を 今そばに いれば わけあたえて 食べさせてあげることができるのですから その分の 金額を かれらに 与えてあげることも できるはずです!         051211_141701 051211_141800 051211_141801 051211_141700 051211_141802 05-12-11_14-19 051211_141900 051211_141901 051211_141902 051211_142000 051211_14200105-12-11_14-22051211_14220105-12-11_14-24051211_142400051211_14240105-12-11_14-2505-12-11_14-2605-12-11_14-27051211_142700051211_142701051211_142800051211_14280205-12-11_14-2905-12-11_14-1505-12-11_14-1605-12-11_16-24 051211_162400                                                                            今回の ホワイトバンドデー3で スペースとプロジェクター、スクリーン、いす・テーブルなど全てを こころよく 無料提供して下さり 親身になって ご協力下さいました 川口リリア                [ボランティア・サポート・ステーション]  http://web.city.kawaguchi.saitama.jp/ka/web_p01.nsf/doc/16CDF53EF0060E8649256BDE001F7BB5?OpenDocument の みなさまに感謝いたします。(見守っていてくださったこと ありがとうございます!)         

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2005年12月 8日 (木)

12・10 ホワイトバンドデー3 川口リリア

Saitama It turns to about 12-10. Standby O.K. That day 20 years before Band-Aid It advocated. Bob Geldof って -- What kind of man. It feels and comes out. [THE wall] It is a ながす schedule. Synchronization After this movie A certain kind Energy acting -- true -- The Berlin Wall is broken. It carried out.


さいたまは ほぼ12・10にむけて スタンバイOK

当日 20年前に バンドエイド を提唱した

      ボブ・ゲルドフ

   って どんな人? って感じで 

     
      [ザ・ウォール]


http://youtube.com/watch?v=tkJNyQfAprY

http://www.youtube.com/watch?v=qdOgbYirWNw&NR


     を ながす予定です。


       シンクロ 


この映画のあとに ある種の エネルギーが

作用して 本当に ベルリンの壁がブロークン

しました。

ボブ・ゲルドフ/ライブ・エイド[CNN] 英バンドエイド、20年ぶりにチャリティー曲を再録音- REUTERSロンドン(ロイター)  エチオピアの飢餓を救うため1984年にロックスターが集合して結成した「バンドエイド」が14日、ロンドンのスタジオで、20年ぶりに大ヒット曲「Do They Know It's Christmas?」を再録音した。スタジオにはポール・マッカートニーやコールドプレイのクリス・マーティン、ジャメリア、ザ・ダークネスなどが集まった。 再録音盤のリリースは、11月29日の予定。 今回の再録音にあたって、曲のアレンジはロビー・ウィリアムズとDidoが担当。CDジャケットは、英人気アーティストのデミアン・ハーストが手がける。 売り上げはアフリカの支援に使われるが、特に、アラブ系民兵による黒人住民らへの襲撃が続き、今年3月から数万人の死者が出ているスーダン・ダルフール地方の援助に用いられる予定。今月初めに、英国が後援するアフリカ支援グループの一員としてエチオピアを訪問したボブ・ゲルドフは、「飢える毎日が、日常となっている彼らを見て、気分が悪くなった」と述べ、みんな
に再録音盤を購入してもらいたいと、英BBCテレビに語った。 20年前のバンドエイドは、ボブ・ゲルドフとミッジ・ユーロの呼びかけにより、40人以上のミュージシャンが集まったグループ。オリジナル曲「Do They Know~」を発表し、エチオピア救済のために、1000万ポンド以上の援助金を集めた。[CNN] 80年代に世界規模でチャリティ・ブームが起こったことを覚えている人は多いだろう。 その火つけ役となったのが、このバンド・エイドである。 時は84年、「哀愁のマンデイ」で有名なブームタウン・ラッツのリーダーであるボブ・ゲルドフは、飢えに苦しむエチオピア人の惨状をテレビで見てショックを受け、チャリティ・プロジェクトを立ち上げることを決意する。 ウルトラヴォックスのミッジ・ユーロと共に曲を書き上げ、さまざまなアーティストに参加を呼びかけたところ40名近くの英国スターが集結した(もちろんノー・ギャラ)。 ざっと参加アーティストを挙げてみると、U2、デュラン・デュラン、カルチャー・クラヴ、スパンダー・バレエ、ポール・ウェラー、ワム、スティング、フィル・コリンズ、ダン・エイクロイド……といった錚々たるもの。 プロモ・ビデオでも見られた豪華スターのマイク・リレーは、その後のチャリティ・レコードの定番となった。そしてクリスマス前にシングル・カットされた「DoThey Know It'sChristmas?」は英国のみならず世界中で反響を呼び、一大チャリティ・イベント『ライヴ・エイド』
を開催するまでに膨れ上がった。(ワンダラー森さんより)


