« 2009年6月6日 | トップページ | 2009年6月14日 »

2009年6月 7日 (日)

今週の霊査090607&MMSミラクル・ミネラル・サプリメントの記事&他ニュース

       今日の霊査 森先生 (財)日本心霊科学協会

  [ 後ろの霊の後退が始まりますので 後戻りしないように
          心境を高く保っていてください ]

   ありがとうございます 戻ってこないように常に心境を高く
   保つ努力をいたします 本当にありがとうございます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 あなたは今日何を食べましたか?おいしかったですか?


1円で マラリアの子供の命が1人MMSで救うことが出来ます

90円で 栄養のあるおかゆを2回食べられます (ブルキナファソ)
 
360円で ニワトリ1羽を飼うことができます (ウガンダ)
 
2,000円で 簡易トイレを1つ建てられます (バングラデシュ)
 
10,000円で 幼稚園の先生1名1ヵ月分の給与を提供できます 
                             (ベナン)

 
世界17%の裕福な私たちの国々の不正義な経済取引や政策の為に

1.6秒に1人 食べるものも水も薬もなく 死んでゆくだけの子供たち

彼らから搾取している裕福な国の私達の1昼食代の半分の金額でも

何十人もの子供の命が救えます 年間300万人 10秒に1人死んで

ゆくマラリアの子供たちの場合 1昼食代の半額を300円として考え

寄付するとMMSで300人もの命が1度の投与で2時間で救えます

彼らから搾取している私達は 1ヶ月に1度だけでも1昼食代の半分

たった300円の寄付を彼ら子供たちに行うことは出来ないのですか?

人間の命を救うことがあなたには出来ます あなたの1昼食代の半額

のお金でも 何百人もの搾取された子供たちの命が救えます 

それすら出来ない私達は いかで自分達を人間と呼べるでしょうか?


1食事代の半額の支援でも何人もの子供たちの命を救え守れます
 
HFWへ支援を!→  http://www.hungerfree.net/about/
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

MMSの質疑応答と計画

0000 さん  

>●ニンジンジュース(果汁100%・レモン)の飲用で、MMSの
>効果が薄れ>てしまうでしょうか?
>●ニンジンジュース以外では、コーヒー味の(カフェイン入り)
>飴を1個 MMS飲用後に、口直しに舐めたりもしていました。
>(ニンジンジュースとの併用はしていません)
>コメント欄に、コーヒーがダメだと、書いてあり、愕然としました。
>この場合、どのくらい効果が薄れてしまったのでしょうか?
>もし、お分かりになるようでしたら教えていただければと思います。

↑今のところ にんじんが二酸化塩素を弱めるという情報はありま
せんので問題は無いと思います 「コーヒーは駄目です」とだけジム
さんが言っていますので どうして駄目なのかは判りません

これからMMSの研究が始まれば色々な事が判ってくると思います

ジムさんのMMSを台所で製造する方法(16章・17章)のなかで
亜塩素酸ナトリウムが本物かを調べる時の塩素を調べるペーパー
は日本でも入手できるようですので にんじんジュースと混ぜた
MMSを数分置いてペーパーで検査するとか 数万円しますが
二酸化塩素の濃度を計測する小型の計器でにんじんジュースや
コーヒー その他のものを混ぜる前の活性化されたMMSの二酸化
塩素のPPM(濃度)と 何かを混ぜて数分置いた濃度を調べて 
または10分後 20分後のように混ぜないものと混ぜたものの
変化の違いを記録するのも良いと思います
 
(すみません ここからは話が変わりますが)
 それをどなたかが行ってその記録をジムさんに報告してください
 それは世界への大きな貢献となります

また血液の中でマラリア原虫がMMSにより死滅していく様子を
ビデオで記録すると 年間300万人 12秒に1人といわれるマラリア
で亡くなる貧困が理由で治療の受けられない子供たちを救うための
途方も無い大きな貢献になります MMSを否定する人や製薬会社
 商業至上主義者 WHOすらも 「MMSはマラリアには効かない」
「MMSは病原菌を体内で殺菌しない」「MMSはインチキだ」とごまか
せない証拠となり そのビデオを世界にMMSニュースとして新型イン
フルエンザと関連させたりして公開すれば多くの民衆がMMSの認可
に向けて MMSのマラリア治療への人道的緊急支援として導入を
求める声となるでしょう

