« 2008年11月27日 | トップページ | 2008年12月14日 »

2008年11月30日 (日)

今日は日本心霊科学協会のイベントのボランティアをしました (写真いっぱいあります 見てね!・写真をクリックすると大きくなり見えます!) & 地球奉仕の伝導瞑想&地球奉仕のミラクル・ミネラル・サプリメント 他ニュース

V6010030 木村藤子さんと2ショット ウレピー! 僕の携帯のこのカメラ何度か落としちゃったので50%くらいの確率でピンボケに写っちゃうので 取ってくださった方に 「ボケテナイ!ですか?」などと慌てて言ってしまい 気を悪くされたかもしれませんので この場をおかりして そういうことなのですが ありがとうございました ニコニコ と言わせていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
          

テレビに出ている木村藤子(霊能者)さんをまじえての霊的な
講話などのイベントで会場係と言うお役目をいたしました

報道席には各3名ずつ小学館・主婦と生活・全東京新聞
そして 協会の霊能者方々や各大学の教授方々 弁護士会
会頭 医師 テレビプロデューサー 等の方々もまじえ
まじめなスピリチュアルな問題の質疑応答もありました
 (現代日本・世界での歴史的瞬間・始まりでした!)

とりあげられた質疑には 社会の経済問題や貧困問題など
地球規模での問題の霊的な答えを求めるものが多く 今新しい
霊的な風潮が若者の間で浸透している事がのぞけました

来ている方々も若者が非常に多く 会場係をしていた僕は
かっわいい!! とうなずける女性達が多かったです

        (ここからは私事ですが)
アメリカのハイズビル事件からハイアラキーはH・P・ブラヴァ
ツキー アリス・ベイリー そして現在は0000000000
を通して霊天上界の計画・地球の進学に関しての情報を
流してきました が と同時に新興宗教といわれる創始者
方にも 新しい地球の始まりを知らせ伝えました

そして1977年7月7日に地球の代表として弥勒菩薩であら
れるマイトレーヤがヒマラヤのセンターから降臨されました
彼はマヤヴィルーパといわれる肉体を着用してパキスタンで
数日間その肉体をならして飛行機に乗り(御自身で移動は
出来るのですが)ロンドンのインド・パキスタン街アジア人地
区のブリックレーン近辺に拠点を置きました しかも普通の男
として 当初マイトレーヤは病院の警備員として働きました
(ぼくは 感動しました! だって地球の如来様がですから)

    そして徐々に世界の表舞台に出始めました 
(以後マイトレーヤに関する情報は000000000000氏
 からどうぞ またこの私のブログの中からもどうぞ

このページの中にマイトレーヤが行なった世界会議で集まった
数百人の世界の政治家や著名人・ジャーナリストの前で2日間
にわたって宇宙の兄弟方と同じ物質と空間と時間のコントロール
によるご自身が現れたり消えたりなどのこれから始まる新しい
地球社会でのテクノロジーを何度も見せて認識させています 
 http://141.txt-nifty.com/141/2008/01/post_d02b.html

*********************************************


    すべては霊的でなければならないと思います

それは人間を含めるすべての動植物・鉱物・惑星に至るまで
それはすべて霊的なものだからです

だって人間は肉体が転生してくるのではなく 魂が転生して
くるのであり 感情体=アストラル体や知性体=メンタル体は
前回(前世)のカルマ=それまでの記録?成績?状態?振動
を寸分の狂いもなくその時の振動率を亜原子的に磁力的に
魂は引き寄せ集められ胎児に宿して転生してきますので人間も
霊的な存在なのは事実なのです


     ー転生のタイプは大きく3タイプありますー

*磁力的に引き寄せられその意志とは別に集団転生する魂

*ある程度考慮し選択して集団転生する魂

*特別な目的でその惑星のハイアラキーの元で個で転生する魂

シェークスピア(木星から)やダ・ヴィンチ(水星から どらも地球
より高位の学校?=惑星)方のように地球と言う低い惑星に
堕天使的にカルマの法則で何転生も地球でやり直す魂なども
数少ないのですがあります (詳しくは0000さんからどうぞ)

私たち人間も肉体が転生するのではなく魂が転生してくる存在
だという根本に戻って 生活や政治 地球規模での問題などを
考えなければ 行き詰ってしまい今のような状況にあることは
霊的な飢餓・貧困にあると言う事が判明するはずです

魂は同じ界から転生してくるのですからホームレスの老婆や
おじいさんを自分の家に招き入れて生活させてもおかしくない
はずなのです そのような風潮が広まれば必ず政治も世界も
チェンジ!できるはずです! 私達は魂の家族なのですから!

