« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

Pink Floyd

Pink Floyd The Wall


http://youtube.com/watch?v=tkJNyQfAprY


http://youtube.com/watch?v=XonZ7lsqIs4&mode=related&search=


Pink Floyd-Live 8

http://youtube.com/watch?v=t0VKIuJeHaE&mode=related&search=

http://youtube.com/watch?v=aRk7u1m4JzE&mode=related&search=

http://www.youtube.com/watch?v=LeRJyPwmJ0M&mode=related&search=


http://www.youtube.com/watch?v=oPRFD2dD6S4&mode=related&search=


http://www.youtube.com/results?search_type=related&search_query=floyd%20pink%20wizard

http://141.txt-nifty.com/141/2005/12/post_00ce.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年9月29日 (金)

ほっとけない 世界のまずしさ

「h1.BMP」をダウンロード


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

心霊研究誌 10月号 PR (貧困が原因で世界の1・6秒に1人の子供達の死について霊的な観点から考えるため)

心霊誌は かってに載せるとおこられるかも

しれないので PRの意味で目次と最初の方だけ。

  おこられませんように・・・・・ニコニコ・・・・

「k06100.BMP」をダウンロード

「k06101.BMP」をダウンロード

「k06102.BMP」をダウンロード

「k06103.BMP」をダウンロード

「k06104.BMP」をダウンロード

「k06105.BMP」をダウンロード

「k06106.BMP」をダウンロード

「k06107.BMP」をダウンロード

「k06108.BMP」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年9月27日 (水)

ホワイトバンド活動

母の介護の合間にハンガーフリーワールドで

こんどの世界同時多発[スタンダップ]のビラを

http://www.hottokenai.jp/stand_up/index.html

印刷させていただきました。 ありがとうございました!

  みんなで宣伝=啓発行動をお願いいたします!

V6010082
V6010083
V6010084
V6010085
V6010086
V6010087
V6010088
V6010089
V6010090
V6010091
V6010092
V6010099
V6010101
V6010102
V6010103
V6010104
V6010105
V6010107
V6010108
V6010109
V6010110
V6010111
V6010112
V6010113

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

ホワイトバンド活動

きょうは 午前と午後の母の介護の合間に

ハンガーフリーワールドで印刷機をお借りして

こんどの世界同時多発[スタンダップ]のビラを

印刷させていただきました。  ニコニコ

みなさんも参加&宣伝(啓発)してください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年9月23日 (土)

英語の出来る方協力してください!

(下の[ライブ・プロジェクト]を英語で伝えたいのです!

返事がジョンさんから来ましたが それも判りません )

Dear Ishii Muthurou,

Many thanks on Kumi Naidoo's behalf for this. Kumi is currently travelling but sends his best regards.

Unfortunately, we do not have resources for translating information from the Japanese language. Would you be able to arrange translation on that end and send again?

Best regards,

John

John Treat
Senior Advisor to the Secretary General

Acting Manager, Secretary General's Office

CIVICUS: World Alliance for Citizen Participation

Street: 24 Gwigwi Mrwebi Street, Newtown, 2001

Post: P.O. Box 933, Southdale, 2135

Johannesburg, South Africa

Tel: +27 11 833-5959

Fax: +27 11 833-7997

e-Mail: john@civicus.org

Skype: johntreat

www.civicus.org

Save these dates for the CIVICUS World Assembly:

23-27 May 2007, Glasgow, Scotland

www.civicusassembly.org

-----Original Message-----
From: muturou [mailto:nqi48953@nifty.com]
Sent: Wednesday, September 20, 2006 12:34 AM
To: kumi@civicus.org
Subject: White band (G-CAP) Seminar of Japan [hottokenai] my name is ishii


Mr.Kumi Thank you

I do not understand English.

Please make the following ideas into English and read them.

