« 2010年7月14日 | トップページ | 2010年7月18日 »

2010年7月17日 (土)

MMSマラリア撲滅活動/メールのやり取り

どなたでも参加してください ご協力してください


20100711


HIROさん

お世話になります    MMSの英文の本

5冊か10冊ですと 送料含めておいくらになりますでしょうか

だいたいで結構ですので 判りましたら 教えてください

来月の始めころにミャンマーでのマラリア治療活動が

出来るかもしれませんので 持って行きたいのです

よろしくお願いいたします

            ムツロウ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

20100717
むつろうさん

英語の本10冊、そちらに届くように手配しました。
1週間以内に届くでしょう。

Hiro 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

20100717

HIROさん

ありがとうございます

お支払いを致しますので お知らせ下さい


ミャンマーでの治療活動は10月くらいになるそうです

今 ミャンマーは雨季ですので10月ころまで 車でいけない

ところが多く もし行くと10倍の時間とお金がかかると言われました

東京の0000000000000と言う会社の社長さん 0000さん

というミャンマーの方が 8月20日ころ仕事でミャンマーに戻られ

その時に厚生大臣などを回り MMSの治療の許可やマラリア検査キットの

手配などを調べてくれるそうです

私が治療活動が行なえるのは その後だそうです

それまでに 活動資金約100万円を目標に集める活動を行ないます

現在 32万円くらいしかありませんが がんばります!

                むつろう


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

20100717
東京の伝導瞑想の I さんから

・・・・・・・


(^O^)それで、水曜日の最終打ち合わせは どうでした?

振込み先など
あれば 教えて下さいね。
いよいよで
きっと、武者震いをして過ごされてるのかと、、、。フレー、フレー、石井さぁん!(^^)!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

> 00 さん
>
> 水曜日のミーティングで
>
> ミャンマーでの治療活動は10月くらいになるそうです
>
> 今 ミャンマーは雨季ですので10月ころまで 車でいけない
>
> ところが多く もし行くと10倍の時間とお金がかかると言われました
>
> 東京の0000000000000と言う会社の社長さん 0000さん
>
> というミャンマーの方が 8月20日ころ仕事でミャンマーに戻られ
>
> その時に厚生大臣などを回り MMSの治療の許可やマラリア検査キットの
>
> 手配などを調べてくれるそうです
>
> 私が治療活動が行なえるのは その後だそうです
>
> それまでに 活動資金約100万円を目標に集める活動を行ないます
>
> 現在 32万円くらいしかありませんが がんばります!
>
>
> もし どなたか 知り合いの知り合いでもかまいません
>
> ミャンマー タイ ベトナム アフリカでも マラリアの多い場所まで
>
> 案内してくださる現地の方を知っていましたら 教えてください
>
> 僕は どこでも マラリアをMMSで治し その貴重なデータを
>
> 公開したいです  よろしくお願いいたします
>
> 支援は大変ありがたいです 今回全財産を使い果たしてでも
>
> 計画を達成いたします 大宣言以降に役に立つように下準備のためです
>
>
>
> 振込は郵便局でお願いいたします
>
> 郵便貯金 
>
> 記号 10320 番号 84052351
>
> 店番 038 普通貯金 口座番号 8405235
>
> 埼玉県鳩ケ谷市南5-34-10 柴崎マンション305
>
> 電話 048-283-5338
> 携帯 090-9853-3063
>
>   石井 睦郎  まで よろしくお願いいたします
>
>        感謝いたします 頑張ります
>


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


----- Original Message -----
From: Hiro
To: muturou
Sent: Saturday, July 17, 2010 9:10 PM
Subject: Re: MMS英語の本


むつろうさん

無料です。

Hiro

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


HIROさん

感謝いたします!

治療活動が始まりましたら

誰も否定できない証拠

世界で認められたマラリア迅速検査キットでの

数多くの証拠を感染者の様子や検査の様子

検査の結果などの1部始終を3台のカメラで

記録してトリックがないことも確認できる

MMSが数時間もしくは1日で陰性に戻る

映像を世界に公開して まずは 日本のNGOや

企業などに伝えて 第2回目の治療活動による

証拠記録の検証をしていただくための 招待ツアーを

行います NGO間で うわさになり 多くの団体が

MMSでマラリアの治療が行えるように致します!!

ありがとうございます がんばります!

記録データはHIROさんにスグにお送りいたします

              むつろう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


----- Original Message -----
From: Hiro
To: muturou
Sent: Saturday, July 17, 2010 11:17 PM
Subject: Re: MMS英語の本


むつろうさん

ミャンマーのマラリアが、南米、アフリカのマラリアと
違うのかどうか、事前に調べられた良いですよ。
マラリア原虫が出す毒の強度によって、MMSの
滴数を変えなければならないので。
弱いやつは1回6~8滴ぐらいで大丈夫なのでしょうが、
強力なやつは1回15滴ぐらいになりますね。

Hiro

--- On Sat, 7/17/10, muturou wrote:

HIROさん

ありがとうございます

事前に調べておきます

何か 気付いたことやアドバイスなどありましたら

何でも教えてください よろしくお願いいたします

            むつろう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


00 様

日記を読まさせていただきました

00さんはミャンマーにお住まいなのですね


僕はエコパークと言うNPOを立ち上げる方から

ミャンマーのマラリア撲滅の協力が得られそうになり

今からミャンマーの事を勉強しています


2年前にミャンマーのサイクロンの時にもマラリアが

大発生したとニュースで見て そのちょっと前には

沖縄の池間哲郎さんのミャンマーのマヤンチャウンの

マラリアの森の記事を読み マラリアの治療活動を

したいと思っていましたが そのときは誰も知り合いが

いなくて また マラリアの治療薬などがミャンマーに

届けにくい状態になっていましたので バングラディシュの

カグラチョリからミャンマーに入ろうとしましたが出来ませんでした


僕はマラリアが専門ではなく 飢餓と貧困を世界から終わらせようと

活動をしていますが 2008年5月に MMSというマラリアの

新しい治療法を知り その治療法が数時間でマラリアを安全に陰性に

戻すことが判り マラリアにより貧困から抜け出せない原因を

これで解消できると思いました


世界のNGOや団体などが この治療法を導入すれば これまでよりも

早期にマラリアを撲滅でき 世界の貧困飢餓の解消の助けとなると

思いました


ようやく最近になり 医療関係の方やNPOなどの方々がMMSの

効果を理解してくださり 連絡をくれるようになりました

そして 実際のマラリア治療を行い その治療データがあれば

説得力のある啓発が行えるので協力してくださると言われました

アフリカのマラウイでは2006年までに7万5千人以上のマラリアが

治療されていて 現在もMMSの診療所は増えています

最近の報告では2009年10月から2010年3月ころまでの

約5ヶ月間でHIVが95%以上の確立で800人以上治療されたと

世界に発信されました

わたしは ミャンマーでマラリアの無償治療ボランティアを行い

マラリアキットでの数百人のマラリア陽性反応からMMSで

数時間から1日で陰性に戻る証拠のデータを写真とビデオで

記録して そのデータをもとに 協力者の方々と日本のNGOなどの

団体を回り MMS療法の啓発を行いたいのです


MMSはアメリカのジム・ハンブル氏が偶然に発見したマラリア治療法で

南米のジャングルの奥地でメンバーがマラリアで瀕死の状態になった時に

ジムさんは水を浄化する漂白剤に近い製品でメンバーと自分自身を

数時間から1日で治療できた事から 研究を始めて 誰でも無償で

MMSの製造と使用が出来るように世界にサイトで公開しました


これまでマラリア薬は数週間の服用と副作用が伴っていましたが

MMSはコップに注ぎクエン酸を足して15秒してから水で薄めて

飲むだけで数時間から1日で陰性に安全に戻してしまう 

とてもカンタンな治療法なのです


しかもコストが非常に安く ミャンマーなどの現地で製造した場合

1治療に かかるコストは0.1円以下なのです

そして医師の資格や経験を必要としなく MMSのサイトか本を

読めば誰でも その治療が自分で出来るものなのです


わたしは ミャンマーの 病院や医師もいない村や薬も変えない方々に

無償の治療を行い MMSの作り方や使用の仕方を教えて回りたいです

そして日本から 多くのNGOやボランティアの方々がミャンマーに

行き治療活動に参加出来るように進めて行きたいのです


ミャンマーだけでも マラリアを撲滅するのには 多くのボランティアが

必要です  私は世界からマラリアが撲滅できるまで頑張りますので

00 様 ご協力をお願いできないでしょうか

ミャンマーは今雨の時期で マラリアの多い村などに行く事は

できないのでしょうか

もし 今からでもマラリアの治療が行える村などがありましたら

私をそこまで連れて行ってほしいです そして 医療の知識のある方に

私が行うことを説明していただき その方が理解したら 後は私1人でも

そこに残って その方と治療を続けます その方が また新たな方に

教えて 新たな方の村に私も行き 治療を続けていきます

そのような方法で多くの方々の治療が行われて その治療データが

ある程度収集できましたら 私は一時帰国して協力者の参加を呼びかけます


治療できる村が確定できて NGOなどの団体の方々が 私の治療データの

検証に来られる時に ある程度の交通の便が良く 参加者の体調を崩さない

空調設備が整った宿泊施設のある場所も決めてから一時帰国いたします


わたしは 今 誰も協力者がいません

00 様 お力をかしていただけないでしょうか

どうか よろしくお願いいたします

       石井睦郎


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


MMSに関しては

ミクシーのMMSのコミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=3431769

MMS-JAPAN
http://mms-japan.web.officelive.com/default.aspx

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

MMS活動これまでの流れ
http://mixi.jp/view_diary.pl?&id=1538058400&owner_id=5283814

| | コメント (1) | トラックバック (0)

MMS 動物への質問/犬のフィラリア

ミクシーの ミラクルミネラルサプリメント のコミュから
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=54840050&comm_id=3431769


今日 質問がありました お名前を伏せて転載いたします

どなたか情報やご意見 アイデアなどをお願いいたします

英文のMMS投稿欄などには色々な質疑応答があるのですが

どなたか英語の判る方がいましたら 教えてくださいね

情報をすべての方々と共有していきます


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


> いしい様。
>
> 今日は。
>
> お久しぶりです。
>
> MMSの件でちょっとお聞きしたいのですが、今回は人でなく犬についてなのですが、フィラリアを発症した犬に対してMMSの使用した情報などがあれば教えていただけないでしょうか。
>
> 00


・・・・・・・・・・・・・・


00 様

お世話になります

フィラリアについてコミュの方でものせてみます

今のところ情報は入っていません

調べましたが 急激に殺菌してしまうと肺の動脈が

詰まるなど問題があるようですね 

MMSは4キロごとに1滴ですが 少量を少しの期間

続けていくのはどうでしょうか 例えば 30キロの

体重ならば約7滴になりますが 1~3滴を1日1回

1~3週間続けてみて 問題がないようであれば

1滴づつ 1~3週間ごとに増やして行きながら

様子を見て フィラリアの検査を定期的に見てみる


急激に殺菌するのは危険のようですから 慎重に

進めてみる

情報が入りましたら また お知らせいたしますね

             いしい


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月14日 | トップページ | 2010年7月18日 »