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005年12月 7日 (水)

[ live project ] ライブ・プロジェクト

12/7 [ live project ]
Please change into Japanese !
http://ocn.amikai.com/amitext/indexUTF8.jsp

***ライブ・プロジェクトの日本語は英文の下にあります。
お願いがあります! どなたかビル・ゲイツさんや外国の方に
判るように ちゃんとした英語に直してくれませんか?
090-9853-3063 石井睦郎

  下記写真最後のは スタン・グロスフェルド

エチオピア難民キャンプで瀕死のわが子を抱く母親

     (子どもはこの日死亡した)

 カメラを向けられると 途上国の子供たちは

    苦しいはずなのに 笑ってしまう


      カメラがめずらしいから・・・・?

ぐらつく子どもの頭をおさえて 生涯で初めてのカメラ

   死にゆく子供の 顔には うっすらと 笑顔


 この出来事がなければ どのような 表情なのか?!


 G8 我々は とてつもない 錯覚をして生活している!


[ live project ]
A very important and required project NGO performed every month on Sat., May 21 [Hanger free world] At the charity curry party (anyone participating freedom) of the Bangladesh dish support The raw signs of children or people that Mr. G-S who was even absent from the company from Chichibu and participated is also troubled with the starvation in the world, live (live broadcast) 24-hour 365 days, It cooperates with NGOs (front line) of each spot in the world, or activists using the Internet and a video camera. an animation image material -- collecting -- it -- the inside of the world -- the live (live broadcast) -- an animation image -- passing -- [-- always -- now! it has happened -- as actual!] I see to many people and let you know. The same [live project] as me for having you cooperate is considered, and I decided that it was, and would advance and go in cooperation with each other, and spoke in front of everybody about this plan by two persons at the curry party of this day. Although people who an effect has even if it passes mere pole little and an image like an instant, and are in pain in the raw appearance of the children troubled with starvation, war, persecution, etc. very occasionally in single shot on television etc. or people are not compared like goods like the former, [ few ] When selling some goods at a TV commercial, supposing the image of goods has raw not a true figure but commercials projected externally only for a moment [ mere ], you are single shot, and do the goods sell moreover sometimes further? Even if it distributes and advertises a flier in the street (it is NGO like), how many persons buy the goods of CM which projects goods only for a moment [ mere ] it does not turn out in 1 that can be seen when several times? (The public has only recognition that starvation exists.) Recognition which has occurred now also at this moment and which is made actual Since the voice for the help of themselves' who are not told, and are not - Shown but - Are in pain, and him is not heard The public is - to which - recognition level which is not known is very low. We the public is asked for cooperation only by making the actual condition of starvation consider in an image. NGOs and the activists of each spot who are fighting by the front line in the world copied this project with the video camera. It is the spot about the raw animation image of the children who are actually in pain. I have you send to the base (for Tokyo to be also available anywhere) which serves as a center (for nothing) using a personal computer and the Internet. For nothing, from a center The raw animation image of actual す of the children troubled with the starvation, war, persecution, etc. and a situation is passed live (live broadcast) all over the world, and the persons who looked at it Seemingly, such a thing occurs in the distant country of [somewhere...] It lets a window called a personal computer pass, and enables it to see the image (live broadcast) sent by NGOs and the activists of a spot in 365-day 24 hours and the world also by whom always from recognition / consciousness level to say, so that it can consider as an occurrence which has occurred in the neighborhood seen from the window of its own house. Although most of these images are miserable and sad in it being as the same as Ms. UNICEF ambassador and Agnes Chan