Language of Japan Those who understand

Thank you for your consideration

my name is ishii muthurou

(私の日記から)
ホワイトバンド運動のセミナーでG-CAPの

クミさんのお話を聞きながら19:30まで勉強会。

White band (G-CAP) seminar Japan

http://www.hottokenai.jp/info/public_event_2006/index_02.html

今日は1日中母のそばに着いててあげました。

クミさんとの名刺交換の時に少しだけライブ・プロジェクト

のことを伝えましたが 言葉の問題もあり 完全ではなく

    帰ってから 今日のさっきまで

 「これでいいのかなぁ

やはり 何とかしてでも どのような形であれ ちゃんと

伝えておけば 出きれば文章にして渡すことが出きれば

後からでも クミさんが ボノさんや誰かに伝えてくれ

実現するかもしれない!」  

と思い 今度のほっとけナイトの申し込みに

以下のメッセージをつけて送りました。


  「クミさんへのメッセージで以下を

送りました。できれば やすだまさん

ふじかわさん 他の方々も応援してください

クミさんが この計画をボノさんや他の方々に

話して 実現されるようにです。

よろしくお願いいたします。

     ニコニコ


  (クミさんに聞いてみたいことはありますか?)

飢餓・貧困で子供達や人々が死んでしまうような状況を
ご覧になられたことは何度くらいありますか? 

もしとても多く日常的であれば その光景をホーム・ビデオで写して
パソコンで日本に送ってくれますか?

そしてその送られてきた映像をインターネットで世界中の各家庭でも
カンタンに見ることが出来るようにしてもいいですか? 

できれば世界中のG-CAPや最前線で戦う方々や現実に苦しむ人々が 
コントロールされているメディアに頼らずに ホームビデオ・カメラと
パソコンで世界中にライブ(生放送)で現実に苦しむ今にも命尽きて
しまう子どもと母親 その周りの人たちの生の証言・訴え等の光景や
状況・助けを求める声や訴えを365日24時間常に世界中に生放送で
各家庭で しかも無料で放送が見れるようになると   そして 

そのようなチャンネルがテレビのチャンネルよりも増え続け多くなると

テレビ局も動き出すと思います。

もしも 飢餓貧困・戦争や迫害などの生々しいライブ映像が

テレビのどのチャンネルを回しても 生放送で流されていたら

民衆の動きはとても大きくなると 思いませんか?

パソコンからライブで流される世界中の生々しい真実の映像が

増え続け 多くの民衆や G8の首脳・他の政治・経済・宗教の

有力者方は見てみぬ振りは出来なくなり 私たちの1人1人の

アドボカシーでの声・訴えの強力でしかも平和的な武器として

ライブ映像は 問題が世界からなくなるまで機能し続けると
思いませんか? (ペンは剣より強し の武器として)

私達裕福な国々の人たちは本当に1部ごく少数の活動している
私達や人々しか飢餓貧困などの問題に関心をもっていませんが                              このライブ・プロジェクトで 24時間 365日 毎日 世界中の
貧困地域の仲間から送られてくる ライブ映像を見た人たちが 
NGOや私たちの活動にも興味をしめしてくれ 参加してくださり 
見てみぬ振りが出来なくなった(生放送で送られ続ける映像で)
政治家の方々などの有力者達に 声を上げてくれると思います。 

わたしが 貧困地域の父親なら 日本人に協力を求めます!

 夜寝てからも朝起きてからも常に彼らと同じ立場・苦しみの中で 
何とかしようとあきらめないでがんばっています。 

   できれば計画を世界中に広めてください。

    そして 1秒でも早く 終わらせましょう!

    石井 睦郎より 同士のクミさんへ 

http://141.txt-nifty.com/141/2005/12/post_00ce.html


事務局の皆様お疲れ様です どうか!おねがいいたします!
上の内容をクミさんに出きれば英文の紙にして渡してほしいです!
 お願いいたします! 鈴木さん 元気ですか?
      よろしくお願いいたします!

