« 2008年4月27日 | トップページ | 2008年5月4日 »

2008年4月29日 (火)

奉仕の道を歩むまで 9

「ここに助けを求めれば助けられる」と強く思いドアを入ろうとした時に
Aに「そこに入ったらとても恐ろしい事になる!」 と言われたり思わさ
れたりしてぎりぎりのところで入れなかった所でした  私はここに
なにか?意味が?・・・と思いましたが仕事中だったので飯田橋まで
走りました すると途中で携帯電話が鳴りましたが走行中だったので
信号待ちで見てみると知らない所の電話番号が入っていました
飯田橋のいつもバイクを止める場所(後からそこがNGO ハンガー・
フリー・ワールドのビルだった事が判りました)で その電話番号に
かけてみました  「はい 日本心霊科学協会です」 と出ました! 
私は驚き さっきの心霊協会だ!と本当に驚きました それは私の
電話番号も判らないのになぜ?電話があったのだろう?という驚き
もありました 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
           奉仕の道を歩むまで 9

(NO1に戻る→http://141.txt-nifty.com/141/2008/03/post_0f3f.html


Photo_2
V6010005
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「あのー・・・・石井と申しますが携帯電話にお宅様の番号の着信が
ありましたのでかけました・・・・」 すると事務の男性が以前に私が
20ヶ所のUFO関係団体に助けを求める手紙が心霊協会にも送られ
ていてそのことでの電話でした 「手紙を見ましたがUFOに関しては
当協会ではお役に立てませんのでお電話いたしました・・・・」との事
だったのですが私はさっき協会でたち止めらされたように明らかな
誘導があったので 「あのー・・・・問題は・・・・生霊と言う霊能力で
家族を苦しめる女性から助けてもらいたいんです・・・・が・・・・」と
言っていました すると男性は「霊に関するご相談はやっていますが」
と言い 私が詳しく聞くと1件15分くらいで5000円だとわかり次の
日曜の朝の予約をしました 私は電話を切った後に20ヶ所に送った
手紙の連絡はどこもなかったこと(後も連絡なしでした)UFO関係の
所に送ったのになぜ?心霊協会に送っていたんだろう?と不思議
でした そしてさっき明らかな誘導で協会に立ち止まされた後に協会
から電話があったことなどで私は光の方々が状況をまた作ってくださ
ったのだとわかりました 日曜日の前の晩は弟のヤッチンの所に
泊まりました それはやっちんも連れて行こうと思ったからです 

    日曜の朝目が覚めた私は不思議な事がありました 

ベッドを起きた時に手を2回たたき「今日の心霊協会ではうまく行き
ますように」と祈り トイレを出たときも2回 台所でも2回 玄関でも
2回手をたたいたのです 手を2回たたくのは初めてでした
まるで神社でやるような感じでした  ヤッチンはAの暗示で行こうと
しなかったので1人で協会に行きました 個室に通されて入ると年配
の着物姿の女性が椅子に座っていました 森さんという霊能者の方
でした 私も座ると 「はい どんなことですか?」と聞かれたので 
「私の中に生霊で入っている糸崎と言う女性のことで・・・・」と話そう
としたとたんに森先生は手で自分の前に線を引き [ここからは入れ
ない] とでもいうようなAに対しての結界みたいなものを張ったようで
した 私はそのころまだAの邪気による妨害を強められると話そうと
する事や書こうとすることなどがしどろもどろにされてしまう状態だった
のですが 森先生はそんなちぐはぐな僕の話を聞いてすぐに「悪い人
たちとは近づかないように」「よき魂とのふれあいをしていってください」
 「すぐには出て行かないでしょう(A)」と言われました 僕は2度と
A達とは関わらない近づかない 魂の良い人たちと付き合おうと誓い
ました  たったそれだけのやり取りだったのですが 僕は生まれて
初めてAの事や僕の言ってる事を信じてくれただけでなく能力によって
僕を覗いてくれたA以外の ・霊能力者の森先生と出会っただけで 
うれしくなりました!・ それはそれまで10数年間(当時で16年間)
も何人もの人たちや家族にさえも信じてくれなかったAとその能力で
苦しめられた事を・霊視して見て下さったので・ Aの「訴えたければ
訴えなさいよ! だれがチャーリーの言う事を信じるものですか!」と
豪語していたAは 第三者にそれまでの悪行の数々を覗かれてしま
ったからです  私はそれだけでも満足でした 個人相談が終わり
帰ろうとした私に階段ですれ違った女性が「あれ?あなた統一は?」
と聞かれ「統一ってなんですか?」と聞いたら座禅のようなことを2階
の会場で行なわれる すぐに始まるからと言われて そこでも霊査と
いう無料の霊的なアドバイスが受けられると聞き当時は800円を
払い精神統一会という瞑想に参加したとき始まりと共に手を2回たた
いてから始まり終了と共にまた2回手をたたいてから終わったので
僕は「これ 朝起きた時に玄関出るまで何度も2回手をたたいていた
のは このことなのか!」と判りました 明らかに手を2回たたくように
光の方々にされたのだとわかりました 瞑想中に会場の瞑想者
1人1人の背中に手を当てて回る方が僕の背中に手を当てたときに
スーッとすがすがしい風のようなものがその背中の部分から入り前の
胸から出て行くときに着ていたワイシャツの胸の部分の生地までもが
 ふぁっと 押されるように前に動いたのでびっくりしました わたしは
「ここは(協会)すごいところだなー」と思いました 瞑想終了と共に
1人1人にその時も森先生が霊査という霊的アドバイスをしました 
僕の霊査は[天上界との繋がりがあるのですから それを大事にして
いってください]でした 私は光の方々は天上界の方々なのだと
その時判りました 家に帰る途中で何度も何度も森先生の事や霊査 
瞑想中のこと 手を2回たたいた事などを考えるうちに ジッと黙って
身動きせずに静かにただ座って眉と眉の間に意識を集中させる事は
とてもつらい事だけれど 朝の2回手をたたく事をさせられたのは
光の方々が協会に行くように精神統一会という瞑想を僕にやってもら
いたいと言う気持ちからだと判ったのでその日からつづける事を
決意したのでした  

つづきは→http://141.txt-nifty.com/141/2008/05/post_f253.html

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月27日 | トップページ | 2008年5月4日 »