また UFO といわれる宇宙の兄弟が見守っている地球の
裏側の飢餓貧困で1・6秒に1人死にゆく子供たちも同じです

私達は今 地球&宇宙規模で霊的に考えなくてはなりません
それは あきらかに地球のハイアラキー(転生を必要としなく
なった達成された方々の集団)と太陽系と言う1つの細胞の
ようなシステムの一員・兄弟である宇宙の兄弟とその惑星の
ハイアラキーとは密接な関係にあると言う事実の認識しなけれ
ばならないからです 

人間はらせん状に進化するこの全宇宙の法則の元で進化する
存在であるのですから 上ばかり見ずに 這い上がろうとして
いる世界の3分の2以上の貧困で食うに困っている子供たちに
視野を地球人として広げて援助する事は当たり前の行為です
なぜならば世界には10%以上もの余剰食糧と資源があります
しかし私たち裕福な国の政策や経済を優先するあまり世界の
3分の2以上の子供や人々は貧困で苦しみその3分の1の
子供たちは飢餓や貧困で1・6秒に1人犠牲になっているのです
しかもとても長く苦しみ死んでゆくのです 

       これはまったく霊的とはいえません

  世界の多くの宗教家の方々もこの事で動こうとしません

1枚何十万円もする床や壁の大理石などの装飾品にお金を
かけていて 彼らには1円も布施と言う大事なことをしません

中にはこのことを言おうものならば迫害を受けるばかりか人間の
命をも口封じのために死に至らしめます

彼らは信者や人々にそのような単純な事に目覚めさせないように
あらゆる方法をとって隠蔽してきました

 どこが霊的なのでしょうか? どこが神さまなのでしょうか?

きつい事を言いましたが まずは霊的地球規模で地球の産物を
分かち合う事から始まるのではないでしょうか?  

飢餓でとてつもなく長く苦しみ死んでゆくだけの子供たちを
たすけることが最優先ではないでしょうか?

裕福な国の私たちには彼らよりも途方もない額のたくわえが
あり 魂が転生してくると言う人間が霊的存在であるならば
同じ魂の界から転生してくる彼らやホームレスの人もみんな
兄弟・家族と同じなはずです! 

地球と言う大きな屋根の下で暮らす家族に対して苦しませたり
それを知らないふりをする私達は 自分の家で暮らす家族に対
して している事とまったく同じだということではないでしょうか?

      (ここからはかなりきつくなりますが)
なぜ?時々思うのですが 金持ちが自分の女や男には2号でも
3号でも めんどう見なけりゃ という気持ちがわくのに なぜ?
世界の反対側の貧しいけれど 美しい女性や男性 子供たちの
めんどうをみなけりゃっていう気持ちになれないのか不思議です

寝てもいない女や男 自分の子供以外には援助はないのです
か?まるで下等動物と同じじゃぁーありませんか! と思います

このような気持ちや風潮を作るのにはハイアラキーの情報を
いきなり民衆に知らせるだけではなくアストラル偏局している
民衆のマインドを高尚させるステップとして今日のような講演
は必要不可欠と実感していました 1部のインテリはハイアラ
キーの情報にのみ反応してもっとすべての隣人的に統合・和合
という これからのアクエリアスの逃れようの無い時代・精神に
錯覚=イリュージョンを起こしているとわかりますので気おつけ
たほううがいいなと思います (何も援助も行動がないから)


************************************************

午後の講演では最後に木村藤子さんがなにを話して言いか
わからず 神=上の方に 「このままじゃー会場の近くの墨田川
に身投げしたいほどはずかしい」 と言ったことを 出番前までの
心境を聴衆に話してくれました それは霊能者や芸術家には
時々あることなのです まったくアイデアが浮かばないという事


木村さんは現場の人間 日夜何十年?も霊的飢餓で苦しむ
人々を助けてきました そして明日も  わたしは木村さんを
霊的に苦しむ人々を助けるマザー・テレサのように思いました