    (クミさんに 知らせたい 映像プロジェクト)

とても重要で必要なプロジェクト

5月21日(土)毎月行われている、NGO [ハンガーフリーワールド] のバングラディッシュ支援のチャリティ・カレーパーティ(誰でも参加自由)で,秩父から会社を休んでまで参加して下さいましたG・Sさんも、世界の飢餓で苦しむ子供たちや人々の生の様子をライブ(生放送)で24時間365日、インターネットとビデオカメラを使って、世界中の各現地の(最前線の)NGOや活動家達と協力して、動画映像素材を集め、それを世界中に、ライブ(生放送)で動画映像を流し [常に今!起こっている現実として!] 多くの人々に見て知ってもらい、協力してもらうための、私と同じ[ライブ・プロジェクト]を考えていて、おたがいに協力しあって進めて行こうと決め、この日のカレーパーティでは、2人でこの計画について、みんなの前で発言いたしました。 

 

これまでのように、テレビなどで単発的に極たまに飢餓や戦争・迫害などで苦しむ子供たちや人々の生の様子を、ほんの極わずか、一瞬のような映像を流しても効果は少なく、苦しむ人々を商品のようにたとえるのではないのですが、テレビCMで何かの商品を売るときに、単発で、しかも時々、さらに商品の映像は、生の本当の姿ではなく、表面的に、ほんの一瞬だけしか映していないコマーシャルがあったとしたら、その商品は売れるでしょうか? 
 

 1年に数回、いつ見れるとも判らない、ほんの一瞬しか商品を映さないCMの商品を、街頭でチラシを配って(NGOのように)PRしても何人の人が買ってくれるでしょうか?

(大衆には飢餓が存在しているという認識しかない。 今この瞬間にも起きている現実としての認識は 知らされず・見せられず・苦しんでいる彼ら自身・本人の助けを求める声を聞いていないから 大衆は判らない・認識レベルがとても低くなっている・ わたしたちは、飢餓の実態をイメージで思わせるだけで、大衆に協力を求めている。)
 
      このプロジェクトは、世界中の最前線で戦っている

    各現地のNGOや医師・活動家達がビデオカメラで写した

 

     [現実に苦しみ死に行く子供たちの

  ありのままの現実の様子・母親の悲願の訴え]

などの ありのままを 彼ら自身に写してもらった動画映像をその場で パソコンとインターネットを利用して(無料で)、センターとなる基地(東京でもどこでもかまわない)に送ってもらい、 センターから無料で、その飢餓や戦争、迫害などで苦しむ子供たちの現実のすがた・母親の悲願の訴え 様子などの 生の動画映像を世界中にライブ(生放送)で流し それを見た人たちが 


      [どこかの遠い国ではそのような事があるらしい・・・]

      [かなり昔のことじゃないの?・・・今もかなぁー?・・・]


            等という認識・意識レベルから

       [現実に今!1・6秒に1度起きている現実として!]

自分の家の窓から見える近所で起きている出来事として思えるように、パソコンという窓を通して、常に365日24時間、世界中の現地のNGOや活動家達から送られてくる(生放送の)映像を、だれでも、いつでも見れるようにするものです。

 
これらの映像のほとんどが、ユニセフ大使・アグネス・チャンさんが見てきたとおなじ、とても悲惨で悲しいものかもしれませんが、それは現実に、今!起きている事だと、見て理解してもらへ、パソコンという窓を通して、その場で支援・寄付なども好きなところへ出来、さらに、その場でその活動家達とも連絡も取れて、行動(支援)出来るようにするものです。
 
また、なぜ?飢餓が起きるのか等の原因も判ってくるはずです。

      (かれらの生の証言などにより)
                                      
私はいろいろな形で啓発のチラシなどを配り研究していくうちに、
もし、イラク戦争や津波災害のように、テレビなどのメディアが、アフリカやアジア他の地域での、飢餓で苦しむ子供たちや人々の生のすがたや [訴え] を映し出したら、街で配るチラシを、受け取ってくれる人も多く、次の段階の支援・啓発まで行動してくれる人々が多くなると思っています。

