« 2010年4月29日 | トップページ | 2010年5月3日 »

2010年5月 1日 (土)

MMS1 Protocol Successful For 75 HIV Persons !!

Jimlecturing400w


http://jimhumble.biz/biz-hivandaids.htm

MMS1 Protocol Successful
For 75 HIV Persons. Return to Prior Page
Return to Home Page
Exit to MMS Answers

Spreading MMS Across the World With Your Help. MMS1 Protocol Successful for 75 Persons with HIV.


I’ve learned a bit about HIV since I started offering MMS to HIV-positive people. Here in Africa so far I have successfully treated 75 HIV cases during this visit (July-Oct. 2009). For many AIDS was far advanced. But, you have to look at what I consider "successfully." You see there is no test for checking to see if someone is HIV negative.

All the tests that have been designed have been designed to test for HIV positive. The tests detect antibodies to the HIV virus or they are designed to detect antigens. Antigens are substances that cause the immune system to generate antibodies. Unfortunately both antibodies and antigens will be with you long after the HIV virus is gone, maybe the rest of your life. That’s the immune system’s job, to protect you from the disease, or from the disease coming back by keeping antibodies available. So the present tests for HIV positive will never work for testing HIV negative.

Ok, so what is a successfully treated HIV person? Well here if Africa we have now come to consider that it is any HIV case that has lost all the various discomforts and symptoms and poor health that a person with AIDS has. In other words when he is healthy again we consider that his treatment has been successful. One other test that we apply, even though most doctors will say, “That doesn’t mean anything,” is the CD4 count. That is the white blood cells that the immune system uses to kill diseases and other things. It the CD4 count is back up to normal or going up to normal, we consider that a very good indication. The same situation exists for AIDS.

So in my opinion, when someone finishes this latest HIV protocol, I believe that he really is HIV/AIDS negative. So far the people here who have finished this protocol have remained healthy up to 4 months. Someday, they will have a test to prove HIV negative, but there is no such test now. And disgusting as it sounds, there are many false HIV positive tests reported, causing people to waste money and time and distress when it is not necessary, and of course the drug companies could care less as they just make extra money.

All the people treated with this protocol here are happy to be over their bad health, and suffering, and back to their normal lives. On their health sheet under “Other Data,” they all write, “Happy.” They are not worried about HIV any more as they feel that should their health deteriorate they will just take some more MMS.

Although the HIV protocol is a bit intense and takes three weeks, it is quite simple. It uses only MMS which is now called MMS1. Out of the entire group only 3 needed MMS2 because they had cancer, and that was handled too.

The new HIV/AIDS Protocol: Take 3 drops of activated MMS in juice or water for at least 8 hours straight every day for 3 weeks. Only those people who are very sick need to start out at less than 3 drops and hour. Use 3 drops of MMS, 15 drops of lemon juice, or 10% solution of citric acid, or 3 drops of 50% citric acid in a clean dry glass, wait 3 minutes and add 1/4 to 1/2 glass of juice or water and drink. Do not use orange juice, but most other juices are OK. BUT, if you notice nausea, or vomiting, or diarrhea, stop until the problem is gone, and then continue with less MMS for a few hours. But return to 3 drops an hour as soon as you can. Do not stop taking MMS.

If bad nausea persists take as little as 1/4 drop and hour. It's OK to stop until nausea is gone, but a small amount of nausea may continue for some time. Do not let a tiny bit of nausea stop you. Only stop if it gets to be irritating. NORMALLY VERY LITTLE NAUSEA OR DIARRHEA IS NOTICED, BUT IT DOES HAPPEN. If you have to go to 1/4 or 1/2 drop for a long time to prevent nausea that is OK but you should then extend your protocol an extra week.

The nausea is caused by killing pathogens as the pathogens dump poison into the system when they die. A normal healthy person notices absolutely nothing from taking a great deal more than 3 drops an hour. The more health problems the more likely you will be to notice nausea. Just handle it as given above and you will be OK.

Normally HIV positive people have what is called opportunity diseases that take over or get started because of the distressed immune system. Evidently the first thing MMS does is to go after those diseases. It provides ammunition to the immune system. The immune system then runs out and kills the pathogens throughout the body.