having seen, it is now actually! In case of what has occurred, it lets a window called a personal computer even if he sees and understands pass, and support, contribution, etc. can be performed to a favorite place, and enables it to act by the ability also contacting the activists on that spot further on that spot (support). Moreover, the cause of ? starvation occurring why should also be known. I am raw す of children or people to which media, such as television, are troubled with the starvation in an area besides Africa or Asia like the Iraq war or tsunami disaster while distributing and studying the flier of education etc. in various forms. [Petition] If it projects, those who receive also regard the flier distributed in a town as and people who act to support and education of the following stage increasing in number. Starvation in the world It is that of [there is possibility like being made to finish in one night]. Until now, although he met people of the activist of what 100 people and being got to know, one person of the person who looked at true す of starvation is not in 100 persons, either. They are only those who count truly. (There must also be those who interpret and those who will do nothing in the inside of the satisfaction of a man and self which Naka, a few men in it, also forgets.) Spectacle which those [ the ] who are counted looked at Even if it talks We understand only by imagination. He will forget, if time is formed even if it sees a photograph and video. With Naka of even our who are working an everyday life He forgets. Something Is it called inertia? Free flows and it is on a target. What it is going to move It is almost the case. I think that the people aided also in the way of the same activity as the former of the present NGOs or activists (support) will increase absurdly if the man in the world comes to be seen through a window called a personal computer in the children by whom it is troubled in the world so that it may be visible from the window of its room. Moreover, it lets such a channel pass, and when the place where NGOs and the activists in the world get used to one is made, I think that the world becomes very peaceful. It enables it to see this through a personal computer also at each home on that spot in the image which NGOs and the activists of a spot who fight by the front line most copied with the video camera. After the live image (live broadcast) sent from all over the world is sent to the place used as a base, it is sent all over the world. the expense concerning this project (around the time [ When it comes to a base ]) -- equipments -- about 2,500,000 yen -- from -- it can do and anyone can do it. This project is asked for cooperation of funds or advice. I want Director Spielberg, Mr. Bill Gates, Mr. Bob Geldof, and people of BONO Mr. others for what to ask for the direction which can do English to tell this plan. Please tell many people this plan. For a long time, education activities have been carried out in various forms. てき better た thinks that this project is now very required and important. It Old we and the voice of -NGOs and activists are made powerful. what Spot actual -- being troubled -- People currently fought A student's [voice!] many people -- hearing it - seeing - it is based on my letting you know. - with this completely different project -- it carries out in new - organization and organization. Thereby, it is now. The background of NGO-NPO, an activist, a white band, and movement becomes intelligible clearly. It sets. It is whether cooperation of people can be obtained. I consider.

       とても重要で必要なライブ・プロジェクト

   (飢餓や戦争などを1秒でも早く終わらせるための!)

(過去の記事から) 5月21日(土)毎月行われている 

NGO [ハンガーフリーワールド] のバングラディッシュ支援の

チャリティ・カレーパーティ(誰でも参加自由)で 

秩父から会社を休んでまで参加して下さいましたG・Sさんも 

世界の飢餓で苦しむ子供たちや人々の生の様子をライブ(生放送)

で24時間365日 インターネットとビデオカメラを使って 

世界中の各現地の(最前線の)NGOや活動家達と協力して 

動画映像素材を集め それを世界中に ライブ(生放送)で

動画映像を流し [常に今!起こっている現実として!] 