世界の飢餓は [一夜にして終わらせられるほどの可能性がある]のです。

これまでに、何百人という活動家の人々と会って知りましたが、飢餓の本当のすがたを見た人は100人に1人もいません。

   本当に数える人だけです。(そのなかの数少ない人たちの中でも、忘れてしまう人・自己の満足の領域の中で解釈する人・何もしなくなる人もいるはずです。)  

その数えられる人が見た光景は 話されても 私たちには想像でしかわかりません。 

 
写真やビデオを見ても時間がたつと忘れてしまいます。

活動をしている私たちでさえ、日常の生活の中では 忘れてしまい 何か 惰性というか

ただの流れ的に 動こうとしていることが ほとんどです。

わたしは いつも 食事をする時に もし 自分の部屋の窓の外で 飢餓に苦しむ子ども達がいたら 冷蔵庫や部屋の中から食べ物や薬・衣類など すぐに渡せられるのに! と思います。

そして このような状況であれば ほとんどの人が 同じ行動をすると思います。
 

もし、自分の部屋の窓から見えるように、世界中の苦しんでいる子供たちが、パソコンという窓を通して世界中の人が見えるようになれば、現在のNGOや活動家たちの、これまでと同じ活動のやり方でも、応援(支援)してくれる人達は、とてつもなく多くなると考えます。

また、このようなチャンネルを通して、世界中のNGOや活動家たちが、ひとつになれる場が出来る事により、世界はとても平和になると思います。

これは、最も最前線で戦う現地のNGO・活動家たちがビデオ・カメラで写した映像を、その場でパソコンを通して各家庭でも見れるようにするものです。

世界中から送られてくるライブ(生放送の)映像は、基地となる
ところに送られてから、世界中に送られます。

 このプロジェクト(基地となるところ)にかかる費用は機材だけで250万円位からでき、誰でも出来ます。

 このプロジェクトに資金やアドバイスの協力をもとめます。
 
 英語の出来る方に求めたい事は、この計画をスピルバーグ監督、ビル・ゲイツ氏、ボブ・ゲルドフ氏,ボノ氏他の方々に伝えてほしいです。
  
        この計画を多くの方々に、みなさんも伝えて下さい。
 
長い間、いろいろな形で啓発活動をしてきましたが、今はこのプロジェクトは、とても必要で重要だと思います。それは これまでの私たちや・NGO・活動家たちの声を強力にします。

なによりも 現地の 現実に苦しみ 戦っている方々の 生の[ 声を!] 多くの人々に聞いて・見て・知ってもらうことによります。

 このプロジェクトは まったく別の・新しい・機関・団体で行うものです。

    それは世界中からリアルタイム(生放送)に送られてくる

  助けを求める生の動画映像は制限をかけたくはないからです。 

それにより現在ありますNGO・NPO・活動家・ホワイトバンド・運動等の

  同じイメージや活動のままでも 背景がはっきりと判りやすくなり

   おおくの 人たちの協力を得られるのではないかと思います。 

    
  また 世界中の各現地から生放送で送られてくる最前線での

      医師や活動家方の 「薬も何も 全く足りない!

       今 たった50円のワクチンがあれば今ここで

       息絶えようとしている子供達は助かるのに!

みなさま!このパソコンをとうして至急支援金を送金してください!」


(そして その場でワクチンを打たれて 助かる子供達の様子など)


などの生の訴えや求めるものに すぐに私達も参加でき対応出来


 また 今にも命尽きてしまう子どもと母親の姿・助けを求める訴え


    「おねがいです!日本および裕福な国のみなさま!

      この子を助けてください! おねがいです!

    今すぐに薬を!食べ物を!あなた方の政府に訴えを

      起こしてください! この映像を見せてください!」


  などの 生放送の(ライブ)動画映像を世界中の人たちが

     本人の自由意志でリアルタイムに見れて

     政治家の方々や力のある方々に 私たちは

    
    「おねがいです!何とか助けて上げて下さい!」

 

 「(映像)これが今!現実に起きていることだと信じられません!