The reason why hourly doses are required is because HIV is a virus, or, maybe not. I know there are theories that HIV doesn’t exist and that AIDS doesn’t come from HIV. And the fact is about 50% of the people who have AIDS never were diagnosed with HIV. Fortunately, MMS doesn’t care one bit either way. MMS kills viruses in a different way than bacteria. It prevents the growth of viruses by preventing the formation of the special virus proteins.

However, it has been demonstrated that this takes longer than just blowing a hole in the side of the bacteria. It evidently takes more than 1 or 2 hours. How much longer I am not sure, but the 3 drops hourly for 8 hours per day for 3 weeks seems to work. I couldn’t join in the "AIDS-isn’t-caused-by-HIV" argument as I am not that smart. All I know is that MMS overcomes AIDS and either it kills HIV or it just kills all the diseases that are present. I believe though that something more than just bad nutrition is responsible for all those opportunistic diseases that seem to occur.

MMS is amazingly fast. How many people do you see losing their diseases and health problems in 3 weeks? Not many. There is no point in using DMSO in this protocol or MMS2 unless some unusual problem is present or comes to light.

Related topics: See the new protocol for stage 4 cancer Here . It actually works with all cancers. Read also the write-up on MMS1 and MMS2 verses Ozone and Hydrogen Peroxide Here .

Jim humble

http://jimhumble.biz/biz-hivandaids.htm


Copyright © 2008, 2009. Institute for Advanced MMS Studies, LLC. All Rights Reserved.


| | コメント (0) | トラックバック (0)

MMSはHIVの治療法となるか?

今日 アメリカからMMSニュースレターNO10が届きました(アフリカとHIV)

ジムさんの日本語サイトより
http://jhumble-japan.health.officelive.com/default.aspx


PDF
http://jhumble-japan.health.officelive.com/Documents/Jim%20Humble%20Newsletter.10.pdf より

アフリカとHIV (ジム・ハンブルからの報告)

昨年の5 月、私が南アフリカを離れた時には、飛行機に乗らずにバスに乗って南アフリカの北側にある国へと向かいました。アフリカに行かれる時はバスによる旅行を避けて下さい。これは私のアドバイスです。バス旅行は大変です。ある国にいる友人が私を招待してくれたので、バスで行くことに決めたのでしたが、ひどいものでした。この国のある地域ではHIV 陽性の人々が人口の60%位なので、彼は私の援助が要ると話してくれました。彼は私にこの国に2 年間滞在するように前々から要請していたので、今回、私が南アフリカに滞在していた時に頼んできました。それで、誰にも行く先を伝えずに、新しい冒険、特にHIV/AIDS の治療旅行へと出発しました。この国へ到着してから友人の自宅に一泊しました。翌日は、数時間ドライブしてあるカトリック教会の神父に会いました。彼は草原地帯にある大きなカトリック教会の代表者です。近くにある薬草クリニックへ行って、MMS の使用許可を求めたらどうかと言うのです。それで、この薬草クリニックの医者に尋ねたら、大変に積極的で、直ぐに健康問題を抱えている8 人の従業員を呼び集めました。この医者も含めて全員にMMS の混合液を与えました。次の日になると一人だけを除いて、全員が気分が良くなったと言いました。この一女性の腕の下側には大きな腫瘍があったのですが、少し小さくなったように見えました。それから全員がまたMMS 混合液を飲みました。翌日になると、もっと体調が良くなりました。

この医者がHIV/AIDS の患者にもMMSが使えるかどうかと聞いてきたので、「使える」と答えました。彼はHIV の症状について知識があり、この薬草クリニックの従業員の数名がHIV 陽性であることに気づいていました。それで、私たちはHIV の治療を開始しました。以前からHIV 陽性の人を観察して、それから南アフリカでの治療経験に基づいて、1 回の滴数を減らして1 時間毎に使用することを決めていたので、このクリニックでもこの使用方法を採用しました。ですから、HIV/AIDS ケースでは、1回3 滴以上飲まないように。そして、殆どの病気には、1 時間毎に飲むように勧めす。

私たちは、AIDS で苦しんでいる人に1 回3 滴、1 時間1 回、そして1 日8 回の使用方法でMMS を飲ませました。そして、気分が悪くなれば、3 滴から滴数を減らすようにと伝えました。何も反応がないのであれば、そのまま3 滴を維持するようにと伝えました。アフリカでの治療活動は本当に冒険です。人々は小瓶やハンドクリーム用のボトル、または何らかの容器を持ってきて、それらにMMS を入れました。私たちは3 週間分のMMSを与えました。それぞれのビンの蓋に小さな穴を開けて、1 滴1 滴と出せるようにしました。それから、帰宅途中で漏れないようにと、医者がボトルの頭をビニール袋でカバーをつくって被せました。また、活性化するために、レモン液を使うようにと伝えました。

