« 2010年7月18日 | トップページ | 2010年7月30日 »

2010年7月25日 (日)

MMSマラリア撲滅活動/メールのやり取り


ミクシーのMMSマラリア撲滅日記より
http://mixi.jp/view_diary.pl?&id=1537693443&owner_id=5283814

どのような情報でもかまいません マラリアに関する事を

教えてください また この治療活動に参加出来るかたも

大募集しています MMSでマラリアを撲滅しませんか


みんなで協力しながら世界を変えましょう!


いしい むつろう まで お願いいたします


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(ミクシーのマイミクの00さんとのやり取り)


> こんにちは
>
>
> 在ミャンマー日本大使館の方とジャイカの知り合い そして
> ミャンマー日本人会の会長に話を聞いてきました。
>
>
>
> こちらで 医療活動をするには 保健省の許可が必要だそうです
> 例えば 薬やキットを 個人的に 無料配布するということであれば
> 目立たなければ問題は起きないだろうけれど それらの活動を
> 写真などに撮って 公表することは大問題になるという話でした。
>
> 〔ミャンマーは 道路 橋 港に空港そして公務員からスーパーまで
> 公的なもの 或いは多数が集まる場所 全て撮影禁止です。
> 駅で撮影した日本旅行者が 連行されるのを二回も見ました。笑〕
>
>
>
> マラリヤは 田舎に行けば普通に風土病として あちら
> こちらで 散見できる一般的な病気ですから 画期的な 薬があれば
> 現地の方は とても喜ぶと思いますが 上記理由から なかなか
> 困難が伴うと思います。
>
> 一応 日本人医師 00さんが既に政府から許可を経て活動していますから
> この医者に処方してもらうとか 合法範疇であれば 私も多少は協力
> させてもらえる思いますが 現地の法に反する内容ですと 躊躇致します。
>
>
> それでは 取り急ぎご報告まで・・・
>
> 00

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


(私の返事)


00 様

色々調べてくださり 大変ありがとうございます

ミャンマーでの貴重な状況が判り ありがたいです


マラリアの治療記録に関しては 別の方法を考えます


ミャンマーでのマラリア治療活動は進めて行きたいです

考えたのですが ミャンマーではお寺が多いような感じですが

私は瞑想をしていますので お寺のかたにMMSをお渡しして

飲み方などを お伝えできたらと思いますが どうでしょうか

そのような所がありましたら 連れて行っていただけますでしょうか


この活動はマラリアの撲滅を目標にしていますので MMSを

ミャンマーで製造できるようにして流通出来るようにしたいです

MMSは亜塩素酸ナトリウムを22.4%に薄めただけのものなので

ジュースを造っています工場であればカンタンに出来ます

2007年の夏にバングラディシュで別の活動をした時にお世話になった

アキズ社というジュースも製造する会社のナシール氏にお願いしようかと

思いました それは その方はジュート麻や煙草なども製造販売する

大きな会社なので 政府や厚生大臣などにもコントロールが効くので

マラリアの治療活動と治療記録が行えると思いました

しかし その時は 宗教的な関係が ガイド通訳とありましたので

ナシール氏にはお会いして話せませんでした また マラリアが

バングラには少ないこともありました しかし MMS以上の

安全で早くにマラリアに効果があり コストの安いものは存在しません

WHOなどがMMSの導入を開始すれば MMSを製造流通しなければ

なりませんことは確かです また MMSの使用を説明指導する

人の育成も今から準備しなければなりません


そのような感じで ミャンマーでジュースの社長さんか MMSを

事業として考える企業がありましたら その方々に治療の記録と

治療活動を行えるようにしていただければ MMSを世界に流通

出来るように働きかける事が出来ます 私はマラリアが世界から

撲滅でき 貧困飢餓が世界から終わるように努力します


まったく新しい事ですので まだ色々考えなければなりません


00 様 今後とも よろしくお願いいたします

             石井


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(アメリカのHIROさんあて)