    お願いです! 何とかしてください! ほっとけない!」


 
「昨夜私が見ただけでも 何十人もの子どもが母親の腕の中

などで 亡くなるのを見ました!先生(政治家の方などに対して)

助けてあげてください! 先生の今食べている高価な昼食代の

半分の金額でも何十人もの子どもの命が助けられるのですよ!

調べてみると政策や貿易の仕組みにも とても問題があります!

私たち裕福な国は彼らから とても大きく搾取して生活していて

明らかに 長く苦しみ毎日多くの死んでいく子供達の命の犠牲の

上で生活しているようなものじゃ ありませんか!助けてください!」

 
 等などの 私たち1人1人のアドボカシー活動で求める発言力を

 強力にし とてつもなく多くの人々の協力が得られると思います。

 
  そして G8首脳のみならず多くの政治・経済・宗教などの

 有力者方は 世界中から送られてくる 助けを求める映像が

  送られ流されている間は 見てみぬ振りは出来なくなり 

      うそや 言い逃れ などは出来なくなります。

   地球から これらの助けを求める映像が無くなるまで

        わたしたちは声をあげましょう!

        この [ライブ・プロジェクト] は

せっぱつまった 9・11 のような行動よりも とても平和的に 

より効果的に多くの 地球人 [類] に呼びかけられるものです。

それにより 完全に地球が平和になるまで続く ライブ・映像は

すべての国の政治家や有力者の方々が嘘や言い逃れが出来ない

        証拠として機能し続けるでしょう。


     民衆の声は増大し・協力になると思います。

    

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2006年9月20日 (水)

キャーッ!

  http://www.youtube.com/profile?user=pinkfloydfan111

V6010057_1
V6010056_1
V6010055_1
V6010054_2
V6010046_1
V6010045_2
V6010053_2
V6010052_2
V6010047_2
V6010048_1
V6010049_2
V6010041_3
V6010042_3
V6010021_7
V6010019_7
V6010023_5
V6010024_7
V6010026_6
V6010027_3
V6010025_6
V6010028_5
V6010029_5
V6010031_6
V6010034_4
V6010033_5
V6010038_2
V6010032_5
V6010034_5
V6010024_8
V6010039_3
V6010040_2
V6010037_2
V6010054_3
V6010052_3
V6010053_3
V6010049_3
V6010048_2
V6010047_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年9月18日 (月)

天使のともしび

     [ 天使のともしび ]

「t1.BMP」をダウンロード

「t2.BMP」をダウンロード

「t7.BMP」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年9月17日 (日)

心やさしきライダー募金

It was a mother's house unenthusiastically yesterday(Sat.). starvation poverty - War from the earth early for at least 1 second today(Sun.). He wants to make など finished. Conduction meditation of the claim He is the spirit student of a Japanese spirit science association individually. At the method of you, and a moral unification meeting (meditation) It carried out. After a meditation end Inside of me by today's woods teacher 霊査 from the higher order one (message) a rate with large [object -- the heart -- delicate -- with a crack -- being easy -- coming out -- peevish things generous -- seeing -- the heart -- a crack -- the price --] which is that there is nothing http://www.sharejapan.org/tm/tm1.htm http://www.shinrei.or.jp/touitukai.htm It is a usual practice every month in the afternoon. Anyone can participate freely. HFW eating children's life -- many persons -- it can save - it can protect The Bangladesh dish charity curry party was attended. and -- [Tender-hearted rider fund-raising] It contributed. http://www.hungerfree.net/event.html#curry After [ the ] It goes back [ a mother's home ]. Stewed beef was made. Tomorrow In a mother's house It passes hearing a mother's talk.