私たちが近くの町へと行った時に、プラスチックボトルの製造工場を見つけたので、50ドルで1000 本仕入れることができました。その後、クエン酸パウダーも見つけることができたので、それからMMS の小瓶とクエン酸溶液(50%)が入っている小瓶を人々に与え始めました。クリニックでは、一人一人にMMS 混合液の調合方法を指導しました。彼らは教えたことを直ぐに覚えて、1 回3 滴を飲み始めました。はやく良くなりたかったのでしょう。飲み始め人は直ぐに良くなったのでしたが、何しろ医学的にそれを証明することができません。HIV の試験はHIV の抗体を調べるための試験です。しかし、免疫系は、体が病気になると、いつも抗体を生成します。そして、病気がなくなってからで、この抗体は長く存在します。私は事実情報を話しています。予防接種が免疫効果があると証明されたことはありません。それでは、免疫系がいつも抗体を作るので、HIV陽性の人が治ったことをどのように証明できるのでしょうか。簡単です。直接、この人に気分はどうかと尋ねるのです。もし、この人が気分が良い、元気になり、一人で仕事の戻れるとか日常生活に支障がないと、そしてHIV により生じる症状がなくなると、この人は「回復」したと判断します。

この方法が効を奏したようで、現地の病院の運営を邪魔したわけでなかったので、治療活動の妨害を受けることはありませんでした。人々は健康を取り戻すことができ、喜んでいました。私たちは6 ヶ月間で800 件以上のHIV ケースを治療しました。この数の中には、重症を含むガン患者-40 人(全員の腫瘍が消失)、心臓疾患-4 人(病院での検査で平常と診断)、下半身麻痺状態の患者―50 人(全員回復)、体重不足の患者-15 人(回復)、マラリア-多数(全員回復)、その他の病気と身体障害-多数(症状消失)、がいました。それでは、重要な事実をお伝えしましょう。現代医学は単一のHIV ウイルスをいまだに発見していません。この事実について論議されることがないのです。しかし、HIV/AIDSで苦しんでいる人々が存在します。ある人は数日以内に死亡するでしょう。それで、病院や医者はあなたがHIV を持っているかどうかどのように判断するのですか。病院や医者は免疫系がHIV ウイルスと闘うために作る抗体を調べます。悲しいというか皮肉というか-----。彼らはHIV ウイルスを見つけたことがない、しかし抗体を検査できる。それなら、これらの抗体がHIV ウイルスと闘っているかどうか、どのようにして判るのですか。医学界における論議が少し見えてきたようですね。AIDS 患者は、このような抗体を体内に持っているから、病院や医者はそれらをHIV 抗体と呼び主張しているのです。次の情報を読んで驚かれるでしょう。私たちが治療したHIV 陽性800 人はHIV 抗体の検査を受けて、HIV 抗体が見つかったので、全員がHIV 陽性であるという診断を受けました。そして、医者がARV 医薬品(数種の毒性医薬品)を処方して、一生涯続けてこれらの薬を服用しなければならないと言います。

HIV 陽性の人には服用しないと死亡すると、ARV を飲めば49 年間は生存できるであろうと言われます。友人や知人が葬式に出席する毎に金儲けが待っているということでしょうか。私はこれらのARV 錠剤が入っている薬箱を机の上に置いています。この箱の横には、臨床試験中に錠剤を飲んで死亡した事実があったと書かれています。さらに、臨床試験中に被験者70 人が錠剤を服用した後で何らかの病気や不快感を経験したと書かれています。それでも、(ビックリされるでしょうが)これらの錠剤を服用すれば、服用しないケースより、49 年間は長生きできると書いています。あるHIV 陽性者は服用を始めて2 週間ぐらいは気分が良くなったように感じると言いますが、ほとんどのHIV 陽性者は、ARV を服用する前と違って、少なくとも1 種の病気の症状が出てきたとか不快感を感じると発言しています。彼らのうち数人は足が痺れてきたとか、肺炎が治らないとか、数種類の不快な症状を経験しました。

