« 2008年3月26日 | トップページ | 2008年4月4日 »

2008年4月 2日 (水)

飢餓貧困を世界から終わらせる同時行動!

10月17日(2008)立ち上がって、MDGSのために
行動を起こそうと準備してください(英文下記)


> 昨年、4300万人以上は、世界中で立ち上がって、政府にはっきりして強力なメッセージを送って意見を述べました:貧困を終えて、ミレニアム開発目標を達成するというあなたの約束を守ってください。
>
> 今年、我々はあなたをStand UpとTake Actionに招待しています。そして、貧困と不平等を根絶すると固く決心している発達する世界的な運動の部分です。
>
> 我々は、2015年(ミレニアム開発目標を達成するための目標日時)まで、中間地点に着きました。若干の進歩がありました、しかし、行く長い道のりがまだあります。我々は現在緊急で啓示を受けた行動をする必要があります。そして、我々が彼らが配達すると思っていると我々の政府に思い出させます。そういうわけで今年、我々はMillennium Goalsの業績を支持して、国に特有の行動に
> 集中しています。地元で、全国的に、そして、グローバルに、数100万はStanding UpとTaking Actionです。
>
> 行動の範囲は、広くて、何が国家であるかローカル前後関係ごとに関連するかについて次第です。署名された嘆願書、テキストメッセージキャンペーン、地方自治体代表への電話、差し向かいで議員との会談、地域および全国のリーダーによってであるにせよ - 最も重要であることはそれです。そして、我々はStand Upと我々の要求が大き
> く聞いた製造への、そして、明らかに取得Actionです。
>
> 貧困国では、Campaignersは彼らの政府に時間に結び付いたMDGベースの国家発展戦略、計画と予算配分を実行すると思い出させています;特に劣って除外されたグループに対する強い関心によるMDG実施と配達メカニズムを改善します女性;コンクリートを生産することは、MDG達成に予定される国内の資源動員を強化する予定です;増加したスライドと戦う腐敗の計画をつくって、実行するために、MDGsの業績と選択当局(議会、ローカルGovernmentsその他)へのMDG計画、実施と報道に関するより大きな責任への前進とキーのより組織的で進行中のモニタリングと報告は、メディア、信頼グループ、市民グループと市民の社会組織を含む投資家を非述べます。
>
> 豊かな国で、8つの責任が重要であるために続けるGoalの上で、そして、国家で世界的なレベルで配達します。ちょうど援助量と債務救済、援助品質と効果の上で時間をテーブルに出された責任をセットしなくて、果たさなくて、州のこれらのHeadsからの責任が含まなければならない特性;特に農業助成金の除去と発展途上国商品とサービスのための市場参入に関して、そして、相互的であるか地域の基礎に関する取り決めをプラスしてWTOの中を押し分けて通るのを止めるために、WTOで貿易交渉において行き詰まりを打破すること。
>
> Upであってください、Take Action 2008は-19番目に10月17日からの3日の間にわたって持たれます。
> 大学状態に、仕事中で、学校で、家であるにせよ、金曜日に始まって、日曜日(誰でも)に結ぶことによって、または、崇拝意志の場所では、参加する機会があってください。
>
> 我々は、もう一度Stand Up Against Povertyに人々で最も多くの数のために世界記録を破ろうとしています。しかし、より重要なことにさえ、あなたは最後の2年(本当の進歩にすでに関与した勢い)にわたってつくられる勢いを基にしています。あなたがStand Upを強い運動と終わり貧困への戦いの強力な勢力として、Millennium Goalsが
> 達成されて、上回られるのを見るためにしたすべてをありがとう。Stand UpとTake
> Actionを2008年にさらにimpactfulにすることを決定しましょう。
>
>
> 情報と最新版のためにwww.StandAgainstPoverty.orgを見続けてください!
>
> http://www.StandAgainstPoverty.org-
>


GET READY TO STAND UP AND TAKE ACTION FOR THE MDGS: OCTOBER 17TH -19TH, 2008

Last year, more than 43 million people all over the world stood up and spoke out sending a clear and powerful message to governments: Keep your promises to end poverty and achieve the Millennium Development Goals.

This year we are inviting you to Stand Up and Take Action, to be a part of the growing global movement determined to stamp out poverty and inequality.

We have reached the halfway mark to 2015, the target date for achieving the Millennium Development Goals. There has been some progress, but there is still a long way to go. We need to take urgent and inspired action now, to remind our governments we expect them to deliver. That's why this year we're focusing on country-specific actions in support of the achievement of the Millennium Goals. Millions will be Standing Up and Taking Action, locally, nationally and globally.

The scope of actions is broad and depends on what is relevant for each national or local context. Whether by a signed petition, a text message campaign, phone calls to local government representatives, face to face meetings with parliamentarians, local and national leaders - What's most important is that we Stand Up and take Action to make our demands heard loud and clear.

In poor countries, Campaigners will be reminding their governments to implement time-bound MDG-based national development strategies, plans and budgetary allocations; to improve MDG implementation and delivery mechanisms with a strong focus on poor and excluded groups particularly women; to produce concrete plans to enhance domestic resource mobilization that will be earmarked for MDG achievement; to create and implement plans for increased transparency and fighting corruption, more systematic and on-going monitoring and reporting of progress towards the achievement of the MDGs and greater accountability on MDG planning, implementation and reporting to elected officials (Parliaments, local Governments etc.) and key non-state stakeholders including the media, faith groups, citizens groups and civil society organizations.

In rich countries, delivering on Goal 8 commitments continue to be important and at the national and global level. Specific commitments from these Heads of State should include, setting and meeting time-tabled commitments on not just aid volume and debt relief, but aid quality and effectiveness; breaking the impasse in the trade negotiations at the WTO, particularly on elimination of agricultural subsidies and market access for developing country goods and services and to stop pushing through WTO plus agreements on a bilateral or regional basis.

Stand Up, Take Action 2008 will be held over a three day period from October 17th -19th.
By starting on a Friday and concluding on a Sunday, everyone, whether at home, at work, at school, university or in a place of worship will have the chance to take part.

We will once again be aiming to break the world record for the most number of people to Stand Up Against Poverty. But even more importantly, you will be building on the momentum created over the last two years, a momentum which has already contributed to real progress. Thank you for all you have done to make Stand Up a strong movement and powerful force in the fight to end poverty and see the Millennium Goals achieved and exceeded. Let's resolve to make Stand Up and Take Action even more impactful in 2008.


Keep watching www.StandAgainstPoverty.org for information and updates!

http://www.StandAgainstPoverty.org
--------------------------------------------------------------------------------


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月26日 | トップページ | 2008年4月4日 »