昨日(土)は母の家ですごしました。

今日(日)は1秒でも早く地球から飢餓貧困・戦争

などを終わらせたくて 0000さんの00瞑想を

個人的に(財)日本心霊科学協会の心霊学徒の

みなさま方と精神統一会(瞑想)で 行いました。

 瞑想終了後 今日の森先生による私の中の

   高次の方からの霊査(メッセージ)は


[体が大きい割には心が繊細でキズつきやすいですね

 物事を おおらかに見て 心にキズつけない事です]

  
http://www.sharejapan.org/tm/tm1.htm

http://www.shinrei.or.jp/touitukai.htm


午後は毎月恒例の 誰でも自由に参加出来る HFWの

食べることで 子供達の命を何人も救え・守ることが出来る 

バングラディッシュ・チャリティ・カレーパーティに行きました。

 そして [心やさしきライダー募金] を寄付しました。

http://www.hungerfree.net/event.html#curry

そのあと 母の家に戻り ビーフ・シチューを作りました。

明日は 母の家で 母の話を聞きながら過ごします。

V6010005_3
V6010003_1
V6010004_3
V6010006_6
V6010007_5
V6010008_6
V6010009_5
V6010010_5
V6010011_6
V6010014_7
V6010015_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年9月16日 (土)

DAP

060916_190000
060916_190001
060916_190002
060916_1901
060916_190100
060916_190101
060916_1902
060916_183900_1
060916_1843
060916_184300
060916_184301
060916_1844
060916_184401
060916_184400
060916_184403
060916_1845
060916_1832
060916_1834
060916_1835
060916_183500
060916_1836
060916_183600
060916_183900
060916_183901
060916_183902
060916_1859
060916_1900
060916_190000_1
060916_190001_1
060916_1849
060916_1848
060916_184800
060916_1903
060916_190301
060916_1904
060916_190400
060916_190401
060916_190402
060916_1905
060916_1906
060916_190600
060916_190601
060916_1907
060916_190700
060916_190701
060916_1908
060916_1909
060916_190900
060916_190901
060916_191000
060916_191001
060916_1846
060916_184600
060916_1847
060916_184700
060916_184701
060916_191800
060916_191801
060916_1919
060916_191900
060916_191902
060916_191901
060916_191903
060916_1920
060916_192000
060916_192001
060916_192002
060916_1921
060916_192100
060916_192101
060916_192102
060916_183800
060618_1308
060916_2034
060916_203400
060916_2036
060916_203600_1

060916_203601
060916_2037
060916_2038_1

060916_203800_1

060916_2039_1

060916_203900
060916_2040
060916_204000_1

060916_204001
060916_2041_1

060916_204100_1

060916_204101_1

060916_2042
060916_2044_1

060916_204400
060916_204402
060916_2047
060916_204700
060916_204701
060916_2048
060916_204800
060916_204801
060916_2049
060916_204900
060916_204901
060916_204902
060916_2050_1

060916_205000_1

060916_205001
060916_2051
Vfsh0010_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

00最大のニュースの1部です!

「s1.BMP」をダウンロード

「40.BMP」をダウンロード

「s3.BMP」をダウンロード

「s4.BMP」をダウンロード

「s01.BMP」をダウンロード

「s02.BMP」をダウンロード

「s03.BMP」をダウンロード

「s04.BMP」をダウンロード


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年9月10日 (日)

9・10(日) きょうの霊査

Reach near a mother from a morning to night on Saturday yesterday. It raised. Night Distribution activities at a bus stop. Today Service activities of the earth scale by the network of light It is at the moral unification meeting of a spirit science association individually about conduction meditation. 10:30?12:05 up to -- it carried out. 霊査 after an end [-- the place where good efforts are seen and which meets without being conspicuous Please try hard.] It came out and carried out. Today Since an association is the second Sunday and it is a free spirit medical treatment day Since preparation is helped It goes to Saginomiya. After that A mother's house Villa of education concerning starvation in its own house the middle etc. Since it works In a mother's house The midnight snack was eaten.