今 私はアフリカのジムさんとのマラリア治療活動の参加を多くの方
に呼びかけています 医師の免許がなくても コップに注がれた
MMSをマラリアの子供たちに飲ませてあげるだけでいいのです 
マラリアのインフルエンザよりも強い症状・痛み苦しみの数々は 
たった1杯のコップのMMSの入ったジュースを飲むだけで [奇跡]
のように30分ほどで治まり 数時間で体内からマラリア原虫は検査
でも陰性になり消滅しているのです 世界の貧困を終わらせるのに
はジムさんの本に書かれてありますように8億人(地球人口の8人
に1人)ものマラリアに感染している貧困で治療も受けられない人々
のMMSによる体のケアから始めないと いくら毎年何百億円も
途上国に支援しても効率の悪い部分は残ったままになってしまい
ます ジムさんとのアフリカでの治療活動で多くの日本人が直接に
関わり 子供たちが次から次へと元気になって帰っていく様子や 
マラリア血液検査キットで100人以上の陰性に数時間で戻る記録
などをビデオや写真で写しインターネットなどで証拠・証言として世界
に公開する事でMMSは世界で認められるようになるでしょう 
そうなればMMSの研究も早まりガンや他の病気への治療法も
判ってくるでしょう 

今 ジムさんとの治療活動に参加者を求めています 費用は渡航費
と滞在費のみですが 現地でのツアーとしてのセッティングを行う
のに約100万円かかります セッティングが完了すれば 後から
誰が参加しても渡航費と滞在費程度で済むようになります 

その100万円の資金をサポートしてくださる方を求めています
内訳は正確に行います 残金が出る場合は返金します

わたしは昨年バングラディシュで展開しようと思いましたが
費用が足りませんでした(私の日記などに書いています) 
個人の私費で100万円以上使いましたが 達成できませんでした
しかし今回はジムさんと連絡が取れてアメリカ人とアフリカ人の
スタッフの方々も協力してくれる事になっています 撮影もOKが
取れました お膳立てが出来ていますので 後は費用と誰が行くか
です できれば私は行きたいです 英語の判る方が1人必要です
撮影や検査記録などは私がやります 

          どなたかの協力を求めています
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

昨夜送ったメール


今日 アメリカの00さんに送ったメ―ルですが この歴史的な計画に
百万円を必要としています どなたか協力をお願いいたします なお
このメ―ルは複数の方々に同時送信しています  

  お金が大事か 何百万人もの命が救えるチャンスが大事か


> 0000さん
>
> 昨夜 親戚の方にMMSと本等を渡しジムさんとのアフリカでの
 治療計画の話をしました
>
> すぐには返事はありませんが その方人脈があるので啓発して
 くださるといってくれました
>
> 早速 今日明日の埼玉・川口のリリアホールでの講演会でMMS
 の話をしてくださいます
>
> ジムさんには「日本のNGOなどを動かすために動いていますので
 今回のアフリカ行きは参加出来ませんが 次回には参加出来る
 ようにしたいです 今後と次回のアフリカでの治療活動などの情報
 を常に教えてください」  とお伝えしていただけますでしょうか
よろしくお願いいたします
>
> 新たな計画として 0000さんの本を売ることに力を入れます
>
> その収益はアフリカでのジムさんとのマラリア撲滅活動の資金に
 いたします
>
> 販売するに当たり 現在0000さんのサイトで紹介されています
 MMSと本等の販売をしている方々との調和をとりながら価格を
 設定して行いたいと思います そのことで なにかアドバイスや
 アイデアがありましたら どんな事でも教えてください
>
> 本を100冊お願いしたいのですが 飛行機と船の送料と時間の
 違いと合計額を教えて下さい お願いいたします その時に重量
 的に余裕があるのでしたら MMSは何本つめられるかも教えて
 ください そして その合計額もお願いいたします

> 今度の秋ころから再び新型インフルエンザが復活するとテレビでは
 言っています  その時に MMSのサイトでアフリカのマラリア血液
 検査反応陽性から陰性に奇跡のように数時間で戻る 顕微鏡写真
 やマラリア検査キットなど100人以上のデータを証拠としてビデオ
 動画映像や写真などで見れるようにしておくことで新型インフルの
 復活の時に 前回のようにとてつもない多くの人がサイトに訪問
> してきた時に 誰がなんと言おうと MMSはインチキではなく本物
 である事を理解していただけると思っていました  それはMMSが
 売れるだけではありません 多くの人が貧困が理由でマラリアで
 死んでゆく子どもたちの様子やジムさんのアフリカでの治療活動の
 様子 MMSというコップに注がれたものを飲むだで奇跡のように
 マラリアが数時間で治り 元気な表情で帰っていく患者達の様子
 なども見ることで貧困や飢餓に対しての関心をもってもらえる 
 いい機会でもあるのです
  しかし 今だにNGO関係の何人もの人にこのことを話しても 
 まったく反応がありません
 だから僕は 少し無理してでも このタイミングを有効に使うために
 アフリカに行きたかったのです  それによりMMSや本を販売して
 いる方の促進になると思っていました
>
> このMMSの記録映像とインフルエンザとの情報の公開は日本
 だけではなく世界中でMMSを知らせ伝える大きな効果があると
 思います
>
> 文章やデータだけよりも MMSがマラリアをどのように しかも
 奇跡のように殺菌するかなどをビデオや写真で見ることで 多くの
 人は理解して認識すると思います
>
> そしてMMSの反論者は反論できない証拠を見ます
>
> もしよろしかったら ジムさんに このアイデアを伝えてほしいです
 そして渡航費と滞在・活動費をサポートしてくださる方を ご紹介し
 ていただきたいとお伝え下さい
>
> もし いないようでしたら お金を貸していただけないかをも是非
 お伝え下さい
>
0000さんよろしくお願いいたします最善を尽くしやり遂げますので
>
>  
> 新型インフルエンザが騒がれた先月にミクシーと言うサイトの
 ミラクルミネラルサプリメントのコミュニティなど新型インフルエンザ
 とMMSの記事を載せましたら私の日記を見た方は(普段は数人
 ですが)1日で数百人 1分間に10数人と多い時は続きました 
> そこから誘導されてMMS-JAPANのサイトに来た 新しい訪問者
は1日で数十人でした 記事を載せるとスグに反応がミクシーにあり
少ししてMMS-JASPANに反応がありました その後に0000さん
や他の方々を紹介したサイトに行かれたと思います  ですので 
MMS関係者の方々と共同で少し戦略的に考えてみたいと思います 
少しでも早く世界からマラリア・飢餓貧困が終わる事を望んでいます
                               むつろう