ぼくも世界の飢餓で苦しむ子供たちを1秒でも早く全員助けたい
と日夜 仕事中も忘れることなく考え行動しています(伝導瞑想
でも)  このように現場で働く人間にはデスクの上で考える方と
ちょっと違う所があるのを知っています

木村藤子さんの話している事は自分でも話していましたが
抽象的で飛んでいる話ですが と言いました

ぼくも そして協会の同じ能力をもつ霊能者の方々 そして
多くの方が それを理解して聞き入れていたことは 僕の前の
席ととなりの女性達が涙を流して同調しているのを 僕もその
女性達に同調して感じた事でもあります

その証拠として 講演会終了時には多くの人々が木村さんの
回りに集まっていた事で証明されました

わたしは木村藤子さんの出番の直前にたまたま控え室で会い
記念写真をとてもお疲れなのに喜んで撮らせてくれたこと感謝
いたします そして講演でのピカソやブラックのようなキュービ
ニズム的なお話は なげやりではなく 必死に伝えようという
誠実さが最後まで保たれていた事を 私の前やとなり回りの
女性達と僕も感じたのであります 

   なんか芸術家の方と同じ苦しみだな感じました

この今日のイベントはとても意義のあることだと思いました 

両国・第一ホテル 3F KFCホールで行なわれた今日の
目覚めよう霊性の宇宙へ] というイベントはすばらしい事
の第一歩を我々人類が踏み出した事になったと思いました

各大学教授の方々や著名な方々のお話も良かったです

また 協会の霊能者の方々や他の能力者の方々の前で
分離感や対立感情もなく (霊能者や芸術家の方々の統合・
和合の難しい面を克服して) これからの時代に必要な統合・
和合の精神で最後まで最善をつくしお話くださった木村藤子
さんに多くの拍手を今もお送りいたします

 ありがとうございました これからも頑張ってください!

   
      写真はクリックすると大きくなり見えます↓

V6010001V6010002V6010003V6010004V6010005V6010006V6010007V6010008V6010009V6010010V6010011V6010012V6010013V6010014V6010015V6010017V6010021V6010023V6010025V6010026V6010028V6010029V6010031V6010033V6010034V6010037V6010041V6010030


 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
    世界のマラリア・デング熱などを4時間で治す
   奇跡のMMS法=ミラクル・ミネラル・サプリメント
(MMSの二酸化塩素はコストが1円以下です!)


MMS 日本語翻訳(まだ途中ですが どなたかご協力を!)
        (ジム・ハンブル氏の本から↓)
「私は あなたがこの本を読みMMSを使用した後に確信を持って 
世界の貧困地域でいつ発病するかもしれない年間8億人ものマラ
リア感染者(世界人口の8人に1人の割合)と 毎年300万人もの
マラリアで死んでしまう子供たちを助けるために このMMSを多く
の人に話してくれる事を望みます    
MMSは通常2~3時間で作用します マラリアの場合はどの
マラリアでも通常4時間で作用します マラウイ(東部アフリカの国)
政府はMMSの臨床試験を通して2007年には7万5千人以上中1人
も残さずにマラリア患者を完治させました(1つの失敗もありません
でした マラリア原虫はすぐに死滅して消えました) かれらはすぐに
元気になり働く(労働)ために帰りました  MMSはその国の安定し
た労働力を確保し生産的な計画も立てられます・・・・」
 (続きは↓下からどうぞ 翻訳のご協力をお願いいたします!)
http://cid-a6230c55110682ba.spaces.live.com/blog/cns!A6230C55110682BA!121.entry

 バングラディシュでのMMS活動と他の記事・写真などは
      ただいま このブログに書き込み中です
http://141.txt-nifty.com/141/2008/09/post-5b39.html

    このブログにMMS記事をいくつか書いています
  http://141.txt-nifty.com/141/2008/06/post_52a9.html

       MMSの無料のダウンロード本からでも1度 
          翻訳機能で読んでみてください
         そして多くの人に伝えてほしいです
     http://mmssupersite.com/MMS-book1.pdf

       http://www.miraclemineral.org/ から


        MMS ミラクル・ミネラル・サプリメント 
         ジム・ハンブル氏の英文のページは↓
     http://jimhumble.biz/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年11月27日 | トップページ | 2008年12月14日 »