« 2009年3月24日 | トップページ | 2009年3月28日 »

2009年3月27日 (金)

水の惑星のお話 / ミクシーのコミュニティ『世界の肖像』 トピック から

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=41053264&comment_count=19&comm_id=1808806 から
Photo


石油やアメリカのバブルが崩壊した後、
世界の金持ちたちは、次の投機先を探している。


そのターゲットの一つが「水」だ。


水は、誰もが必要だ。

今、世界では、
約25億人が公衆衛生に必要な水を手に入れらず、
10億人以上が安全な水を飲むことができない。

そして、世界の人口は増え続けている。

水を商品として売ることができれば、
それは、優良産業となるだろう。


実際、世界の水ビジネスの市場規模は
05年の約60兆円から、
25年には100兆円程度に拡大するとの試算もある。
(大和証券)


そして、それは、すでに始まっている。


1999年、アメリカ、サンフランシスコに本社を置く
世界最大の建設/エンジニアリング企業
ベクテル社(Bechtel)は、
アメリカ・世界銀行の圧力により民営化された
南米ボリビア・コチャバンバの、
水道事業の権利を受注した。


ベクテル社は、水道料金を、
人々の平均月収の20%以上にまで引き上げた。

また、水道だけでなく、
雨水をはじめ、コチャバンバの水は、
すべてベクテル社のものだとして、
水を商品として、完全にコントロール、
確実に収益を上げようとした。

もちろん、これまでも、給水システムには、
援助が行われてきた。

この30年ほどの間に、
アフリカの田舎へ、
5万箇所もの井戸などの給水システムを援助された。


だが、これまでの援助のほとんどが、
給水システムをつくることばかりで、
維持運用の仕組みづくりは、
ほとんど注目されなかった。


その結果、ガーナ北部では、
58%が壊れて使用できず、
セネガルのカオラック地区では、
3分の1しか稼動していないという。


これまでに無駄になった水供給援助の総額は、
360億円に上ると
IIED(国際環境開発研究所)は試算している。


アフリカの国リベリアでは、
40%の人々が、
安全な水にアクセスできない。

生まれてくる子どもの
3人に1人以上が、
5歳の誕生日の前に死んでしまう。

アフリカの国ソマリアでは、
3分の1以下の人々しか、
安全な水にアクセスできない。


もちろん、ソマリアにだって、
水が無いわけじゃない。


ソマリアの北の街アダ・キビル(Ada Kibir)では、
700円ほど払えば、
200リットルほどの水を買うことができるという。

だが、貧しい人々にとって、
700円なんてお金を払うことはできない。


だから、毎日、
10キロも20キロも離れた場所へ
水を汲みに行く。

それは、大抵、子どもたちの仕事だ。


水を買える家の子どもだけが、
学校へ行き、
水を買える家の子どもだけが、
健康でいられる。

今、世界では、
約25億人が公衆衛生に必要な水を手に入れらず、
10億人以上が安全な水を飲むことができない。

世界の病気の80%は不衛生な水が媒介し、
毎年、150万人の子どもが、
安全とは言えない水のために死んでいる。

安全な水を得られないために、
毎日、4000人の子どもが死んでいる。

水に、食べ物に、医療…。


1日を生きるためには、
その分の料金を、
誰かに支払う必要があるということだ。

貧しい国の人たちは、
その日の「命」の代金を、
先進国の人たちへ支払っている。

そして、ついに世界第2位の経済大国も、
本格的に、水資源ビジネスに参入するという。


水資源ビジネス、官民で本格参入 政府は融資で支援

 政府と民間企業は協力して、世界の水資源ビジネスに本格参入する。民間企業を中心に近く協議会を設置、水需要が高まるアジアや中近東を念頭に官民連携で市場開拓を目指す。日本企業が強みを持つ水処理膜や排水処理技術での進出を足がかりに、長期的に利益が見込める上下水道の運営に進出する計画だ。政府は政府系金融機関の融資や貿易保険を通じて支援。年内にもアジアで試験事業を始め、他地域に広げていく方針だ。

 世界の水資源ビジネスを巡っては「水メジャー」と呼ばれる欧州の大企業が大きなシェアを占め、日本企業の進出は遅れているのが実情。今後、水ビジネスの市場拡大が見込まれ、国際貢献にもつながることから、官民一体で取り組む必要があると判断した。(日経)
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20090113AT3S0902A12012009.html

----------
関係リンク
IRIN
ボリビアの水戦争
http://www.anti-rothschild.net/truth/column/part1_23.html

SOMALIA: Children, IDPs hardest hit by lack of water
http://www.irinnews.org/Report.aspx?ReportId=83588

More than $300 million wasted in water projects
http://www.irinnews.org/report.aspx?ReportID=83593

New Yorkers walk a mile in other children’s shoes
http://www.unicef.org/infobycountry/usa_48851.html

もっと知りたい「水道」のこと|東京都水道局
http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/faq/qa-14.htm


---------
『世界の肖像』より
経済発展と100%自給率と飢餓
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=32028221&comm_id=1808806

・・・生きることをあきらめなくてはならない
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=30401454&comm_id=1808806

美しい海と砂浜のリゾートで、子どもたちとの触れ合い
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=20907510&comm_id=1808806

患者番号[0069]、年齢:10歳、性別:女
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=20300854&comm_id=1808806

アフリカとハゲタカ
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=17927298&comm_id=1808806

60億円の値段
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=16518343&comm_id=1808806

ダイヤモンドと愉快な仲間たちの物語
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=15732511&comm_id=1808806

原油が高いと言う話じゃない
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=15504854&comm_id=1808806

どこか遠くの知らない人たちの話
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=15372920&comm_id=1808806

ボトル・ベビー・ディザース(bottle baby disease)
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=15039190&comm_id=1808806

「私は生きていました。お父さんのいい子でした」
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=328534971&owner_id=5766188

"One Love"
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=302113211&owner_id=5766188

最も愚かな理由、金のせいで死なせないだろう。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=260072883&owner_id=5766188

「友だちができたよ。僕たちは、一緒に遊ぶんだ。」
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=235945058&owner_id=5766188

すべてを奪われ、あとは悲しみだけ…
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=231999418&owner_id=5766188

      
        あなたも このコミュにご参加ください

水の惑星のお話/ミクシーのコミュニティ 『世界の肖像』 トピック から
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=41053264&comment_count=19&comm_id=1808806

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月24日 | トップページ | 2009年3月28日 »