« 2014年1月13日 | トップページ | 2014年1月24日 »

2014年1月21日 (火)

MMSマラリア撲滅ためのメール


Sent: Tuesday, January 21, 2014 2:40 PM

石井さんへ

新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

MMSの成功と多くの人の命が救われることをお祈り申し上げます。

またお聞きしたいのですが、
マラリアかどうかわからないのですが、マラリア薬ばかり飲んでも肝臓を悪くするので、MMSを飲みたいのですが、症状は頭痛がするだけなのでマラリアであればひどくはないと考えられます。

数日かかってもいいので、マラリアの場合、少量からどうやって飲みますか?

00


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


00さん

明けまして おめでとうございます

今年もよろしくお願いします!

マラリアの兆候が重くでている場合は ジムさんの使用方法を私は行いました 大人の場合15滴飲んだあと1時間後再び15滴です 子供の場合は体重にもよりますが 大人の量の半分か3分の2で 8滴から10滴くらいです これは水で割ったものを飲みますが 200CC以上の水で飲みます 水はすぐに飲むのであれば多くても問題はありません 多いほうが辛くないです  ジュースや砂糖の入ったもので割る場合は これまでの二酸化塩素計測では ジュースの種類にもよりますが  すぐに飲む場合は二酸化塩素の減少は少ないですが時間が経つと二酸化塩素が消えてしまうジュースもありましたので すぐに飲むようにして下さい  
ジュースなどで割る場合は二酸化塩素の減少がありますので 1.5倍から2倍のMMSの量 大人23~30滴を使用します

マラリアの兆候が軽い状態でしたら 夕食後寝る前に15滴 朝昼食後自分の気分の悪くならない最大量数滴~を 1週間~10日くらい 続けてみてください それだと無理なく 体内殺菌が行えると思います これは 新型インフルエンザが流行した時にMMSだけで治した方々からの報告の平均です 

インフルエンザなどのウィルスによる病気は 風邪かな?と思った時にすぐに飲みますと翌日には完治していますが 日にちがたちますと体内でウィルスが蔓延してしまいますので 日にちがかかります 病院で新型インフルエンザと診断が下った状態の時は処方される薬と同じくらいの時間 薬1週間 MMSでもかかるようです マラリアもそのような考えから 早いうちにMMSを使用したほうが治りが早いと思いますが 長年マラリアを患っている方の場合は 日本の方々のように健康維持で飲む感じで 毎日 夕食後寝る前に自分の気分の悪くならない最大量=自分の適量を無理なく続けたほうが良いと思います それですとマラリア原虫を持つ蚊に刺されても発症しないはずです  私は まだ やり残していますマラリア撲滅のための研究や計画があります 二酸化塩素が体内にどのくらいの時間 平均して残留するか その状態の時に マラリア蚊に刺された場合 マラリア蚊の体内のマラリア原虫はどうなるのかを どうしても調べなくてはなりません もし 二酸化塩素を含む血液を吸ったマラリア蚊の原虫が死滅するのであれば マラリアの治療だけではなくてマラリア原虫の撲滅が同時に行われることになります  それら以外に MMSを医師や限られた人が使用するのではなくて 一般のマラリアで苦しむ村人たちが自由に使用でき自分たちでマラリアを治し その噂が隣の村から村々へと広まる 波及効果を作りださなければなりません そして それらのデータは収集されていき 国連・WHOなど多くの機関に伝えて MMSがアーテスネートのように認可されるように働きかけなければなりません 


今年から私は 寄り道をせずに この活動が専門でできるように スポンサー探しに努力いたします

また 何か 私で判ることがありましたら いつでも ご連絡くださいね それと そちらで マラリアにMMSを使用した方々の意見を 是非とも お聞かせ下さい よろしくお願いいたします

石井

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月13日 | トップページ | 2014年1月24日 »