« 2006年1月29日 | トップページ | 2006年3月12日 »

2006年2月16日 (木)

音楽で 世界・地球を救いたい方々へ&HFW職員日記

http://www.hwt-j.net/hottokeva.htm

The personnel diary of HFW was seen! (I will also support the half of 1 time lunch cost in one month!) Thereby For example With the vaccine which is 50 yen One child's life can save many persons! Men of the rich countries, us Even it so that it cannot do Is it painful?

HFWの職員日記を見ました! 

  (1ヶ月に1度 昼食代の半分でも支援しよう! 

 それにより たとえばですが 50円のワクチンで

   1人の子どもの命が何人も救えます!

わたしたち裕福な国の人たちは それすらも できないほど

苦しいのでしょうか?)
 
http://www.hungerfree.net/050803.html

http://plaza.rakuten.co.jp/hunger/#diary

It is about a house rent or cost. It saves. It is turning to support. The situation photograph of hanger free world office I will aid! I will support! HFW !


家賃や経費を限りなく 節約して 支援に回しています

  ハンガーフリーワールド・オフィスの様子写真

     応援しよう!支援しよう! HFW ! 

http://141.txt-nifty.com/141/2005/08/post_9075.html


 Even if it is in the room by one person, it can do. It is a powerful service of NO1 in the world. Conduction meditation


 HFW などの各NGOに毎月1度 1昼食代か

     1夜食代の半分でも 支援してほしいです! 

     それでも たとえば50円のワクチンなら 

    何人もの子ども達の命を救うことが出来ます

それすら出来ず 奉仕のための 伝導瞑想とは言えないのでは?


 JC=イエス覚者(マスター)が2000年前に 「・・あの老婆は 

 すべてを投げ入れた(お賽銭に)・・・金持ちが 天に入るのは

 ラクダが 針の穴を通るよりも 難しい・・・」 と聖書の中にも

         書かれてあります。

  お願いです 1ヶ月に1度でも 1食分の半分でも

         支援してみてください!

  また HFW 他のNGOも 毎月低額の タイプのものを

考えてほしいです(低額タイプは報告書なしパソコン閲覧などで)

  わたしたちは 送られてくる お金のかかる報告書が

      ほしいのでは ないのですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月29日 | トップページ | 2006年3月12日 »