« 2008年5月11日 | トップページ | 2008年5月15日 »

2008年5月14日 (水)

僕の作ったビデオ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奉仕の道を歩むまで 10

その時判りました 家に帰る途中で何度も何度も森先生の事や霊査 
瞑想中のこと 手を2回たたいた事などを考えるうちに ジッと黙って
身動きせずに静かにただ座って眉と眉の間に意識を集中させる事は
とてもつらい事だけれど 朝の2回手をたたく事をさせられたのは
光の方々が協会に行くように精神統一会という瞑想を僕にやってもら
いたいと言う気持ちからだと判ったのでその日からつづける事を
決意したのでした  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
         奉仕の道を歩むまで 10

(NO1に戻る→http://141.txt-nifty.com/141/2008/03/post_0f3f.html

心霊協会での精神統一会という瞑想を続けるうちに色々な事が
判ってきました 瞑想はよほど訓練されていないと憑依霊などの
危険が伴いやすい事 必ず霊格のある方などについてもらうこと
瞑想の場が守られて行なう場合 その人は自分のバイブレーション
=波動=気=ふいんき=心境=が高められる事 それにより私の
場合 Aの邪気=低位のバイブレーション=波動=気=ふいんき
=心境を消散=消して行くことが出来ることが判りました やはり
光の方々はそれを知っていてAに思考の判断・決定などの妨害を
受けていた私が惑わされないようにと言う意味もあり何度も協会へ
誘導するシンクロを行なってくださったのがわかりました

1人で試しに部屋で瞑想をしましたが やはりAは邪念や邪気を
大田区北馬込の部屋から私に送り邪魔をしました これがもし
Aのことを知らず また知っていてもAが黙っていたならば霊能者
の方でない限りAに入られていることが判らないので 瞑想状態
という通常よりも影響を受けやすい状態をAに利用されて その人
はコントロールされてしまうとわかりました 

協会での瞑想を続けながら仕事と母と父の介護・ヤッチン(弟)の
ケア 由紀子さんとアッコちゃん(ヤッチンの妻)を元に戻す事を
続けているうちに 郵便局で飢餓で苦しむ子供達への寄付のビラ
を見ました [1000円で鶏が買えて 1家族が1年を通して玉子
が食べられ栄養改善ができる]等が書かれてあり たった100円
でも子どもなど人間の命を救える事が出来るとわかりました

私は郵便局での用事が終わり外に出ましたが そのことが気になり
1000円で1家族が1年を通して助けられるならば寄付しようと考え
戻って3000円寄付しました そして置いてあったそのビラを10枚
位もらいました そのビラを見ながら 自分一人では寄付にも限界が
あるけれど多くの人にそのビラを見せて1000円づつ寄付してもらえ
れば・・・・と考えました そしてそのビラの機関[FAO]に電話をして
そのビラを配って宣伝したいと言いました すると担当の男性の方が
そのビラを配る事は出来ないが飢餓を終わらせる活動をしたいのなら
ばと NGOのJANIC=ジャニックを紹介してくれました ジャニックに
電話をして飢餓で苦しむ子供達を何とかして助けたいと言うと飢餓に
関するNGOならばHFW=ハンガーフリーワールドですねと連絡先を
教えてくれました そしてHFWに電話をして無料の活動説明会に行き
担当の女性から飢餓の現状などや支援の仕方などについて色々と
親切に聞く事が出来ました そして現地で苦しむ人々に安定した支援
を計画的に出来るHFWの毎月定額の支援[ハンガーフリーパートナ
ー]という5000円からの申し込みをしてメンバーになりました

私は寄付や支援が不定期に思いついた時にするのではなくて計画に
そって行なわれれば現地の人も安心して計画が立てられ不安や恐怖
も無くなり希望を持って貧困に立ち向かい戦えるのではないかと思い
ました そしてそのような形で作り上げられたものは根強く枝葉を伸ば
して成長できるとも思いました その間にも自然災害や情勢などの
悪化で緊急に支援が求められる[緊急支援]も行い そのビラも自分
で作り(印刷して)配ろうと考えました 

するとまた光の方々による不思議な誘導とシンクロが始まりました!

NO11へ→http://141.txt-nifty.com/141/2008/05/post_d443.html


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月11日 | トップページ | 2008年5月15日 »