« 2009年3月15日 | トップページ | 2009年3月20日 »

2009年3月19日 (木)

朗報!飢餓貧困に世界中が関心を持続させるMMS

MMSというマラリアを数時間で完治させてしまう療法が発見されました しかも単価が1円以下(途上国で製造の場合)で家庭の台所でも簡単に大量に製造できるものです!なんと原料が水や野菜・食品などを殺菌する漂白剤が原料なのです! この発見をしたジム・ハンブルさんは世界からマラリアを撲滅できるとして活動をしていますが多くの草の根の人々の協力を求めています  マラリアはいまだに特効薬がありません それは蚊が人間に媒体するマラリア原虫が薬に対して耐性を持ってしまうからです 薬は常に改良しなければならず 長期間の服用と副作用も強いものです 裕福な国の人々はマラリア薬を買う事ができますが世界の貧しくされた子供や人々は薬を手に入れられません それは年間300万人以上 10秒に1人 マラリアで死んでいる子供たちが証明しています 世界人口65億の8億人以上 8人に1人が感染しているといわれています  蚊帳の配布は圧倒的に足りません その蚊帳の寄付を多くの人に願っても感心をなかなかもってはくれません ホワイトバンドも時間が過ぎると忘れられてしまい世界の飢餓貧困で苦しむ子供や人々への関心も薄れました しかしMMSは新たな飢餓貧困への関心を常に持続させる要素があります! MMSは世界の貧しくされた子供や人々のマラリアを治療する目的で開発されましたが エイズやガンなどのウィルスや菌などのあらゆる病原菌も殺菌してしまい正常な細胞や菌などには害を与えないことがわかり 今世界中で注目が寄せられ始めました これによりMMSに関心をもち使用する人も増えれば MMSはもともとマラリアを完治させるもので マラリアは私たち裕福な国の不正義な政策や経済取引などのために貧しくされた国々の薬も買えなく年間300万人以上も死んでいる子供たち という意味を常に持たせ続ける事ができます わたしも現在使用してテストを続けていますが MMSの小瓶を見るたびに「このビン1本でマラリアの子供たちが200人以上たすけることが出来るのに・・・」 MMSをコップに入れて飲むときに「この1杯で子供の命が助けられるのに・・・」と常に思います もしMMSがマラリアのために開発されたものではなくて 別の病気などで開発されていてマラリアにも効くと後からわかったものであれば 世界の人々にMMSで飢餓貧困に関心をもたせ持続させるのは難しいかもしれませんでした しかしMMSはその発見者のジム・ハンブルさん自信がアフリカでマラリアと戦っていますので MMSは世界の人々に飢餓貧困への関心を持続させます 

日本でもMMS活動を行なっていますので どうか多くの人に伝え
広めるという貢献をお願いいたします そして あなたもMMSの
活動に参加してください MMSは現在ありますNGOや活動団体
の活性剤にもなります!
  

***あなたも下のコミュで参加してください***
                 
ミクシーのコミュ[フリー ジャパン@Free Japan ]
薬付けの日本を変えるジムハンブルの世界貢献☆
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=39873149&comment_count=95&comm_id=3328125


ミクシーのコミュ[ミラクルミネラルサプリメント]
http://mixi.jp/view_community.pl?id=3431769

    MMS-JAPAN ホームページ
 http://mms-japan.web.officelive.com/mms.aspx

***このままコピーして転送してもかまいません***

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月15日 | トップページ | 2009年3月20日 »