多くの人々に見て知ってもらい 協力してもらうための 私と同じ

[ライブ・プロジェクト]を考えていて おたがいに協力しあって

進めて行こうと決め この日のカレーパーティでは 

2人でこの計画について みんなの前で発言いたしました。 

 

        [ ライブ・プロジェクト ]

これまでのように テレビなどで単発的に極たまに飢餓や

戦争・迫害などで 苦しむ子供たちや人々の生の様子を 

ほんの極わずか 一瞬のような映像を

流しても効果は少なく 苦しむ人々を商品のようにたとえる

のではないのですが テレビCMで何かの商品を売るときに 

単発で しかも時々 さらに商品の映像は生の本当の姿ではなく

表面的に ほんの一瞬だけしか映していないコマーシャルが

あったとしたら その商品は売れるでしょうか?


1年に数回 いつ見れるとも判らない ほんの一瞬しか商品を

映さないCMの商品を 街頭でチラシを配って(NGOのように)

    PRしても何人の人が買ってくれるでしょうか?

(大衆には飢餓が存在しているという認識しかない

 今この瞬間にも起きている現実としての認識は 

知らされず・見せられず・苦しんでいる彼ら自身・本人の

助けを求める声を聞いていないから 大衆は判らない

認識レベルがとても低くなっている わたしたちは 

飢餓の実態をイメージで思わせるだけで

       大衆に協力を求めている )
 


  このプロジェクトは 世界中の最前線で戦っている 

 各現地のNGOや医師・活動家達がビデオカメラで写した

  [現実に苦しみ死に行く子供たちの

  ありのままの現実の様子・母親の悲願の訴え]

などの ありのままを 彼ら自身に写してもらった 

動画映像をその場で パソコンとインターネットを利用して(無料で)

センターとなる基地(東京でもどこでもかまわない)に送ってもらい

センターから無料で その飢餓や戦争 迫害などで苦しむ子供たち

の現実のすがた・母親の悲願の訴え 様子などの生の動画映像を

    世界中にライブ(生放送)で流し それを見た人たちが 


    
      [どこかの遠い国ではそのような事があるらしい・・・]

     

      [かなり昔のことじゃないの?・・・今もかなぁー?・・・]


            等という認識・意識レベルから

       [現実に今!1・6秒に1度起きている現実として!]


自分の家の窓から見える近所で起きている出来事として思える

ようにパソコンという窓を通して 常に365日24時間 世界中の

現地のNGOや活動家達から送られてくる(生放送の)映像を 

     だれでも いつでも見れるようにするものです。

 
これらの映像のほとんどが ユニセフ大使・アグネス・チャンさんが

見てきたとおなじ とても悲惨で悲しいものかもしれませんが 

それは現実に 今!起きている事だと 見て理解してもらへ 

パソコンという窓を通して その場で支援・寄付なども好きなところ

へ出来 さらに その場でその活動家達とも連絡も取れて 

    行動(支援)出来るようにするものです。
 
また なぜ?飢餓が起きるのか等の原因も判ってくるはずです!

      (かれらの生の証言などにより)
                                      
私はいろいろな形で啓発のチラシなどを配り研究していくうちに


もし イラク戦争や津波災害のように テレビなどのメディアが 

アフリカやアジア他の地域での 飢餓で苦しむ子供たちや人々の

生のすがたや [訴え] を映し出したら 街で配るチラシを 

受け取ってくれる人も多く 次の段階の支援・啓発まで

   行動してくれる 人々が多くなると思っています。

          
           世界の飢餓は 

  [一夜にして終わらせられるほどの可能性がある] 

             のです!

