« 2006年12月13日 | トップページ | 2006年12月29日 »

2006年12月17日 (日)

00瞑想&最近来た ニュース&HFWカレーパーティ 

母の [世界の子供たちへの募金] と不要なハガキ&切手と

こころやさしきバイクライダー募金を持って 毎週行っています

世界の飢餓・戦争・迫害などを 1秒でも早く終わらせるための

スターピープル&ワンダラーの0000さんの00瞑想を

(財)日本心霊科学協会で個人的に行った後に神楽坂の

ハンガーフリーワールドの毎月行われていますチャリティーの

バングラ・カレーパーティへ もって行きました

最近来たニュースの写真も載せておきます

         各アドレス

http://141.txt-nifty.com/141/2006/11/post_07e3.html

   2000年前弟子にたいして JCは 

 「 あの老婆を見よ 賽銭箱に入れたのは

 彼女の持っている すべてを 投げ入れたのだ 

・・・・  言っておく 金持ちが天の国へ入るのは

  ラクダが 針の穴を通るよりも難しい・・・」


 執着・・・ 特にお金に執着するため わたしたちは

おなじ 魂の界から転生してきた 同胞である餓死する

世界の兄弟達を あっさりと殺さずに とても長く苦しめて

1・6秒に1人 死んでゆくだけの子供たちの犠牲の上で

成り立つ経済や仕組みの上で 生活していて それでも

満たされず不満や不安をかかえて生きる世界が明らかに

おかしいとも思えなくされて 生活させられているようです!

今日の心霊科学協会での講話は精神科医の恩田先生で

1965年に起きた インドでの輪廻転生の科学的検証の事で

ゴーバール・グプタというカースト制最下位の二歳の子どもが

前世の記憶を話し出し カースト最上位の製薬会社の社長

    だったと 話し始めた内容のことでした


わたしは すぐに インスピレーションで このように本という形で

出版され 世に示されたことは たかだか80数年の人の人生が

すべてではなく 試されているような また スタディーのような

魂は永遠であり 誰しもが心臓の反対側に位置するソフトボール

くらいの魂が 約3段階の計画も 持ったりして 計画的に転生

してくることを 知っているので この話は 日本もはっきりとした

カースト制が見えるようになれば さらに インドのように輪廻転生 

の下地が 当たり前田のクラッカー固形スープ付きだよ のように

多くの全体的に 特に西洋の人ピープルたちが 考えられれば

   [ 分かち合いが すべてを 良く変えて うまく行く ]

   を 実践する機会を 与えてくださると おもいま~す

          V6010001_13
V6010003_14
V6010005_11
V6010006_17
V6010007_15
V6010008_14
V6010009_14
V6010010_16
V6010011_16
V6010012_15
V6010013_14
V6010014_16
V6010015_15
V6010016_13
V6010017_11
V6010018_11
V6010020_10
V6010033_10
V6010021_13
V6010022_9
V6010023_10
V6010024_14
V6010025_11
V6010026_13
V6010028_11
V6010029_10
V6010030_11
V6010031_12
V6010034_10
V6010035_9
V6010036_7
V6010038_8
V6010037_8
V6010039_7
V6010040_7
V6010055_5
V6010056_5
V6010057_5
V6010041_8
V6010042_8
V6010043_7
V6010044_5
V6010045_6
V6010046_6
V6010047_7
V6010048_6
V6010049_6
V6010050_5
V6010051_4
V6010052_7
V6010053_7
V6010054_7
V6010058_4
V6010059_5
V6010060_3
V6010061_4
V6010062_5
V6010063_4
V6010064_4
V6010065_3
V6010066_4
V6010067_3
V6010068_4
V6010069_3
V6010070_3
V6010071_4
V6010072_4
V6010073_2
V6010074_3
V6010075_2
V6010076_2
V6010077_2
V6010078_1
V6010079_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月13日 | トップページ | 2006年12月29日 »