« 2011年9月24日 | トップページ | 2011年10月15日 »

2011年10月 8日 (土)

STAND UP TAKE ACITON 2011

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ STAND UP TAKE ACITON 2011
┃ メインイベント

┃        【 震災をとおして見えた世界と日本 】

┃ ・日時 2011年10月15日(土) 13:30~19:00
┃ ・会場 国連大学(東京・表参道)
┃ ・内容 [第1部]オープニング&パレード
┃     [第2部]トークセッション

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.standup2015.jp/event/

日本が大規模な自然災害に襲われた2011年。食料や生活必需品が手に入らない。
電気や水がない。自分ひとりではどうにもできない問題を前に、私たちは無力さ
を感じずにはいられませんでした。

でも、大変な中で協力しあった経験や、世界中からのメッセージや支援に、つな
がりが持つ力を実感しました。それならば、今なお深刻な世界の貧困に対しても
私たちにできることがあるはずです。

国境を越える音楽に勇気をもらい、パレードで貧困解決をアピール。
震災を経て何ができるか、ゲストとともに考える。
年に1度の「世界貧困デー(※)」を前に、つながり、ともに行動することで、
貧困のない世界の実現を後押ししてください。

※10月17日は国連「世界貧困デー」です。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃              イベント詳細              ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

○日時  2011年10月15日(土) 13:30~19:00
○会場  国連大学(東京メトロ各線表参道駅B2出口徒歩5分)
     渋谷区神宮前5-53-70
     http://unu.edu/administration/contact-us
○内容  [第1部]オープニング&パレード
     [第2部]トークセッション

○参加費 無料 ※当日寄付歓迎

○お申し込み
下記ページで最新情報を確認の上で、掲載されているお申し込みフォームに
アクセスして必要事項をご記入ください。
http://www.standup2015.jp/event/

※事前のお申し込みをお願いしています。当日参加は会場等の都合上ご遠慮
 いただく可能性がございます。あらかじめご了承ください。

■第1部 ――――――――――――――――――――――――――――――――
 オープニング&パレード
 時間 13:30~16:30  会場 国連大学
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
国境を越える音楽に勇気をもらい、パレードをスタート!
パレードは15:30に国連大学から出発予定です。プラカード、鳴り物、着ぐるみ
など、思い思いの姿で貧困解決をアピールしてください。

【パレードコース】
国連大学~表参道~神宮前~渋谷駅前~宮益坂~国連大学。

※約1時間のコースです。コースは今後変更される可能性があります。
 最新情報はホームページをご覧ください。

【出演者】
○チャールズ・カプトゥさん(コンゴ民主共和国出身)演奏 ほか

■第2部 ――――――――――――――――――――――――――――――――
 トーク 震災をとおして見えた世界と日本
 時間 17:00~19:00  会場 国連大学ウ・タントホール
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
それぞれの立場から震災をとおして見えた「世界の中の日本」を語り、
未来に向けた私たち一人ひとりの行動を考えます。

【出演者】
○北澤 豪さん
サッカー元日本代表、財団法人日本サッカー協会特任理事兼国際委員、
JICAオフィシャルサポーター。社会貢献活動にも積極的に取り組み、サッカーを
通じて世界の子どもたちを支援できる環境作りを目指す。

○ニャーナセルバム・バサンタカラさん
スリランカから来日。同国東部バッティカロア県「ティルペルンテェライ地域
開発協会」所属。04年インド洋大津波に被災。内戦を乗り越えてコミュニティの
再建に尽力している現地リーダー。

○伊藤 恵美子さん
絵本作家。子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク代表発起人。

○八木 夏海さん、高橋 祥夏さん
岩手県立不来方(こずかた)高校3年生。

【ナビゲーター】
○丹羽 順子さん
J-WAVE LOHAS SUNDAYナビゲーター。サステイナビリティ活動家。1児の母。
メディア・デザインと次世代著作権のあり方を学んだのち、ヨーロッパの大学院
にて持続可能性のトレーニングを受ける。映像制作、イベント企画、翻訳、
司会業などフリーランスで活動中。

□お願いと注意事項 ――――――――――――――――――――――――――-
―第1部に参加される方へ
・鳴り物やプラカード、バナーなど、「世界の貧困を解決したい」という想いを
 アピールするツールをぜひお持ちください。
・荒天中止、雨天決行です。雨天の場合は透明傘やレインコートなどを各自ご準
 備ください。荒天による中止の場合には、当日正午までに公式ホームページ
 ( http://www.standup2015.jp/ )にてお知らせいたします。
・会場に荷物置き場はありません。パレード中も荷物を携帯していただきます。
 身軽な格好でお越しください。
・パレード中は、水分の確保を適宜行ってください。
・パレードは警察の先導のもと、車道を通行します。安全には十分ご注意のうえ
 ご参加ください。

―第1部、第2部共通
・メディアや主催者の発行物などに当日の写真や映像が使用される場合がありま
 す。ご了承いただいた上でお申し込みください。

■お申し込み ―――――――――――――――――――――――――――――-
下記ページで最新情報を確認の上で、掲載されているお申し込みフォームに
アクセスして、必要事項をご記入ください。
http://www.standup2015.jp/event/

※事前のお申し込みをお願いしています。当日参加は会場等の都合上ご遠慮
 いただく可能性がございます。あらかじめご了承ください。

□運営 ――――――――――――――――――――――――――――――――-
本イベントは下記団体が運営いたします。

主催: 動く→動かす、地球サミット2012 Japan
共催: 国際連合広報センター(UNIC)
    一般社団法人環境パートナーシップ会議
    Farmer's Market Assosiation
助成: 独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金

【お問い合わせ】
動く→動かす(担当:笠原)
TEL 03-3834-6902 (平日10:00~18:00)
E-MAIL info@standup2015.jp

〒110-0015 東京都台東区東上野1-20-6 丸幸ビル2階
特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 気付

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■STAND UP TAKE ACITONとは
STAND UP TAKE ACTIONは「立ち上がる」ことで、貧困解決やそのための目標
「ミレニアム開発目標(MDGs)」の達成を目指す貧困解決キャンペーンです。
2006年に始まりました。

2011年は10月1日(土)~17日(月)に開催。
立ち上がり、写真と人数を公式サイトに投稿することで参加できます。

★公式サイト http://www.standup2015.jp/
★携帯サイト http://www.standup2015.jp/m/

★ブログ http://ameblo.jp/standup2015/
★Twitter http://twitter.com/sutajp ハッシュタグ #sutajp
★Facebook http://on.fb.me/SUTA2011

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
動く→動かす 通信
────────────────────────────────────
発行者:動く→動かす
〒110-0015 東京都台東区東上野1-20-6 丸幸ビル2階
特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 気付
TEL 03-3834-6902 FAX 03-3834-6903 (平日10:00~18:00)
E-MAIL office@ugokuugokasu.jp URL http://www.ugokuugokasu.jp/
------------------------------------------------------------------------
*受信登録をされた方、スタンド・アップに参加した方にお送りしています。
*配信停止はこちらから
─まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0000289653.html
─独自配信 office@ugokuugokasu.jp にその旨ご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2009-2011 動く→動かす all rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月24日 | トップページ | 2011年10月15日 »