« 2011年8月17日 | トップページ | 2011年9月10日 »

2011年8月27日 (土)

MMSマラリア撲滅活動の最近の流れ

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1757962635&owner_id=5283814 の続き

現在 MMSのマラリア治療の場所を探していますが

幾つかの機関や団体 個人の方々から ご協力が

得られつつあります

しかし まだ 特定されていません

治療地が見つかり次第 出発して 活動を始めますが

まだまだ 治療地は これからも探していきますので

皆さまご協力をお願いいたします

マラリアの撲滅には マラリアの治療地が 1つや10では

足りなく 100でも1000でも足りません また ご協力くださる

協力機関や団体 個人の方々も 多くを必要とします

マラリアを早期に できれば2015年までには 半減以上させたいので

ご協力を よろしくお願いいたします

それにより 貧困・飢餓を 1秒でも早く 終わらせたいです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日 ある機関の方に 英文にしていただくため

プロポサールを送りました

・・・・・・・・・・・・


00さん

お疲れ様です

以下に プロポサールを書きました

どうか よろしくお願いいたします

石井


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


プロポーサル

1、石井さんの団体組織名、説明。

団体名:MMS-JAPAN

説明:MMSという 二酸化塩素(CLO2)による 安全なマラリアの治療とマラリアの撲滅啓発活動
    


2、プロジェクトのタイトル

タイトル:マラリア治療の撮影

3 期間と場所

期間:2011年10月から12月までの間 約1ヶ月間

場所:マラリアの多い場所 マラウイでもケニア または アフリカ以外でも
    構いません
 

4、目的

目的:2015年までに 世界のマラリアの75%を 撲滅すること


5、活動内容と計画

活動内容と計画:MMSによる マラリア治療の成果をテレビ局でも使用できるように
映像記録を作り マラリアの研究や治療に関わる団体や機関になどに 啓発する

MMSは薬品ではないので 健康飲料としてジュース会社との提携で 世界に流通
させることで マラリアの撲滅が早期に行える事や MMSを飲んだ人の血液を吸う
マラリア原虫を持つ蚊が陰性になること マラリア以外の病気の緩和が行われるため
働けなかった貧困国の人々が働けるようになり その国のGDPを上げてゆくことなど
多くの利点を啓発したいです 企業などの協力を求めるために マラリア薬の数千億円
の市場の見込み や マラリアの撲滅にかかる 大まかな 費用の数字などを提供したいです


6、準備するもの

マラリア迅速検査キット 500~1000キット

マラリアの多い地域への 適した車両

7、何人のスタッフが必要

ドライバー 兼 通訳 兼 ビデオ記録係り 1人~2人 

出来れば マラリアの多い現場でのドクターまたは医療の心得のある方 1人

8、その他

今回の活動は MMSの効果を 検査キットなどによる結果をビデオ記録致します

それを元に 日本だけでも100機関以上もあると言われる マラリアを研究されて

います 大学の研究部門や企業を含める団体 マラリアの治療に関わる 方々にも

MMSを ご紹介して 次回には その団体や方々と MMSの検証に立ちあってもらうなど

の ツアーも考えています


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 MMSのコミュへの書き込みから

ご報告


マラリアの治療地は まだ 確定していませんが

近々 第2回目の MMSマラリア治療活動を

行いますので 昨年同様に ジムさんへの

送金も この活動費に回します


現在 ジムさんは もうお年なので マラリアの

治療が 難しくなっています できれば 早くに

私の マラリア治療が どこかの協力が得られて

起動に乗れば ジムさんも マラリア治療の活動が

行えるようになります  そのためには 実際の

マラリア治療に 集点をおいて 活動することが

大切です まだ MMSは マラリア以外に 完璧な

効果が 期待できません MMSによるマラリアの治療が

早くに どこかの国や機関に認められて 本格的な研究が

されることで 自動的に迅速に マラリア以外の病気への

MMSの効果や使用方法の解明が なされるものとなります

現在は マラリア以外の病気に対しては 完全ではなく

それでも 多くの病気の方々が MMSに 期待しています 


私は この方々のためにも マラリアでの治療実績を

早くに作って なぜ? マラリアに効果があるのかと

どこかの機関や国が 本格的な研究を始めさせなければ

なりません それにより ほぼ同時期に マラリア以外の  

病気への MMSの研究もなされます

もし 2008年の夏に どこかが協力してくれれば とっくに

MMSのマラリアの研究と 他の病気への解明が 行われていた

と思います この3年の間は 無駄に過ぎています これからも

無駄に時間だけがすぎるのでしょうか? 


皆さまの ご協力を 必要としています

よろしくお願いいたします


マラリア撲滅活動の最近の流れ(2011年)
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1757962635&owner_id=5283814

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=64131332&comm_id=3431769

石井睦郎

・・・・・・・・・・・
 

20110715 TM 2500
20110725 KA 3750
20110725 KH 25000
20110726 S? 2500
20110728 KH 30000
20110729 SH 1250
20110729 KH 1750
20110809 AY 2800
20110812 KH 43750
20110818 TT 1250
20110822 KH 12500
20110825 SS 1250

   計  128300 

 総合計  838932 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マラリアの撲滅には マラリアの治療地が 1つや10では

足りなく 100でも1000でも足りません また ご協力くださる

協力機関や団体・個人の方々と 活動の資金も多くを必要とします

マラリアを早期に できれば2015年までには 半減以上させたいので

ご協力を よろしくお願いいたします

それにより 貧困・飢餓を 1秒でも早く 終わらせたいです


2010年11月のインド・オリッサ州でのMMSマラリア治療記録
http://141.txt-nifty.com/141/2010/12/m.html


MMS支援金報告
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=50039565&comment_count=37&comm_id=3431769

MMS とは

Malaria Solution
マラリア・ソリューション


Miracle Mineral Supplement
ミラクル・ミネラル・サプリメント


Miracle Mineral Solution
ミラクル・ミネラル・ソリューション


Master Mineral Solution
マスター・ミネラル・ソリューション


の略で 

Jim Humble ジム・ハンブル氏によって

マラリアの治療法として発見され 

研究開発されたものです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月17日 | トップページ | 2011年9月10日 »