http://www.live8live.com/videos/jp/index.shtml

 昨日土曜は朝から夜まで母のそばに着いてて

   あげました。 夜 バス停での配布活動。


きょうは 光のネットワークによる地球規模の奉仕活動の

00瞑想を個人的に(財)心霊科学協会の精神統一会で

10:30~12:05 まで行いました。 終了後の霊査は

 [良い努力が見られます 目立つことなく出会う場での

     努力をしていってください。] でした。

今日 協会は第二日曜なので無料の心霊治療日なので

  準備のお手伝いをしてから 鷺ノ宮へ行き その後

母の家 途中自分の家で飢餓に関する啓発のビラなどの

  作業をしてから 母の家で 夜食を食べました。

http://www.sharejapan.org/tm/tm1.htm

http://www.shinrei.or.jp/touitukai.htm

V6010047_1
V6010046
V6010049_1
V6010050_1
V6010042_2
V6010043_2
V6010045_1
V6010051
V6010064
V6010066
V6010068
V6010071
V6010069
V6010065
V6010052_1
V6010053_1
V6010054_1
V6010055
V6010056
V6010057
V6010062_1
V6010059_1
V6010063
V6010001_3
V6010002_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年9月 4日 (月)

White band (G-CAP) seminar Japan

It is during the morning on Saturday. A mother's house afternoon Fuchu -- Bangladesh and a hemp -- enterprise - Talk of a fair trade With Mr. Shimizu Sunday A morning mother's house From 10:00 It is the seminar of white band movement and is G-CAP. It is a study meeting to 19:30, hearing Kumi's talk. White band (G-CAP) seminar Japan http://www.hottokenai.jp/info/public_event_2006/index_02.html It had reached near the mother in the 1st today. live - Project only a few at the time of card exchange with Kumi. Although のこと was told There is also a problem of language. Not perfect Since it returns Today is until a while ago. "Is it good now? too -- Even carry out somehow. what kind of form -- be -- My If it tells If it has come out to pass by making it a text if it has come out Even from after Kumi It tells Mr. BONO and someone. It may realize! " I consider. It can let next time alone and is the application of a night. The following messages were attached and sent. "It is the following at the message to Kumi. It sent. if it can do it is す -- Mr. ま Mr. ふ direct わ others -- people also need to aid Kumi They are Mr. BONO and other people about this plan. It talks. It realizes. Thank you for your consideration. Smile (In some cases, I want whether to ask Kumi) Any what times [ about ] thing for which he looked at the situation that children and people died from starvation and poverty is there? If everyday very mostly Would you copy the spectacle by home video and send to Japan with a personal computer? And may I enable it to see the sent image to Quan Tan by the Internet also at each home in the world? people which will be fought by G-CAP and the front line in the world if it can do, and people who are actually in pain に for which it does not depend on the media controlled it is actually troubled live (live broadcast) all over the world with a home video camera and a personal computer -- at any moment -- 命尽きて striped う子ども and mother It is always at each home by live broadcast all over the world for 365-day 24 hours about the voice and petition which ask for people's raw spectacles, and the situation and help around it, such as testimony and a petition. So that broadcast can moreover be watched for free If it becomes As for a blind eye, the method of an influential person of the head of G8, or other politics, economy and religion becomes impossible. It is a live image as arms of the voice and petition in every our advocacy powerful and peaceful moreover. Don't you think that it continues functioning until a problem disappears from the world? Although, as for the men of the rich countries, us, only we and people of 1 部ごく small number to whom it is working are truly interested It is 24 hours by this live project. 365 days Every day The persons who looked at the live image sent by the friend of the poverty area in the world For influential persons, such as politicians to whom also showed our activity to interest and a blind eye became impossible I think that voice is raised. I It is if it is the father of a poverty area. Japanese people are asked for cooperation! Also since it sleeps night, also after getting up in the morning, it is in always same the position and the pain as them. It is doing its best without giving up to carry out somehow. If it can do, please spread a plan all over the world. and -- at least 1 second -- early Let's make it finish. Ishii Mutsuro To Mr. Kumi of comrades http://141.txt-nifty.com/141/2005/12/post_00ce.html you of a secretariat -- tired with labor How is it? Thank you for your consideration! If it has come out of the upper contents to Kumi, I will want you to make it English paper and to pass. Thank you for your consideration! Mr. Suzuki Are you fine? Thank you for your consideration!