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

    世界のマラリア・デング熱などを4時間で治してしまう    
     奇跡のMMS法=ミラクル・ミネラル・サプリメント


*MMSの二酸化塩素でマラリアはコストが1円以下で完治します    


MMSーJAPAN ホームページ
    http://mms-japan.web.officelive.com/default.aspx

        (ジム・ハンブル氏の本から↓)

「私は あなたがこの本を読みMMSを使用した後に確信を持って 
世界の貧困地域でいつ発病するかもしれない年間8億人ものマラ
リア感染者(世界人口の8人に1人の割合)と 毎年300万人
(10秒に1人)ものマラリアで死んでしまう子供たちを助けるために
このMMSを多くの人に話してくれる事を望みます    

MMSは通常2~3時間で作用します マラリアの場合はどの
マラリアでも通常4時間で作用します マラウイ(東部アフリカの国)
政府はMMSの臨床試験を通して2007年には7万5千人以上中1人
も残さずにマラリア患者を完治させました(1つの失敗もありません
でした マラリア原虫はすぐに死滅して消えました) かれらはすぐに
元気になり働く(労働)ために帰りました  MMSはその国の安定し
た労働力を確保し生産的な計画も立てられます・・・・」

続きは↓下からどうぞ
http://cid-a6230c55110682ba.spaces.live.com/blog/cns!A6230C55110682BA!121.entry

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 
     今までにない新たなマラリアに対する治療法が現れた
                      
MMS(ミラクル・ミネラル・サプリメント)と呼ばれるサプリメントが服用48時間以内でマラリアの症状を抑えるとの報告が寄せられている。 この治療法は米国人で金鉱脈の探査を行なっているジム・ハンブル氏によって偶然に発見された。 ハンブル氏は自身のオンライン書籍 [ブレークスルー] の中で1997年にガイアナでの金鉱脈探査中にそれを発見した出来事を語っている。 病院から遠く離れたジャングルの中で立ち往生し 彼の探査対のメンバー2人がマラリアの思い症状を示した  突然ひらめいてハンブル氏は彼が持参した水を浄化する液剤の1部を彼らに与えた 数時間後 彼らは回復したようであった  ハンブル氏はその後 この遠征の中でその処置が正しかった事を証明するため 意図的に自分にマラリアを感染させた この療法は自分によく効いた  彼によればMMSの活性成分は亜塩素酸ナトリウムで家庭用漂白剤の成分に非常に近いとのことである。  彼はその成分が胃酸と反応して血液中に二酸化塩素と言う反応ガスを放出するという理論を立てた。 詳細は不明であるが その物質は寄生虫を殺し 通常の細胞には害を与えず 塩と水に分解されていく。 亜塩素酸ナトリウムと二酸化塩素は両方とも水野浄化に広く使われており 塩素それ自体よりもはるかに安全であると考えている。 しかしながら 両方とも治療に使うことには知られていなかった。 ハンブル氏はMMS服用時におけるこれらの物質の少量の摂取は 一時的な吐き気を催すこともあるが無害であると主張している。 この治療のために必要な量はわずか数的であり 水やジュースに入れて薄めて使用される・・・・・

続きは下からどうぞ↓
http://mms-japan.spaces.live.com/blog/cns!A6230C55110682BA!120.entry

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ミクシーのコミュ[ミラクルミネラルサプリメント]
http://mixi.jp/view_community.pl?id=3431769


このブログにMMSの記事をいくつか書いています
http://141.txt-nifty.com/141/2009/01/post-d4a6.html
 

バングラディシュでのMMS活動と他の記事・写真などは
      ただいま このブログに書き込み中です

http://141.txt-nifty.com/141/2008/09/post-5b39.html
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月6日 | トップページ | 2009年6月14日 »