製薬会社はアフリカの人々に毒性の医薬品を与えながら、数十億ドルを稼いでいます。ARV 製薬会社の文献を調べたら、ARV により寿命が延びるとはどこにも書いていないので、私はアフリカの国々の病院の医者たちと雑誌の記事だけがARV により寿命が延びると主張していることが分かりました。この方法によれば、製薬会社が告訴されることを避けることができますね。
それでは、グッドニュースをお伝えします。MMS はARV 薬を中和します。今までのところ、800 人全員が回復したので、ARV 医薬品を無効にしたと言えます。800 人全員がHIVの病気を失くすことができたのですから。そして、もし、本物のHIV ウイルスが体内に存在しているなら、MMS がそれらを退治します。いないのであれば、ARV を無効にするので、人々が元気になります。私は、医者が彼らにARV の服用を止めれば死亡すると伝えているので、ARV の服用を止めさせることはできませんでした。ですから、私も彼らに基本的に同じことMMS を続けて飲むようにと言いました。800 人のうち数人だけがARV の服用を止めました。わずか数人だけです。アフリカでは、アメリカと同様に、医者は「神様」です。医者に指示されるように、ある薬を飲まなければ死ぬよと言われれば、皆はその薬を飲み続けます。投薬治療が失敗しても、医者は「神様」であり続けます。それで、製薬会社は数十億ドルと儲け続けます。医者が治せない病気がMMS によって治り、医者は「神様」であり、発明者の私は単なる「ナイスガイ」であり、製薬会社はビジネスを続けます。

話を続けましょう。私の心に強く残る話です。この国に到着してから1 週間目の朝、ある女性から電話を受けました。誰にも私の電話番号を伝えたことがなかったのに、そして彼女は私に直接会いたいというのです。まだ朝の8 時であって、昨晩は遅くまで起きていたのでもう少し眠りたかったのでしたが、彼女は3 日間もバスに乗ってやっとこの町のバスステーションに早朝についてそこで仮眠をとった後だと言うのです。それで、私は彼女に会うことにしました。数分後に若い女性がドアを30 回ぐらいノックしました。彼女はスカートの下にズボンをはき、長袖のシャツを着ており、顔を布で隠していました。そして、長袖のシャツを脱ぎ、顔の布をとり、すぼんを下から巻き上げました。全身が炎症を起こしてただれており、口や喉にも広がっていました。ひどく苦しんでいました。私はハンドローションのボトル2 本を取り出して彼女の腕、足を洗った後で、MMS を空になったこれらのボトルに入れました。それから、3 滴の調合方法と、1 時間毎の飲用、濃い目のMMS 混合液をただれている部分へと塗る方法を教えました。彼女は約30 分ぐらい滞在したでしょうか。それから全身を前と同じようにカバーして、バスステーションへと戻って行きました。何度もバスを乗り換えて自宅に帰るまで千マイルぐらいの旅をしなければならないのでしょう。約3 週間後の朝、また一女性が私に電話をかけてきました。前回の女性のことをよく覚えていなかったので、電話をかけてきた女性に気づかなかったのでした。15 分後、またドアを誰かがノックしたので開けると、私の人生において会ったことがないような大変に美しい女性が立っていました。彼女は「ハロー」と言って、私たちは握手をしました。「私を覚えていないのですか」、私は「覚えていない」と答えました。それから彼女は「3 週間前に貴方の治療を受けた者です」と言いました。彼女は私の手を取って彼女の腕に置きました。それは赤ん坊の皮膚のように柔らかく感じました。彼女は英語をあまり話せなかったのでしたが、どこかでこのセリフを練習したようです。とにかく、このような経験をすることにより、「やりがい」を感じることができます。私の所へ来て「ありがとう」と言う人はほとんどいません。また、その必要もありません。それでも、彼女のような人が、滅多にないことですが、すべてを伝えてくれます。この国で誰もしなかったことを、彼女がしてくれました。別れる前に、彼女は私の所へ寄ってきて抱擁しました。彼女がどこでどのように私の電話番号を見つけたのか分かりません。それも、千マイル以上も離れた所に住んでいるのに…。私が聞かなかったので、彼女は話したくなかったのでしょう。新使用方法HIV 陽性者800 人が治ったMMS 新使用方法。最初は800 人全員が治ったのではないのです。約5%ぐらいは、使用方法を守らなかったので問題がありました。もちろん、その他の原因もあったでしょうが、最終的にほとんどの人々の治療に成功して、この使用方法に従った全員が回復したので、私たちは興奮しました。400 枚の治療報告書を持っていますから、希望者には差し上げます。友人の名前、国名、も教えてあげましょう。残りの400 枚は、現地の医薬品・毒物管理局の役人がやってきて没収しました。

