« 2010年5月30日 | トップページ | 2010年6月3日 »

2010年5月31日 (月)

変わった 新たな NPO を みなさんで作りませんか? バングラディシュではこんな可能性も!!


ミクシーの日記より
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1501577058&owner_id=5283814

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


編集する 2010年05月30日23:59


マイミクの方と今日 新宿の四谷でお合いして MMSミ―テイング をして NPO を作りませんかと言われました

みなさん参加してください または ご協力下さいね


http://mixi.jp/view_diary.pl?&id=1501418337&owner_id=7512754 より


。。。。。。


ありがとうございます

ココ縄以外にもバングラディシュには ビ―トルズ の歌 ヘイ・ジュ―ド のジュ―ト麻がお米に次いで第二位の主要農産物てせす その麻でジ―パン や ジャケットなどを作り日本で売って収益を返してあげると ジ―パン 一本で平均的な4~5人家族が一か月暮らす事が出来でき 多少の貯金もできるほどの支援ができます 他にも日本のアイデアをバングラディシュに提供することで経済活性化にもなります
可能性や出来る事は色々あります

みなさんでアイデアを出して見て下さいね

たとえばバングラディシュで喫茶店を経営してみませんか? 月3万円でできます 日本の一円はバングラディシュでは30倍の価値があるので 人も雇用できます アイデアしだいで 黒字になります 今 バングラディシュは日本のアイデアが若者に大受けします 流行を作る事は可能です

その収益を 貧しい人々に還元して 子どもの教育や別の事業に回す事もできます

バングラディシュのテレビコマ―シャルも日本の若者のアイデアが 大受けすると思います

テレビドラマや映画も!

可能性は色々あります

ぜひ みなさんで 新しい考えの NPO を作りませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<<前の日記へ いしい むつろう の日記一覧へ
コメントコメントを書く
黒洲 次郎 2010年05月31日 00:07


ご紹介ありがとうございます。

宇宙の兄弟もきっと喜んでくれてると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・

いしい むつろう  2010年05月31日 09:33


> 黒洲 次郎さん

はい 宇宙の兄弟方と地球の高次の方々は共に密接な協労関係にあります

過去にかれらの誘導で私が協労した活動があります 下記のプロフィール内のバングラディシュの活動もご覧下さいね

http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/136094/121535/about

その中の[バングラディシュ商売繁盛計画]にも バングラディシュの状況とアイデアが書かれてありますので 見てみて下さいね ニコニコ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


いしい むつろう  2010年05月31日 13:09

想像してみて下さい

日本で高級なお店で買われる ブランドの衣類

その売り上げが 同じ日本国内のホ―ムレスの方々や貧しくて苦しんでいる方々に還元されたら


バングラディシュでは可能性があります


渋谷区千駄ヶ谷などで ニューモ―ド遅れの衣類などがグラムいくらで処分されているものも あります

それをバングラディシュや途上国のお金もちの方々に買ってもらうために しゃれたお店を作ります 途上国のお金もちの子どもたちや女性たちは 日本のように ショッピングできるところが非常に少なく限られています
おととしバングラディシュにできた スパゲティや肉るい デザート などの西洋食のバイキングレストランは 日本円より高い 3000円もするのに 毎晩 多にぎわいで大繁盛です

来る人たちは 国のトップの方々と その お子様たち

バングラディシュには そのように お金もちの方々の 娯楽場所が少ないです


バングラディシュに限らず 途上国でも貧富の格差が激しくなるばかり


バングラディシュのお金もちの方々が買った売り上げを貧しい子供達や人々に還元のすることは その国が他の国の援助をあまり受けなくても自力で貧富を解消させる ひとつの方法でもあります

アイデアしだいで 途上国を支援出来る方法は いくらでもあります


以前 いち主婦の方が 自分の書い絵のTシャツをバングラディシュで作り その方の近所のお店に委託でおいてもらい 売り上げがバングラディシュの子供達の教育に回るようにしました その ささやかな事が 回りの人達に貧困問題への意識の高まりを啓発させました


ちなみに バングラディシュでは その主婦の書いた絵のTシャツのデザインをコピーして売られました

彼らは 新しいデザインや流行 やり方などを 非常に求めています

それは 私たちが かれらの流行が判らないのと同じです


私もバングラディシュのホテルでクリ―ニングにだしたアロハシャツが なかなか戻って来なかったことがあり あとから そのアロハの型紙をとっていたから遅くなったのだと判りました ハハハハハ


うまく お金が いい方向に回るように考えていきましょうね

ニコニコ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月30日 | トップページ | 2010年6月3日 »