« 2009年4月30日 | トップページ | 2009年5月10日 »

2009年5月 4日 (月)

豚インフルエンザ 新型インフルエンザの治療法!?


今日 下記の記事をミクシーなどにコペしました

どなたでも 同じように下記をコピーしてペースト(貼り付け)

して 多くの人にこの情報を伝えてほしいです お願いします


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

豚インフルエンザにも効果があるといわれるMMSについてコメントさせていただきますが不適切と思われましたら管理人様 消去してください
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

MMS法という その治療法はいまだに特効薬が無く年間300万人もの死者を出しているマラリアに対しても2時間で効果を発揮して4時間から半日でマラリア陽性から陰性に血液検査反応でも確認されています アフリカのマラウイでは7万5000人以上のすべてのマラリア患者を完治させた事でマラウイ政府はMMSの使用を医薬品として出なくサプリメントとして認めています
 
そのMMSとはなんとコップに注がれた液体を飲むだけと言う とてもシンプルなもので 原料が亜塩素酸ナトリウム(漂白剤の原料でもある)とクエン酸を反応させて 炭素菌テロの時にも指定されている世界で最強といわれる殺菌成分の「二酸化塩素」を体内で作用させるというものです しかも体内の正常な細胞や菌などには害はまったく無いどころか 免疫効果を高めて赤血球と共に体内の隅々まで病原菌だけを殺菌するという奇跡のような大発見なのです しかも1回の治療にかかるコストは1~2円ですみます MMSの殺菌成分であります二酸化塩素は検索していただければ判りますが 炭素菌だけではなくあらゆる病原菌を殺菌してしまうほど強いものです それを人間が飲むなどして体内に取り入れるという考えは危険とされてきましたが この発見をしたアメリカのジム・ハンブル氏は非常に安全であると主張してMMSの製造方法までインターネットで公開しました 現在世界で30万人以上いるMMS使用者からは1人の事故や障害は起きていないどころか いくつかの病気にも効果があると主張しています

私は途上国の支援活動をしていますのでマラリア治療に使えるかと MMSの効果や副作用などを調べるために昨年の6月くらいからMMSを毎日自分で飲んで試しましたが もう1年くらいになりますが何の害や副作用はまったくと言い切れるほどありません  当初はいくつかの日本のNGOや団体 医療関係者などをあたりましたがどこも信じてはくれませんでしたが 昨年の夏に私は1人でバングラディシュに行きMMSを広めに行ったことで その後研究を始めたバングラの医師たちの情報を日本で伝えた所 関心を持ってくれるようになりました

医療関係の方々の中には 私が目の前でMMSの成分である亜塩素酸ナトリウム(漂白剤の原料でもある)と10%のクエン酸溶液をコップに混ぜて3分たち
液体が透明色から黄色く変色して匂いも明らかな漂白剤の強い匂いのする二酸化塩素が発生しているものの中に水を半分混ぜて飲み干すと驚きます そして世界で最強といわれる殺菌剤である二酸化塩素が飲んでも大丈夫だと判ると 次に 飲んだ二酸化塩素は胃から吸収されて血液とともに体を循環していて その殺菌作用はどのように体内で働いているかと関心をしめしました 

さらに私がそれを何ヶ月も続けて飲んでいることを知っている方々は特に興味を持ってくれるようになり 日本でも最近はMMSを飲む方々が増え始めました

MMSはサプリメントという商売的なイメージがありますが 製造方法まで世界に公開されていてマラリアに関しては1回の治療にかかる患者のコストは1~2円で済むことからビジネスではない事がわかります 海外で入手できるMMSでさへ4オンスビン1瓶が1000円弱で1年間の使用が家族で行えることから
お金儲けのビジネスではない事が判ります この発見をしたジム・ハンブル氏は
世界からマラリアをなくす事ができるとして自らアフリカで治療活動をしており その発見を世界に無償で公開しています  最近になり豚インフルエンザにも効果があるとして その調合をニュースで発信しましたので1度ご覧下さい

 下記に それらの情報が日本語訳にしてくださっている方により読めます 

ミクシーのコミュ 40番目から 
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=32680391&comment_count=43&comm_id=3431769


MMS-JAPAN
http://mms-japan.web.officelive.com/default.aspx


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月30日 | トップページ | 2009年5月10日 »