« 2009年3月20日 | トップページ | 2009年3月27日 »

2009年3月24日 (火)

[入浴剤としてMMSを使用して二酸化塩素を体内に取り込む方法]

MMS-JAPANのMMSニュースレターに書かれてあります

20滴のMMS 100滴のクエン酸 混ぜて3分たち起動後に

湯船の中に入れて入る方法では 湯船の石鹸かすを洗い流してから

でないとMMSが石鹸やバスクリンなどにより二酸化塩素の発生が

活発にならないとのことです 新しい水で行うのがいいとのことです

子供のおもちゃも入れないほうがいいと書かれてありました 

体はあらかじめ石鹸で油分などを洗い流してから(石鹸も十分に)

の方がCLO2(二酸化塩素)の吸収は大きいと思います 20分間は

お湯の中でCLO2を発生し続けるとのことで熱めにして入るとのぼせ

てしまいますので ぬる目のほうがいいです  お湯の量は普通で

大丈夫です 水で薄めても問題ないようです  その中で頭や顔を

つけてMMSを取り入れて下さいのような事も書かれていましたので

僕も行いました目に入っても問題は無いとの事ですが なるべく目に

は入らないようにしました出てからプールで泳いだ後のように水で目

をよく洗いました 体を洗い流さないでそのまま拭いて布団の中に入り

横になっていたら なんともいえない気分の良さです 普通のお湯とは

明らかに違いました 実は僕は昨年の6月くらいから家庭用の漂白剤を

お風呂に時々入れて入っていました (クエン酸などとは混ぜないで

下さい MMSと違い塩素ガスが発生して呼吸器にとってはデメリット

の方が大きいです MMSの場合は二酸化塩素ガスなので体には

有効とされています)    偶然の発見で銭湯浴場やプールのような

爽快感が後に残るのです そのままスグにふとんに入り横になると

2~30分で睡眠をとったような爽快感が感じます できれば一瞬でも

眠ってしまうともっと爽快です これは普通の水=お湯だけでは感じる

ことの出来ないものです むかし [アルタード・ステーツ] と言う映画

で10%の硫酸マグネシウム水溶液にひたると母体の中の心境にひた

れると知りました あの映画のようにまではなりませんが 気分には

かなり効果があります 注意しなければならないのは 目に入らない

ようにすることです もし目に入った場合はすぐに30秒~1分くらい

洗い流してください(原液の場合は5分くらい) 1度原液が目に入り

病院で相談しましたが次亜塩素酸ナトリウム(家庭の漂白剤で 

MMSは次のつかない亜塩素酸ナトリウムで別ものです)はすぐに洗い

流せば目に悪さをする物質ではないから大丈夫といわれました 

2日目に同じお湯に漂白剤キャップ1杯入れましたが効果は薄くなり

ました 3日目はもっと効果がなくなりましたので 週に1回ぐらいが

良いようです それは体的にも週に1回ぐらいが良いようです 

そのほうが爽快感が違います毎日入っての実験もしましたが やはり

週に1回ぐらいが大きい効果がありました話を戻しますが MMSの

入浴はマイルドな感じです 漂白剤は銭湯での湯上りの状態で肌に

微量の刺激が感じられますが MMSはありません また何度か

漂白剤入浴を試すとわかりますが 出た後 塩素が体内に取り込まれ

たことが判るくらいに塩っぽい感じが体の中で少しだけ感じます 

このことから MMS入浴も20分間以上つかる事で体内に二酸化塩素

が取り入れられていることが判ります

他のMMS ミラクル・ミネラル・サプリメントのコメント記事は↓
        http://mixi.jp/view_community.pl?id=3431769 

あなたもMMSのコミュに参加してくださいね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月20日 | トップページ | 2009年3月27日 »