HIROさん

お世話になります

本が届きました ありがとうございました


今日下記の00さんから電話があり ジムさんを日本に呼び講演会をする場合に

ジムさんの渡航費や経費 依頼料などを含めた費用が知りたいといわれました

ジムさんに確認を取っていただくように お願いいたします

日本のユーザーからも 何人もの方々から 要望がありましたので

よろしくお願いいたします

この件をジムさんにお問い合わせいただくときに 2件目のことも聞いてください

2件目は別のメールでお送りいたします

                     むつろう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


HIROさん

お世話になります


今 ミャンマーでの治療活動の下調べなどの準備をしていますが

今日知らされた報告では ミャンマーでの治療活動が出来ても

撮影は許可されないとのことです 民主化されてからは判りませんが

今の段階では無理なようです


そこで マラリアの治療記録を私がジムさんの所で行うのに 協力を

お願いしたいとお伝え下さい 手紙の内容は以下です

よろしくお願いいたします

              むつろう


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ジムさん  

お世話になります 日本で活動しています MMS-JAPAN の石井です


前回のアフリカでの この治療記録活動は資金が足りなく出来ませんでしたが

今回はジムさんへの寄付を送金しながら 何とか渡航費は貯まりました


日本で MMSを広めてくださると言う 医療関係や企業 NGOなどの

MMSを個人的に使用されて素晴らしいと効果を認めたユーザーの方々から

共通して言われた 必要なものがあります  それは マラリア検査キットでの

マラリア陽性反応から MMSを飲んで 数時間または1日で陰性に戻る

マラリアキットでの証拠の写真と ビデオ映像記録 数十人から100人以上

が必要で それがあれば 企画として立ち上げられるとのことです  また今計画

しています ジムさんに来日していただく講演会の資金集めなどにも必要です

その講演会や 今後続くセミナー また NGOなどがMMSでマラリアの治療を

行うのにも プレゼンテーションでそれらの証拠となる映像記録の提示は必要です



私も2年前にNGOや活動家などを回りましたが 同じことを言われました

マラウイの証明では不十分で 日本人が日本語で取材して 治療の様子を

1台のビデオカメラでは診療所内の様子を流し撮りして もう1台のビデオカメラで

感染者の血液検査の様子 キットでの反応 等を部分的に撮り トリックがない事を

証明する記録を撮ります  これにより 世界規格で認められたマラリア検査キットで

MMSが確実にマラリアを陰性に戻すという証拠の数々が記録されて 誰も

疑う事ができないようにする事は 企画を通す時に有利になるばかりか 今後の

MMSを広めていく事業でも有利になります



私は ミャンマーやベトナム タイなどのアジアでMMSによるマラリア撲滅治療活動を

展開していきますが その場合にも各国の厚生大臣に説明する時にも この証拠記録

は必要なのです 



2008年の夏に この治療データを記録しようとバングラディシュに行きましたが

その時は出来ませんでした 英語のMMSの本とMMSキットのセットを 15の

病院に説明しながら渡すだけの活動になりました その時に使った費用は

100万円近くかかりました 私はオートバイで書類を配達する仕事なので

私には大金でした  翌年にジムさんにアフリカに来いと言われた時には リーマン・

ブラザースの事件があり仕事が無くて  全財産が数十万円しかありませんでした

MMS-JAPANのサイトでユーザーの方や人々に呼びかけを行い ジムさんへの

送金をしながら この治療データ収集のためのお金がわずかですが貯まりましたが

渡航費用くらいしかありません  ですので ジムさんの協力を必要とします



ジムさんにお願いする事は 私がジムさんのところに行きますので 宿泊と食事を
 
提供してください そして マラリアの治療の様子とマラリアキットでの検査反応の

記録を撮らせて下さい  その記録は ジムさんとも共有して サイトなどで

公開してもかまいません その方が説得力と信用が高くなり 世界のNGOなどに

協力を求めやすくなります



私の計画としては この夏にジムさんのところで記録したデータで 企画を立てて

今年の11月から来年の2月の間の ミャンマーでのマラリア治療活動に 多くの

NGOや活動家 企業などを招待して その マラリア治療記録データの検証に

立ち会っていただくようにします  それにより 多くのNGOや個人も MMSで

マラリアの治療が出来るようにします


ミャンマーは国家を挙げてマラリアの撲滅を 国家計画に盛り込んでいますが

なかなか進んでいません ミャンマーでは感染症での死因の1位はマラリアです

ミャンマーでは治療活動は行えるのですが 写真やビデオの撮影の許可が

出ません   ですので ジムさんのところで治療記録の撮影をさせてください


その治療記録を元に多くの方々にも支援を求めます そして その支援金は

今までどおりに ジムさんの財団に送金いたします  これまでの送金の確認を

してください 私は1セントも間違いなく送金しています


ジムさん よろしくお願いいたします 

                  Muturou Isii


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

HIROさん 

このジムさんのところでの治療記録をする時に HIROさんも最初だけ

通訳をしていただけないでしょうか  後は同じ作業の繰り返しになりますので

僕1人でも大丈夫ですので 

または ジムさんと 電話で打ち合わせていただく方法でも大丈夫です


一生懸命に頑張りますので

よろしくお願いいたします

           むつろう


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ミクシーのMMSマラリア撲滅日記より
http://mixi.jp/view_diary.pl?&id=1537693443&owner_id=5283814

どのような情報でもかまいません マラリアに関する事を

教えてください また この治療活動に参加出来るかたも

大募集しています MMSでマラリアを撲滅しませんか


みんなで協力しながら世界を変えましょう!


いしい むつろう まで お願いいたします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月18日 | トップページ | 2010年7月30日 »