http://www.live8live.com/videos/jp/index.shtml

土曜日は午前中 母の家 

午後 府中でバングラ・ヘンプ事業・

フェアトレードのお話を 清水さんと。


日曜日は 朝母の家 10:00から

ホワイトバンド運動のセミナーでG-CAPの

クミさんのお話を聞きながら19:30まで勉強会。

White band (G-CAP) seminar Japan

http://www.hottokenai.jp/info/public_event_2006/index_02.html

今日は1日中母のそばに着いててあげました。

クミさんとの名刺交換の時に少しだけライブ・プロジェクト

のことを伝えましたが 言葉の問題もあり 完全ではなく

    帰ってから 今日のさっきまで

 「これでいいのかなぁ

やはり 何とかしてでも どのような形であれ ちゃんと

伝えておけば 出きれば文章にして渡すことが出きれば

後からでも クミさんが ボノさんや誰かに伝えてくれ

実現するかもしれない!」  

と思い 今度のほっとけナイトの申し込みに

以下のメッセージをつけて送りました。


  「クミさんへのメッセージで以下を

送りました。できれば やすだまさん

ふじかわさん 他の方々も応援してください

クミさんが この計画をボノさんや他の方々に

話して 実現されるようにです。

よろしくお願いいたします。

     ニコニコ


  (クミさんに聞いてみたいことはありますか?)

飢餓・貧困で子供達や人々が死んでしまうような状況を
ご覧になられたことは何度くらいありますか? 

もしとても多く日常的であれば その光景をホーム・ビデオで写して
パソコンで日本に送ってくれますか?

そしてその送られてきた映像をインターネットで世界中の各家庭でも
カンタンに見ることが出来るようにしてもいいですか? 

できれば世界中のG-CAPや最前線で戦う方々や現実に苦しむ人々が 
コントロールされているメディアに頼らずに ホームビデオ・カメラと
パソコンで世界中にライブ(生放送)で現実に苦しむ今にも命尽きて
しまう子どもと母親 その周りの人たちの生の証言・訴え等の光景や
状況・助けを求める声や訴えを365日24時間常に世界中に生放送で
各家庭で しかも無料で放送が見れるようになると G8の首脳や他の
政治・経済・宗教の有力者方は見てみぬ振りは出来なくなり 
私たちの1人1人のアドボカシーでの声・訴えの強力でしかも平和的な
武器としてライブ映像は 問題が世界からなくなるまで機能し続けると
思いませんか? 

私達裕福な国々の人たちは本当に1部ごく少数の活動している私達
や人々しか関心をもっていませんが このライブ・プロジェクトで
24時間 365日 毎日 世界中の貧困地域の仲間から送られてくる
ライブ映像を見た人たちが 私たちの活動にも興味をしめしてくれ
見てみぬ振りが出来なくなった政治家の方々などの有力者達に 
       声を上げてくれると思います。 

わたしが 貧困地域の父親なら 日本人に協力を求めます!

 夜寝てからも朝起きてからも常に彼らと同じ立場・苦しみの中で 
何とかしようとあきらめないでがんばっています。 

   できれば計画を世界中に広めてください。

    そして 1秒でも早く 終わらせましょう!

    石井 睦郎より 同士のクミさんへ 

http://141.txt-nifty.com/141/2005/12/post_00ce.html


事務局の皆様お疲れ様です どうか!おねがいいたします!
上の内容をクミさんに出きれば英文の紙にして渡してほしいです!
 お願いいたします! 鈴木さん 元気ですか?
      よろしくお願いいたします!


V6010037_1
V6010041_2
V6010010_4
V6010011_5
V6010012_5
V6010013_1
V6010018_5
V6010015_5
V6010019_6
V6010020_4
V6010021_6
V6010014_6
V6010022_4
V6010023_4
V6010024_6
V6010026_5
V6010028_4
V6010030_5
V6010031_5
V6010032_4
V6010033_4
V6010034_3
V6010029_4
V6010035_3
V6010036_2
V6010039_2
V6010040_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »