« 2009年9月1日 | トップページ | 2009年9月6日 »

2009年9月 2日 (水)

アフリカとハゲタカ

『世界の肖像』 トピック

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=17927298&comment_count=52&comm_id=1808806 より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アフリカ大陸の真ん中の少し下に、
ザンビアという国がある。


19の国立公園と23の動物保護区には、
アフリカでみられるほとんどの動物たちが暮らし、
そして、壮大な『ヴィクトリアの滝』。

もし、あなたが、ライオン・キングや、
ジャングル大帝レオの舞台を見たいと思ったなら、
ザンビアは、決して裏切らないだろう。

大自然、動物たちの王国。
まさに、イメージ通りの『アフリカ』、
それが、ザンビアだ。

だが、残念ながら、経済などの社会状況は、
他のいくつかのアフリカ諸国同様、
あまり上手く行ったとは言えなかった。

外国からの借金は、利子などで膨らみ続け、
1990年代には、
国家予算の中、
借金の返済に使う額は、
子どもの教育や、医療などに使うより多くなった。


日本の外務省のページには、
現在のザンビアについて次のように記述されている。

「人口の6割以上が
 1日1ドル以下で生活する貧困層であり、
 都市部では長年に亘る経済不振により失業者があふれ、
 犯罪も増加傾向にある。
 
 また、国民(成人)のエイズ感染率が高く(約16%)、
 現在、国民の平均寿命は38歳にまで低下している。
 
 特に農村部における働き盛りの年齢層の減少、
 エイズ孤児の数の増加(約60万人)は深刻である。」

だが、世界の人びとは、
決してそんな状況を
見過ごしてきたわけではなかった。

1990年代の終わりあたりから、
アフリカ諸国などの
この絶望的な状況に気づき始めた世界では、
この様な借金の返済で身動きの取れなくなった国々に対し、
返済を免除するべきだという声が高まった。


2005年のG8サミットでは、
日本などの先進国やIMF、世界銀行が、
世界の最貧国に対する債務取り消しを表明した。


そして、ザンビアも、その対象国の一つだった。


長い間、ザンビアにかけられていた、
重い鎖は、ついに、取り外された。

子どもたちの学校の無料化や、
医療制度の充実といった、
人が生きる基本的な部分に予算を使おう…
…そんな希望が生まれた。

そんな中、
ドニガル・インターナショナル
(Donegal International)という投資会社が、
イギリスのロンドンで、ある裁判を起こした。

その内容は、ザンビア政府に対し、
元の借金18億円に、利子と手数料を加えて、
総額66億円($55m)を、
ドニガル・インターナショナルへ
支払うことを要求するものだった。

実は、
1979年、当時のザンビア政権は、
東欧のルーマニアという国から、
18億円($15m)ほどのお金を借りていた。

しかし、その後、ザンビアの経済は崩壊、
返済の目処がたたなくなった。

1999年、
ザンビアとルーマニアとの交渉の中で、
ザンビアの支払額を
3億6千万円($3m)ほどに
減らす方向で話が進んでいた。


ところが、そこへ、
ドニガル・インターナショナルがやって来た。


ドニガル・インターナショナルは、
ルーマニア政府に対し、
その借金を回収する権利(債権)を、
3億8千万円($3.2m)で買い取ると言って来た。

そして、ルーマニ政府は、ザンビアの債権を、
ドニガル・インターナショナルに売った。

つまり、ザンビアにとっては、
借金の返済相手が、
ルーマニアから、
ドニガル・インターナショナルへと代わった。

その裁判で、
今年、2007年2月17日、
ロンドンの高等法廷は、
利子や手数料を一部差し引いた、
18億円($15m)の権利が、
ドニガル・インターナショナルにあることを認め、
ザンビア政府に支払いを命じた。


結局、ザンビア政府は、
ドニガル・インターナショナルへ、
18億6千万円($15.5m)を支払うことになった。


この額は、ザンビアにとって、
国家予算の3分の1、
今年、債務帳消しによって
新たに生まれた予算の
およそ半額に相当する。

4月26日、
アメリカ合衆国政府と、
HIV/エイズ、結核、マラリアの対策に取り組む
グローバル企業連合、
「三大感染症世界ビジネス連盟
 (GBC-Global Business Coalition
  on H.I.V./AIDS, Tuberculosis and Malaria)」は、
ザンビアの人びとに対し、
マラリア予防の防虫ネット(蚊帳)を提供するため、
3億4千万円($2.9)を寄付すると発表した。


ザンビアでは、マラリアで、
毎年5万人が死んでいる。

そのほとんどは子どもたちだ。

-----------------------------------------------------
関係リンク
ザンビア、本物のアフリカ(Zambia, The Real Africa)
http://www.zambia.or.jp/tourismj.html

ザンビアの写真
http://www.zambiatourism.com/galleries/gallerymenu.htm

日本外務相のザンビアのページ
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/zambia/data.html

New York Times
Zambia: 500,000 Anti-Malarial Bed Nets on the Way
http://www.nytimes.com/2007/04/26/world/africa/26briefs-nets.html

BBC
$37bn debt cut for poor nations
30 June 2006
http://news.bbc.co.uk/2/hi/business/5130450.stm

BBC
Zambia loses 'vulture fund' case
15 February 2007
http://news.bbc.co.uk/2/hi/business/6365433.stm

BBC
Zambia pays 'vulture fund' $15m
24 April 2007
http://news.bbc.co.uk/2/hi/business/6589287.stm

Democracy Now!
February 15th, 2007
“Vulture Fund” Company Seeks $40 Million Payment from Zambia on $4 Million Debt
http://www.democracynow.org/article.pl?sid=07/02/15/1528209

G8 leaders agree $50bn aid boost
http://news.bbc.co.uk/2/hi/business/4662297.stm

$37bn debt cut for poor nations
http://news.bbc.co.uk/2/hi/business/5130450.stm


NPO、Jubilee Debt Campaignの
「ハゲタカファンド」に抗議するページ
http://www.jubileedebtcampaign.org.uk/?lid=2895

-----------------------------------------------------
関連の以前書いたもの

小さなニュースの伝える大きな未来
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=15595666&comm_id=1808806

Can't you see what our love has done?
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=285072412&owner_id=5766188

最も愚かな理由、金のせいで死なせないだろう。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=260072883&owner_id=5766188

世界一希望を持つ人々
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=254716302&owner_id=5766188

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日 MMS-JAPAN のサイトの方にご連絡がありました  お名前などを伏せて お伝えいたします

メッセージ:
はじめまして。

昨日、銀座0000所長00さんからMMSという商品の話を聞かされ、目からうろこが落ちました。 以前からUSA国内で販売されているデトックス効果があるWAIORA社NCDを販売しておりましたが、 マルチ商法的に販売しているので、日本事務所よりHPでは販売するなということがありました。 いろいろな病気で苦しんでいる人がいるのに。。。なぜ?という気持ちが続いています。 現在、私は小さな輸入会社の代表をしております。私も微力ながら少しでも�! ��力になれないものか と思いメールすることにしました。  一度お会いしたいと思っております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

000 様

ご連絡ありがとうございます  
MMS-JAPAN ボランティアの石井と申します

私達はMMSでマラリアが奇跡のように短時間で陰性に戻してしまうことを啓発して 多くの人たちが草の根でMMSを広めてくださる事を望んでいます

今 計画していますのは アフリカでのジム・ハンブルさんたちとマラリアの治療活動に参加して 日本語の取材による コップのMMSを飲むだけで マラリア陽性から陰性に数時間で戻る 数多くのマラリア血液検査キットなどの証拠記録を ビデオ・写真  ジムさんたちと感染者方のインタビュー などを日本のNGOや支援者方にユーチューブの動画配信など インターネットの数多くのサイトで動画と写真を含めて伝え広める事を行いたいです それによりWHOがMMSの導入を認めてもらい 1日も早くに 世界からマラリアを終わらせたいと思っています

MMSがマラリアを短時間で安全に確実に陰性に戻してしまうことを啓発し続ける事で MMSがマラリア治療に世界が導入できるようになる事で そして各国でMMSの研究が本格的に行われるようになれば ガンやエイズ 他の病気に対してのMMSの改良や使用方法も判ってくると思います 

今 MMSを草の根で広める方法も取られていますが このマラリア計画も同時に行い 本格的なMMSの研究が早くになされ 多くの病気の使用方法が解明されるためにも ジムさんたちとのアフリカでのマラリア治療活動と その証拠記録作りは早くに行いたいです   この計画に資金面などのスポンサーを求めていますので もし そちらの方でも ご協力してくださる方がいましたら ご紹介してください  資金がサポートされれば スグにでもこの計画は始めたいです ジムさんとの連絡係りはアメリカの日本人MMS活動家の HI さんが行ってくださっています


私は 平日は勤めていますので 土曜日のお昼くらいからは時間は
作れますので  いつでも お気軽にご連絡下さい   

埼玉県鳩ケ谷市南5-34-10-305 石井睦郎 

携帯090-9853-3063
 



以上ですが もし この方とお会いできた時に伝えたい事は
MMSで貧困国のマラリアが治療されていく事で その方々が
働く事が出来るようになる事  ジムさんも本の中で言って
いますが いくら援助をしても マラリアで働けない人が
多くいるのに その分の援助資金は意味が薄いものになると

MMSによるマラリア治療活動と世界への啓発は世界の貧困問題
とも直接に関連があります  また 日本でも多くの方がMMSを
使用することで お茶の間に お醤油のようにMMSのボトルが
目に付く所に置かれる事で ホワイトバンド のように忘れさられ
ることもなく(私はまだ腕にはめっぱなしですが) 常にMMS
ボトルを見ることで MMSはもともと薬も買えない貧しい子供や
人々が世界で10数秒に1人マラリアで死んでいく  それを
助けるために作られたもの (元の名前も マラリア・ミネラル・
ソリューションです)  この1本のボトルでマラリアの子供たちを
数百人も救えること 1本のボトルの重みは数百人の命の重みでも
あり たった1杯のコップのMMSを飲むだけでマラリアの死にそうな
子供の命が奇跡のように数分から数時間以内には救えること 
1杯のコップのMMSの重みは 1人の苦しんでいる今にも死にそう
なマラリアの子供の命の重みと同じ事 と思え感じられるような 
啓発の道具ともなります

また MMSを購入すると その収益がマラリア治療活動に使われる
ことで 貢献にもなり MMSのサイトでは 今日は何千何百人の
子供の命が救えた と動画や写真などで その支援がハッキリと形に
なり 判るようにすることでも啓発になります

MMSは医師の資格や経験を必要としません 日本の小学生でも
現地へMMSマラリア治療活動のスタディツアーに参加出来 
現地の子供たちに 起動させたコップのMMSを飲ませてあげることが
出来ます 飲んだ子供は飲むだけで 確実に 安全に マラリアが
治療され陰性に戻ります

そのようなMMSスタディーツアーがあれば 貧しい国の子供や人々
の命を救いたいと願う日本のボランティアの人たちが医療の経験や
資格がなくとも出来る 生涯でとても大きな貢献になると思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月1日 | トップページ | 2009年9月6日 »