« 2008年10月14日 | トップページ | 2008年10月19日 »

2008年10月16日 (木)

動物愛護の女性が改名、ジェニファー改め「解剖」さんに

動物愛護の女性が改名、ジェニファー改め「解剖」さんに- APノースカロライナ州アッシュビル(AP) 動物解剖反対運動を展開している女性(19)が、運動の一環として自分の氏名を正式に変更した。新しい氏名は「切り離し」「解剖」を意味するカットアウト・ディセクション・ドット・コム。運転免許証にもこの氏名が記載されている。ノースカロライナ州アッシュビルの高校を卒業し、現在バージニア州で働くカットアウトさんの元の名は、ジェニファー・ソーンバーグさん。動物解剖に反対する立場から何かできることはないかと考え、インターンをしている動物保護団体PETAの解剖反対サイトのURL「ディセクション・ドット・コム(CutoutDissection.com)」を自分の名にすることにした。「自己紹介する時はこの名前を何度か繰り返さなければならないけれど、いったん分かってもらうと、ウェブサイトの内容についてもっと知りたいと言ってもらえる」と改名の動機を説明する。解剖に不快感を持ったのは、学校の授業でニワトリの羽の解剖をする課題が出たことがきっかけだった。その後、解剖に反対する生徒が別の課題を選べる制度を学校に導入させた。もっとも家族は今でもジェニファーの名で呼んでいるといい、父親のデュアン・ソーンバーグさんは戸惑った様子ながら、解剖前の動物の様子を写した映像を見て娘の運動を支持することにしたと話している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月14日 | トップページ | 2008年10月19日 »