これまでに 何百人という活動家の人々と会って知りましたが

飢餓の本当のすがたを見た人は 100人に1人もいません。

   

        本当に数える人だけです。

(そのなかの数少ない人たちの中でも 忘れてしまう人

自己の満足の領域=グラマーの中で解釈する人=1日の

うちに ほとんど彼らのことを忘れている・事務的な作業に

追われてしまう人・テレビで毎日の報道で映像が流されたならば

飢餓や戦争などに関心を持つ人々がとてつもなく多くなるのを

知っていながら ・ また 何もしなくなり忘れてしまう人)  

    その数えられる人が見た光景は 話されても


       私たちには 想像でしかわかりません

 
  写真やビデオを見ても時間がたつと忘れてしまいます

  活動をしている私たちでさへ 日常の生活の中では 

        忘れてしまい 何か 惰性というか

   ただの流れ的に 動こうとしていることが ほとんどです


         わたしは いつも 食事をする時に 


 もし 自分の部屋の窓の外で 飢餓に苦しむ子ども達がいたら 

    冷蔵庫や部屋の中から食べ物や薬・衣類など 

        すぐに渡せられるのに! と思います

          そして このような状況であれば 

       ほとんどの人が 同じ行動をすると思います
 


       もし 自分の部屋の窓から見えるように 

  世界中の苦しんでいる子供たちが パソコンという窓を通して

         世界中の人が見えるようになれば 


現在のNGOや活動家たちの これまでと同じ活動のやり方でも 

応援(支援)してくれる人達は とてつもなく多くなると考えます 


また このようなチャンネルを通して世界中のNGOや活動家たちが 

ひとつになれる場が出来る事により 世界はとても平和になると

思います。 

これは 最も最前線で戦う現地のNGO・活動家たちが

ビデオ・カメラで写した映像を その場でパソコンを通して

各家庭でも見れるようにするものです。

世界中から送られてくるライブ(生放送の)映像は 基地となる

ところに送られてから 世界中に送られます 

 このプロジェクト(基地となるところ)にかかる費用は機材だけで

        250万円位からでき、誰でも出来ます

             (だれでも出来ます)

 

   このプロジェクトに資金やアドバイスの協力をもとめます
 
 英語の出来る方に求めたい事は この計画をスピルバーグ監督 

ビル・ゲイツ氏・ボブ・ゲルドフ氏・ボノ氏 他の方々に

              伝えてほしいです!
  
        

     この計画を多くの方々に みなさんも伝えて下さい!
 


長い間 いろいろな形で啓発活動をしてきましたが 

今はこのプロジェクトは とても必要で重要だと思います


それは これまでの私たちや・NGO・活動家たちの声を

            強力にします

なによりも 現地の 現実に苦しみ 戦っている方々の 生の

[ 声を!]多くの人々に聞いて・見て・知ってもらうことによります

 

  このプロジェクトは まったく別の・新しい・機関・団体で

               行うものです

    

   それは世界中からリアルタイム(生放送)に送られてくる

  助けを求める生の動画映像は制限をかけたくはないからです! 

それにより現在ありますNGO・NPO・活動家・ホワイトバンド・

運動等の これまでと同じ イメージや活動のままでも 

          背景がはっきりと判りやすくなり

  おおくの 人たちの協力を得られるのではないかと思います 

    
  また 世界中の各現地から生放送で送られてくる最前線での

      医師や活動家方の


            「薬も何も 全く足りない!

       今 たった50円のワクチンがあれば今ここで

       息絶えようとしている子供達は助かるのに!

  この映像を見ている方!至急支援金を送金してください!」


    (そして クリック・募金で その場でワクチンを打たれて 

            助かる子供達の様子など)


などの生の訴えや求めるものに すぐに私達も参加でき対応出来


また 今にも命尽きてしまう子どもと母親の姿・助けを求める訴え


    「おねがいです!日本および裕福な国のみなさま!

      
       この子を助けてください! おねがいです!

   

     今すぐに薬を!食べ物を!あなた方の政府に訴えを

      
     起こしてください! この映像を見せてください!」


  などの 生放送の(ライブ)動画映像を世界中の人たちが

     本人の自由意志でリアルタイムに見れて

     政治家の方々や力のある方々に 私たちは

    
   

     「おねがいです!何とか助けて上げて下さい!」

 

 

「(映像)これが今!現実に起きていることだと信じられません!

   お願いです! 何とかしてください! ほっとけない!」


 

「昨夜私が見ただけでも 何十人もの子どもが母親の腕の中

などで 亡くなるのを見ました!

