« 2009年7月4日 | トップページ | 2009年7月20日 »

2009年7月13日 (月)

聖なる男の子とアンデスの子ども


ミクシーのコミュニティ 『世界の肖像』 トピック
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=44483418&comm_id=1808806 より

エルニーニョ現象とは、
太平洋赤道域の日付変更線付近から
南米のペルー沿岸にかけての広い海域で
海面水温が平年に比べて高くなり、
その状態が1年程度続く現象です。

逆に、同じ海域で海面水温が
平年より低い状態が続く現象は
ラニーニャ現象と呼ばれています。

ひとたびエルニーニョ現象や
ラニーニャ現象が発生すると、
日本を含め世界中で
異常な天候が起こると考えられています。

気象庁の説明より
http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/data/elnino/learning/faq/whatiselnino.html


気象庁は7月10日、
太平洋赤道域の東部の海面水温が高くなる
「エルニーニョ現象」が
6月中に発生したとみられると発表した。

さて、上記の気象庁の説明に出てくる国
南米「ペルー」について、
イギリスのメディアBBCは、
7月12日付けで、
次のようなニュースを伝えている。


ペルーの厳しい冬の中、子どもたちが死んでいる
(Children die in harsh Peru winter)

記事によれば、
特に厳しい、今年の冬の寒さのため
5歳以下の子どもたち250人近くが、
死んでいる。

ただし、死んでいる子どもは、
都会の子どもではない。

ペルーでもとりわけ貧しい子どもたち、
特に、南部のアンデスの高地に住む子どもたちは、
犠牲者の3分の1を締めている。

慢性的な栄養不足に加え、
基本的な医療サービスが整っていない地域で、
子どもたちは、寒さをしのぐことが出来ずに、
凍えて死んでいる。


ペルーの冬は、まだ半ば、
子どもたちの冬は、まだまだ、続く。

------------------
関連リンク
気象庁
http://www.jma.go.jp/jma/press/0907/10a/elnino200907.html
http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/data/elnino/learning/faq/whatiselnino.html

BBC
Children die in harsh Peru winter
http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/8146995.stm


------------------
『世界の肖像』関連
あれから世界は変わっただろうか?
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=220585060&owner_id=5766188

あれから世界は変わっただろうか?2007
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=15270055&comm_id=1808806

最も愚かな理由、金のせいで死なせないだろう。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=260072883&owner_id=5766188

・・・生きることをあきらめなくてはならない
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=30401454&comm_id=1808806

転載は自由です その際はトピ先とURLをつけてください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月4日 | トップページ | 2009年7月20日 »