新クエン酸溶液

1 回の滴数を15 滴まで増やす従来の方法より、1 回の滴数を3 滴に落とし、1 時間-2時間毎に飲む方法がより効果が高いことが実証されました。1 日最高8 回まで飲みます。HIV/AIDS、ガン、および生命に関わる病気に対応するMMS の使用方法新クエン酸溶液新使用方法では、50%クエン酸溶液(通常は10%クエン酸溶液)を使用します。You 簡単にこの混合液を作ることができます。蒸留水の量1に対してクエン酸粉末の量1を混ぜます(大匙1杯の水であれば、大匙1杯のクエン酸粉末)。そして標準のボトルに入れます。この粉末がないのであれば、レモン汁または酢を使って下さい。それから、MMS1滴に対して、このレモン汁または酢5滴を使って活性化します。50%クエン酸溶液を作った時は、クエン酸溶液保存用ボトルのラベルに50%と書きます。間違いを避けるためです。(緑色の食品着色料を数滴入れても良いです。)この50%クエン酸溶液と同量のMMS を使って活性化します。MMS1 滴に対して50%クエン酸溶液1 滴です。簡単です。この方法ですと、もっと早く、15 秒ぐらいでMMS が活性化されます。1 時間毎に飲む場合は、この方法が便利で簡単ですから、メリットがあります。旅行中にも直ぐ活性化させて飲むことができます。MMS1を3 滴飲む場合は、MMS1 を3 滴、コップの中に落として50%クエン酸溶液3 滴を入れてコップを振ります。15 秒待ちます。そうすると、混合液が茶色になります。HIV/AIDS に対処するMMS 使用方法: 上記のようにMMS を3 滴を活性化させて、ジュースまたは水を加えて1 時間毎に飲みます。MMS3 滴をコップに落として50%クエン酸溶液3 滴をコップに入れます(レモン汁の場合は15 滴)。コップを振って混ぜます。15-20 秒待ちます(レモン汁の場合は3 分間)。それから、水かフルーツジュース(ビタミンC が入っていない)を混ぜて飲みます。1 時間毎に1 日8 回飲みます。3 週間続けます。途中で吐き気がするとか、下痢が生じると、滴数を減らします。しかし、飲用を止めてはいけません。2 滴に落としても吐き気や下痢が続くのであれば、1 滴とか半滴にします。気分が良くなり始めたら滴数を増やします。この使用方法に従って3 週間続けて下さい。または元気になるまで続けて下さい。ヘルペスのようなケースでは3 週間以上かかります。

ガンまたは生命にかかわる病気のMMS 使用方法:上記の使用方法と同じですが、飲む回数を多くします。1 回3 滴を1 時間毎、1 日10 回飲みます。3 滴飲んでも吐き気がないとか下痢にならない場合は4 滴にします。吐き気や下痢が生じると2 滴に落とします。それから、1 時間毎に飲む滴数を3 滴、4 滴、5滴と、できるだけ多く増やして行きます。MMS2 のカプセルを飲むこともできます。しかし一度に沢山のカプセルを飲まないように、カプセルを半分に割って半分の量から開始して下さい。MMS 健康講座集のMMS2のセクションを読んで下さい。ガンのケースではMMS1 とMMS2 を併用できます。ガンの場合は、生命にかかわる病気として対応されるように、その他生命にかかわる病気の場合は、この使用方法に従って下さい。

ジム・ハンブル

This MMS Newsletter 0010 is under Copyright © 2010 Institute for Advanced MMS Studies, LLC. All Rights Reserved.

ご注意:本ニューズレターの日本語情報はジム・ハンブルの英語版情報と同様に、その著作権はJim・Humble に所属し、翻訳権はH.M Ikizake (Future Water, LLC)に所属します。すべてまたは一部の情報は閲覧者の教育目的だけのめに(無料にて)提供しておりますが、本サイト内のすべてまたは一部を利用されて、営利事業をされる個人または法人は、当方(info@mmsasia.net)までご連絡下さい。無断で転用されますと国際著作権法により厳しく罰せられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月29日 | トップページ | 2010年5月3日 »