先生(政治家の方などに対して)助けてあげてください!

 
先生の今食べている高価な昼食代の半分の金額でも

何十人もの子どもの命が助けられるのですよ!

調べてみると政策や貿易の仕組みにも とても問題があります!

私たち裕福な国は彼らから とても大きく搾取して生活していて

明らかに 長く苦しみ毎日多くの死んでいく子供達の命の犠牲の

上で生活しているようなものじゃ ありませんか!

        助けてあげてください!

   先生も今! そのパソコンで 見てください!」


(逃げ場や言い訳を封じ込めてしまう なぜならば

ドネーション=クリッキング募金でその場で支援を受けられる

システムに反応した世界中の人々が映像を送り続けるから)

 
  等の 私たち1人1人のアドボカシー活動で求める発言力を

 強力にし とてつもなく多くの人々の協力が得られると思います

 
  そして G8首脳のみならず多くの政治・経済・宗教などの

 有力者方は 世界中から送られてくる 助けを求める映像が

  送られ流されている間は 見てみぬ振りは出来なくなり 

      うそや 言い逃れ などは出来なくなります

   

   地球から これらの助けを求める映像が無くなるまで

        わたしたちは声をあげましょう!

        この [ライブ・プロジェクト] は

せっぱつまった 9・11 のような行動よりも とても平和的に 

より効果的に多くの 地球人 [類] に呼びかけられるものです。

それにより 完全に地球が平和になるまで続く ライブ・映像は

すべての国の政治家や有力者の方々が嘘や言い逃れが

      出来ない証拠として機能し続けるでしょう


     民衆の声は増大し・協力になると思います

    

    下の写真の悲しみ等を 私たちは明日以降も

       持ち続けられていますでしょうか?

Epsn0001
Epsn0010
Epsn0020
Epsn0030
Epsn0040
Epsn0050
Epsn0060
Epsn0070
Epsn0080
Epsn0090
Epsn0091
Epsn0100
Epsn0110
Epsn0120
Epsn0130
Epsn0140
Epsn0150
Epsn0170
Epsn0180
Epsn0190
Epsn0190_1
Epsn0200
Epsn0210
Vfsh0010


http://www.worldvision.or.kr/event/content.asp?ac_tablename=event_page&An_num=3&PageNo=0&StartPage=&id=&ref=&re_step=&re_level=

http://www.sio-site.or.jp/event/060427.htm


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005年12月 4日 (日)

12・4(日曜)

きょうは 埼玉アリーナ・フェスで 昨日合わせて

2,500枚以上 ビラを手渡しできました。

明日からも 仕事が終わり次第 配れるだけ

12・10まで 配ります!  

12・10(土曜)当日は 朝10時から リリア 2階

ボランティアセンターで 準備をして 11時から始めます。


*1時間おきに フィルムをパソコンから流す係りと

*デジカメで ホワイトバンド・ギャラリィを撮影する係り

*外での 宣伝係り

を募集しています。 お手すきの時間でも構いません。

今週 木曜日までに 石井まで ご連絡くださいませ。

携帯 090-9853-3063 

携帯メール muturou@t.vodafone.ne.jp

まで お友達お誘いの上でも 参加下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005年12月 3日 (土)

12・3(土曜)

父の死から 急遽 バイク便の仕事に戻り

朝6時から夜8~9時頃までバイクで走り

母の介護もしながら 12・10の川口リリア

2階での ホワイトバンドデー3 の準備を

していました。

声も出なくなるほどになり1日が終わって

いましたので 状況報告などが最近出来ず

すみませんでした。

でも でも でも! きょう 埼玉アリーナ・フェス

で がんばっているうちに 元気になっちゃいました!

05-11-25_21-11
05-11-25_21-12
05-11-29_15-07
05-12-03_14-08
05-12-03_14-09
051203_141001
051203_141200
05-12-03_14-12
05-12-03_14-13
051203_141300
051203_161200
05-12-03_17-10
 

                                                             
          あしたも この調子で がんばるぞー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »