« 愛と平和と自由のために | トップページ | Ima Sierareone. Desu »

2014年9月 6日 (土)

エボラへの治療と予防の可能性/CDT 二酸化塩素療法


これはアフリカのエボラ流行国数カ国に出した広告のないようです

・・・・・・・・・・・・・・


Chlorine dioxide therapy / Possibility of Ebola treatment and prevention
エボラへの治療と予防の可能性/CDT 二酸化塩素療法

I have some things to ask you.
私の希望を申し上げます。


Now I am making a brochure with which I will explain how to make and use CDT. By using this we can implement without an interpreter. I will show you how to make CDT and how to use CDT as well as the explanation about the ingredients, along with this brochure. The lecture in Thailand and Nigeria were successful with this procedure. I believe there would be no problem. Audience will soon be able to use CDT.
今 CDT説明会のための英文の解説文章を作成しています。これにより 日本語通訳なしでも説明会は進行できます。 私は進行どおりに CDTに必要な材料からの製造方法 使用方法などの実技を行います。 この方法でナイジェリアとタイでは成功しましたから問題ありません。
セミナーにこられた方が すぐにCDTが行えるようにお教えできます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Contents of the handouts of CDT briefing for
CDTセミナーの配布資料の内容
https://www.facebook.com/ebolatreatment/posts/283382011868442

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

I have some things to ask you.
私の希望を申し上げます。

Can you prepare places for lecture meetings about CDT? And can you get together people? It will be several times. Not one or two times.

医師や医療関係者などを集めた CDTのセミナー・説明会の準備を整えていただけるのでしょうか。 これは複数回行いたいです

Before Ebola treatment, or at the same time, I would like to give CDT treatment to malaria patients and check or measure the number of malaria protozoans using a micro scope. And I want to compare and based on that, I want to decide how mush and how often and how concentrate of CDT should be used for the Ebola infected. And I want to keep the record of the photos or data of all of them.

CDTを エボラへの使用の前に または同時でもかまいませんが マラリア患者複数名にCDTを与える前と後の血液検査を顕微鏡で行っていただき マラリア原虫の減少率を計測していただきたいです。 それを元にエボラへの効果・反応と比較しながら エボラへの使用濃度と使用量を特定していきます。 その時の顕微鏡写真などのデータを提供してください。

My hope toward Ebola is below, please check it.
正式な ご招待があれば すぐに私はあなたの国に行ける準備は出来ています。

You can check my passport. If you click on the photo, the image will be bigger.
私のパスポートは以下から見れます 写真をクリックすると大きく見れます。
http://141.txt-nifty.com/141/files/4.jpg

Now I cannot leave Japan if the purpose is something concerned with Ebola. I am not a medical doctor so I cannot get visa.
今 エボラのことで一般のビザは降りません。 また私は医師ではないのでビザは降りません。 

I will buy my own air ticket, so please prepare the place for the lecture meetings and the place for me to stay.
I hope I can come to help you. Please let me have the visa.
どうかお願いです私が皆様のところに速やかにいけますようにビザなどの手配をお願いいたします。飛行機代は私が負担しますのでセミナーと私の滞在などの準備をお願いいたします。

As my CV I’d like you to see the URL below. I worked for an NGO to end the hunger and the poverty all around the world. Now I work as an volunteer activist to end malaria.

私の経歴は 日本のNGOで長年 世界の飢餓・貧困を終わらせる活動を行っていましたが 今は マラリア撲滅のための活動を行っています。

Below are my activity reports.
私の活動報告をご覧いただければわかると思います。
http://mmsjapan.sharepoint.com/Pages/default.aspx


In Nigeria,
ナイジェリアでの活動報告
http://mmsjapan.sharepoint.com/Pages/interviewvideo.aspx

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

I cannot write English and these messages are translated by one of my friends.
私は言葉がわかりません この文章は友人に作成していただきました。

I can read easy English, using translation soft but if I reply to you by myself it may be poor English. So I will ask my friend to reply to you when I mail you with a long message.
私への連絡は 簡単な文章ならば 翻訳機能で読むことが出来ますしかし ご返事は翻訳機能ですので あいまいな表現の文章になりますので お許しください。長いメッセージやお問い合わせは メールでお願いします 友人に転送してご返事をいたします。

nqi48953@nifty.com
Muturou Isii


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Ebola treatment and prevention Its potential


From : https://www.facebook.com/ebolatreatment/posts/283391725200804

Contents of the handouts of CDT briefing for
CDTセミナーの配布資料の内容

Chlorine dioxide therapy / Possibility of Ebola treatment and prevention
エボラへの治療と予防の可能性/CDT 二酸化塩素療法

Now I am making a brochure with which I will explain how to make and use CDT. By using this we can implement without an interpreter. I will show you how to make CDT and how to use CDT as well as the explanation about the ingredients, along with this brochure. The lecture in Thailand and Nigeria were successful with this procedure. I believe there would be no problem. Audience will soon be able to use CDT.
今 CDT説明会のための英文の解説文章を作成しています。これにより 日本語通訳なしでも説明会は進行できます。 私は進行どおりに CDTに必要な材料からの製造方法 使用方法などの実技を行います。 この方法でナイジェリアとタイでは成功しましたから問題ありません。
セミナーにこられた方が すぐにCDTが行えるようにお教えできます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

二酸化塩素療法/エボラへの可能性
Chlorine dioxide therapy / Possibility of Ebola treatment and prevention


皆様 はじめまして 
Nice to meet you, everyone.

私は日本から来ました Mutsuro Ihii です。 私は医師ではありません。 CDT=二酸化塩素療法の研究家です。 
I am from Japan. My name is Mutsuro Ishii. I am not a doctor but I am a researcher of CDT=Chlorine Dioxide Therappy.


今 エボラで多くの方が苦しみ亡くなっていますので 手短に ご挨拶をしてから CDTの製造と使用方法をお見せいたします。
There are many people suffering from Ebola now so we do not have time to waste. I give you a brief selfintroduction and then I will start to explain how to make CDT and how to conduct CDT.


私は日本のNGOで活動中に この情報を2008年に知りました。 そして もしこの情報どおりに二酸化塩素が安全に体内に取り入れられ マラリアが治療できるのであれば 世界のマラリアの撲滅は急速に行われるだろうと思いました。
When I was an activist as a NGO member in Japan I gained the information about CDT. It was in 2008. I thought if it was true and we realize so easily and quickly the treatment of malaria with Chlorine Dioxide, we can eradicate malaria very earlier.


そして自分の体で副作用や害のテストを繰り返し 問題が無いことがわかり インド ナイジェリア タイ ミャンマーなどでマラリアのテストと治療を行いました。 そして 私のユーチューブで ご覧になられた方もいると思いますが 意識の無い重症マラリア患者の方が30分で回復して笑顔で家族と会話している記録ビデオにもありますように 多くの方が 非常に短時間で回復しています。
Then I experimented with my body and I found there was no side effect from CDT. I went to India, Nigeria, Thailand and Myanmar and I examined and gave treatments. Some of you have already watched my activity in those countries on You Tube. As you watched, unconscious serious malaria infected became well only 30 minutes after they got the treatment with Chlorine Dioxide. They even began to talk with their families with smile. Many became completely well in short time.


医療関係者の方々は 二酸化塩素が2001年のアメリカでの炭素菌テロの時にも使用されたほどの強力な殺菌剤であると知っています。 その強力な殺菌剤である 二酸化塩素を 飲んだり 体内に取り入れることは危険であるという認識を持っています。 
And many people working in the medical field know Chlorine Dioxide was formally used in the US in 2001, the country was attacked with anthrax bacillus. They think this strong chemicals is too strong to take in.


しかし 10年以上も前に 偶然の発見から この二酸化塩素が 適量であれば 安全に飲むことが出来 どのタイプのマラリアでも殺菌して 回復すると判りました。 
But by accident, over 10 years ago we got to know, this strong chemicals is quite all right if you take appropriate amount.


そして 今では世界中の人たち 100万人以上の人たちが 健康維持や病気で10年近くも 毎日飲んでいます。 
Now over one million people all over the world are taking Chlorine Dioxide every day. Many of them are regularly taking it for over 10 years. The reasons for taking it are various, depending on individuals.


日本でも1万人以上の方が飲んでいて 私も6年以上飲んでいますが 害や副作用は いまだに発見できません。 その無害性はインターネットで検索していただければ世界中の人たちの証言で判ります。
In Japan over 10,000 people regularly take Chlorine Dioxide as MMS. I have been taking over 6 years. I have never felt any side effects. You will be convinced that it is harmless if you just check people’s comments on PC sites.


ここでは二酸化塩素水を略してCDSと言います。
From now on, I call Chlorine Dioxide just CDS.


CDSは飲用すると 血流を回りながら 1~2時間体内の病原菌を殺菌して その後 水分と極微量の塩分に分かれて体外に排出されますので無害です。 CDSの原料の亜塩素酸ナトリウム(Sodium chlorite)は 以前は海水から作られていました。
When you take in CDS, it will circulate in your blood vessels taking for about 2 hours, disinfecting at the same time. After that it will be water and a kind of salt and leave your body. The salt is, exactly speaking, a little amount of Sodium Chlorite which is the ingredient of CDS and it was from sea water before.


CDSは殺菌剤ですので マラリア薬のように特定の病気を治すのではなくて あらゆる病原菌を殺菌しますから マラリアの種類を検査したり 薬を選ぶ必要がありません。 それは医師や医療施設・設備の不足も解消します。
CDS works as a germicide, a sterilizer and a disinfectant so it will work not only against malaria but also works against any kinds of germs and viruses. You even do not need to check and identify what kind of malaria you are going to deal with. This will be very helpful where people do not have enough doctors, facilities, or equipment.


製薬会社にとっては マラリアが急速に撲滅できることにより マラリアで苦しんでいた人たちが働けるようになり その地域や国のGDPや所得が上がり 単価の安いマラリア薬以外の他の病気の 高価な薬が売れるようになり儲かります。
If people become healthy and able to work by the extermination of malaria the GDP or individual’s in come will go up and they will be able to buy other expensive or sophisticated medicine which is very nice for pharmaceutical companies, too.


マラリアは寄生虫ですのでCDSで殺菌しやすく 約28ppmを2回で回復しています。  しかし ウィルスはそれよりも小さいので なかなか効果がはっきりしませんでした。 
Malaria is parasite and so for CDS it is easy to exterminate. 28ppm times 2 is enough for a person to get over from malaria. Viruses are smaller than parasite protozoan and so we could not get the effect quickly before.


それは 従来のCDSの生成方法はクエン酸と亜塩素酸ナトリウムを混ぜて希釈し飲むと言う方法でしたので 摂取濃度は 30ppmくらいが限界でした。 しかし 新たなCDS製法が発表されてからは その数倍の量を安全に摂取できるようになり ウィルスレベルへの効果が期待されています。 
Until now we mixed citric acid and Sodium chlorite. We had to dilute the mixture. And so the consistency was 30 ppm at most. But now we have the new way to make CDS and you can take much more concentrated Chlorine Dioxide. To cure the viruses infected would be much more feasible now.


実際に私は 今年の5月に タイ・ミャンマー国境沿い MaeSot でのマラリア撲滅活動中にデング熱でダウンした 意識のほとんどない医師の方に 希釈したCDS約100ppm前後を300cc飲ませたところ マラリアと同じように 30分ほどで笑顔で会話できるくらいまで回復しました。
I went to Mae Sot which is near the border of Thailand and Myanmar and administered CDT to a doctor who was almost unconscious and seriously ill of Dengue. It was about 300 cc of 100 ppm CDT. Just like malaria, he got over from the illness 30 minutes after he took Chlorine Dioxide. And he became well enough to talk with smile.


CDSについてのことは ここまでにします。 詳しく知りたければインターネットで調べてください。 または フェイスブックの[ Ebola treatment and prevention Its potentiality ] というコミュニティをご覧下さい。 今はエボラで非常事態ですので 実際の製造方法と使用方法の実技に入ります。
That’s all about CDS. You can get further more information from the Internet. Or you cha check Facebook: Ebola treatment and prevention Its potentiality.
We are now in an emergency. So let’s go on to the practical lecture.


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここからの実技工程はビデオ記録をいたしますが 皆様のお顔が写らないように配慮いたします。 この記録ビデオは この説明会に参加できなかった医師の方々が共有して実践できるようにする目的があります。
Now we will start. From now on, we will record onto video, but we will be careful not to show your faces. This recording video is for the doctors who cannot attend this meeting today. We want to share this with other people.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ここからは NO1 NO2 の実技工程というように行っていきます。
There will be 2 stages called No.1 and No.2.


使用する亜塩素酸ナトリウム22.4%溶液は MMS と呼びます。
I’m going to use Sodium Chlorite 22.4%, which called MMS.


クエン酸50%溶液は CA と呼びます。 
Citric acid 50% which is called CA.


それを混ぜ合わせ30秒ほどで希釈したものが二酸化塩素ですが 新しいCDSとの区別を図る意味で 
古いタイプのCDSを O-CDS(従来の使用方法) と呼び 新しいCDSをそのまま CDS と呼びます。
You mix both of them and wait only for 30 seconds and it should be diluted.
This is old type CDS then we call it Old CDS = O-CDS.


エボラへの使用方法が特定されるまでは マラリアの使用方法で説明していきます。
Until we find the particular way for Ebola, at the moment we must know the basic way which is used for Malaria or other diseases.


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


NO1の実技の説明 
No.1 Practical facts about O-CDS


O-CDSの使用方法: マラリアには大人15滴(平均28ppm) 子供や体格の小さな方は その半分の量です。
How to use it: For one adult 15 drops (28 ppm on average)
For a small person or child a half of the amount 7~8drops


MMS と CA を乾いたコップに 15滴づつ入れて混ぜ合わせ 色が濃い黄色になったら(20~30秒)水を250ccほど入れて希釈し すぐに飲みほし 喉の保護の意味で水をさらに2~3口飲みます。 1時間後に 同じ量を飲みます。 病気予防や健康維持でしたら5~6滴で大丈夫です。
Put 15 drops of MMS and CA to dried clean cup, and mix it. When you see it turned to yellow after 20 ~30 seconds put 250cc clean water to dilute it. After one hour take the same amount. If you want to keep you healthy or prevent from contracting any disease, 5~6 drops is enough.


この従来の方法 O-CDSはクエン酸も共に飲んでしまうために 刺激が強く 15滴以上の量を多く飲みすぎると 強い下痢が起きてしまうことがあります。
しかし 問題はありませんので 水分と栄養を補給してください。
The problem of O-CDS is that you take citric acid too and this stimulate your stomach and intestine and you likely to have diarrhea. This is not a big problem if you just be careful to take more water and nutrition.


O-CDSの詳しい情報はインターネットにありますが 本来は MMSとCAの量は同じです。 5滴のMMSならばCAも同じ5滴です。 しかし私が計測しましたら CAの量は半分でも濃度は ほぼ同じでした。 MMSが8滴なら CAを4滴でも大丈夫です。  気をつけてほしいのは 濡れていない乾いたガラスのコップを使用してください 濡れていると なかなか黄色くなりません。 ガラスのコップがない場合はプラスチックのコップでも大丈夫ですが金属はだめです。
You can get more information from the Internet but basically the amount os MMS and CA is just the same. If you need 5 drops then 5 drops of MMS and 5 drops of CA. But when I measured the concentration of Chlorine Dioxide, it had the same concentration even if the half amount of CA. It means that 8 drops of MMS and 4 drops CA would work well. Be careful to use dried cup. If you use wet cup you can’t get the liquid turned to be yellow. Plastic cup as well as glass will be OK but not a metallic cup.


エボラへの使用量は まだ判りませんが 予防としてならば 昼食後30分してから 5~8滴 子供や体の小さい方は半分の 3~5滴くらい。 そして  夕食後30分してから 8~12滴 子供や体の小さい方は5~8滴くらいを考えています。 
I don’t know how much we should use MMS for Ebola infected, as prevention after lunch you should take 5~8 drops. For children and small people 3~5 drops, and 30 minutes after dinner again 8~12 drops and children and small people 5~8 drops.


気をつけてほしいのは 無理して量を飲まれると下痢以外に風邪に似た症状の悪寒なども起こりますので量を気をつけてください。 また 薄める水の量が少なく濃度が濃い状態でも この症状が起こる場合がありますので 200~300ccの水で薄めるのを忘れないで下さい。 世界の情報では これは好転反応だと言うことを書き込んでいる人たちもいますが違いますので インターネットの情報は気をつけてください。 
You must be careful not to take too much or in spite of your body condition. If you try too much, you may have symptoms similar to cold. You may feel shaking chill. If you put less water to dilute the mixture, you may have the same condition. So don’t forget to dilute it with 200~300 water.

Some people say that shaking chill and diarrhea is a good symptom. But I don’t agree with this opinion. Be careful when you check various opinions from the Internet.


水のような下痢の場合は 1~3日間 MMSを飲まないで 胃腸の修復を待ってから 少ない量から再開してください。 エボラ患者の場合は下痢になりやすいので出来るだけCDSを進めます。 CDSの飲用でも下痢が続く場合は 暖かい水で希釈した数回の浣腸や その他の 別の方法があります。
If you have diarrhea, you must stop taking MMS for a few days. You must wait for your stomach recover from the problems. Ebola infected are tend to have diarrhea easily so I recommend not O-CDS but CDS. Still more I recommend that you should use lukewarm water to dilute. And use it as enema. Or we may find other ways.


この従来の使用方法のO-CDSは 新しいタイプの CDSが作れない環境の家庭や場合などで使用しますが 出来ればCDSをお勧めいたします。 それは 匂いや味が少ないばかりか 下痢にもなりにくく 高濃度の二酸化塩素が無理なく 1日に何度でも摂取できるからです。 
This conventional O-CDS is used in the environment where you cannot make new CDS. If possible definitely you should use CDS. It has less smell and you have less chance to have diarrhea. You can take in stronger concentration of Chlorine Dioxide. And you can take CDS as many times as you like.


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO2
The Stage N0.2

CDSの使用方法: 
How to form CDS


約1000ppmのCDSの場合 マラリアには10~15ccを250ccほどの水で希釈して飲み 1時間後に 同じ量を飲みます。 子供や体の小さい方は その約半分の5~10ccです。 O-CDS と CDSの飲める量や回数は個人差や その時の体調もあります。 飲めるようであれば増やしても問題はありませんが 極端な量を摂取しないで下さい。 5ccづつ上げていくほうが安全です。  効果が薄い場合は 回復するまで 1~2時間おきに回数を重ねます。
When you use CDS of1000ppm, you take 10~15cc CDS with 250 CC water. CDS must be diluted with water. This is for the treatment of malaria. If your body is thin or short or if you are a child then you should take a half amount.
But basically, the amount of O-CDS and CDS depends on the individual or conditions at that time. Just be careful not to take extremely a lot. You should increase the amount by 5cc. If you don’t feel dramatic change, continue taking every 1 or 2 hours.

エボラ治療の使用量はまだ判りませんが 少ない量から初めて マラリアの治療と同じ使用量に到達して 問題がなければ 経過を見ながら 回数や使用量を増やしていきます。 目安は回復するまでは 2時間おきに1回 1日7回ですが 患者の体の負担が大きければ 量と回数を減らすなどの調整します。   
No one knows how much we should use for the treatment of Ebola, so we should start with the small amount. When we reach the amount of the highest limit of malaria case, and there is no problem then still increase the amount of the dose further more. Now I think 7 times a day, every 2 hours. If the patient have some difficulty we would decrease the amount. Slight adjustment is necessary.


その際にマラリア患者へのCDS投与を同時に行い CDS濃度や使用量の変化での マラリア原虫の減少率を顕微鏡で観察し 同じ量を与えた エボラ患者の回復の度合いと照らし合わせながら エボラへの濃度と使用量を特定していきます。 (一応 予測できる使用方法は いくつか考えてあります)
We should administer to malaria patients at the same time and the concentration and amount of CDS and also the decreasing of the number of malaria protozoan. We must compare Ebola case to malaria case. And the patients with the same amount of CDS. Then we will know the appropriate dose of Ebola.. I believe. I have already consider the way of using CDS depending on the cases.


エボラの感染拡大防止と予防には まず最初に速やかに エボラが発症し隔離された その方の同居していた家族と近所の方々 そして接触を持った方々等の CDTを行います。 迅速に行うためには 隔離や遺体回収を行うスタッフも その時にCDTを配布し使用方法を説明するか説明書も渡します。  使用方法は予想では マラリアと同じ容量で1日5回前後 1ヶ月間行い 発症しなければ問題がないということになります。 
We want to prevent Ebola from expand so quickly we give CDT(Chlorine Dioxide Therapy)to the patients families and people who had to be very close to the patients. I want to give CDT and also want to explain to the staff who have taken care of bodies. I suppose that for Ebola too CDT will be 5 times a day for one month. And If they don’t have any problems after one month, they will be completely OK.


CDTの利点は この1ヶ月の期間にマラリアや腸チフス・デング熱なども殺菌してしまいますので エボラに似た症状を出さないことにより エボラと間違われて隔離されてしまう人が出ないようにすることです。
CDSはウィルスが体内で増殖する前でしたら殺菌しやすいのですが 時間の経過と共に体内で増えてしまった場合にはCDTは時間がかかります。
As a good point, CDT works for other diseases such as malaria, Dengue, typhoid, so people who take CDT will not show any confusing conditions and are not be isolated by mistakes. It is easy for CDS to sterilize before viruses prevail and powerful in human bodies. After the viruses have already multiplied, it will take longer time for the infected to get over it.


その意味でも この予防と感染拡大防止は迅速に行わなければなりませんので ジュースや食料品 雑貨などの流通経路を利用して どんな辺鄙な田舎にもある小さな雑貨店に至るまで 国全体にCDSの原料が行き渡るように出来ます。 
From this point of view, the prevention and the controlling of expansion is very important and we must begin it as soon as possible. People should buy the ingredients of CDS as well as juice or food at any groceries in any country side.


原料の亜塩素酸ナトリウムは非常に安価で 日本での市販価格でさえ1グラムがアメリカ1セントです。 原価はさらに安価で10分の1のアメリカ0.1セントです。 インドや中国・ヨーロッパ諸国などでは さらに その半分以下のコストになりますので 感染拡大防止のための予防にかかる大人1人の1日分のCDSのコストは2グラム 約0・1セント以下になります。 
Sodium chlorite is very cheap and it is 1 US cent for 1g as retailing price in Japan. The first cost is one tenth of it. In India or in China it will be less than that. For the prevention, you will pay only 0.1 cent for 2g.


国民全体にいきわたるようにしても非常に安価で原料は豊富にあります。 その意味でも迅速にエボラへのCDTのテストを行い 効果の確認が取れ次第 軍用機を使用してでも原料を調達すれば1日で確保でき 国内の流通経路を利用して配布すれば数日で国内全域で感染拡大防止と予防が可能になります。
It will be very cheap even if you distribute to all the people in your country. And the raw material is rather easy to get. If you find it works, you must use military air planes to get the raw materials. It takes only one day to get everything. If you use the distribution infrastructure to give it to people it will take only a few days I believe. It is surely possible.


また このような時ですから 国民が率先してCDTを使用することを学びますので エボラ終息後にもマラリアなどの予防と治療を行うようになることで健康の維持の意識が高まります。
Now it is in emergency, people are motivated to learn something useful. Even after Ebola ends you must start to take care of malaria too. People are now conscious about their health.


このCDS約1000ppmは 500cc容器に水280ccを入れて MMSとCAを10グラムづつで作られますが この条件以外で作られるCDSは濃度が違いますので注意してください。  部屋が暖かいと だいたい6時間くらいで作れます。 水の変わりに 60度くらいのお湯で作りますと1時間くらいで作れます。 
To make 1000ppm CDS, you prepare 500cc container. You put 280 cc water and 10g MMS and 10g CA. If the concentration is different it will be confusing to use so definitely follow this instruction. If the room is warm it will take 6 hours. If you use 60℃ water it will take only 1 hour.


CDSは 作る容器の大きさ。 水の量。 MMSとCAの量。 気密性。保管状況。水やジュースなどの希釈でも 濃度が変化します。
The concentration of CDS will be different, depending on the size of the container, the quantity of the water and MMS, airtightness, and how it is kept.


出来たCDSはガラスのビンに入れて密封して 暗い涼しい場所か冷蔵庫で保存いたします。 密封しないと濃度が下がります。
ガラスのビンがない場合はプラスチックボトルでも大丈夫ですが3日くらいで使い切るようにしてください  時間がたちますとプラスチックが薄く溶けて来ます。  
When the CDS is completed, you must keep it in a cool and dark place. Maybe in the fridge. And you must use air tight container or else the concentration will be made lower. If you don’t have a glass container you can use a plastic one but in that case, the plastic would change to be thinner.


CDSはすでに世界では民間治療法として100万人以上の方が台所で製造し使用しています。 日本でもこの4~5年でブームになりつつあり 約1万人以上の方が何年も使用しています。 非常に簡単な製造と使用方法ですので 医師や医療施設・設備を必要としません。 その利点が生かされることにより国民が自らエボラの予防と感染拡大防止を行うことが出来るのです。
CDS has already been produced by over one million people in their own kitchen. In Japan too, these days it has been becoming popular for 4 or 5 years. Over 10,000 people are taking it regularly over several years. Makin it is very simple. You don’t need any medical equipment or facilities. Because of these good points people can prevent themselves from contraction terrible diseases and also prevent it expanded.


このCDTは 初期のウィルスや病原菌感染で 早期に行えば 殺菌には効果が期待できますが 体内で増殖してしまった場合や長年わずらっています病気に対しては効果が薄いか 時間がかかります。 その事から CDSだけで治療することはせずに 病気に対する薬剤と併用することで 効果が双方ともに上がります。 
As I told you above, it is easy for CDS to sterilize before viruses prevail and powerful in human bodies. After the viruses have already multiplied, it will take longer time for the infected to get over it. So don’t rely only on CDS but also you must try conventional and established medicine of course.


これはマラリアにおける ACT (artemisinin-based combination therapy) と同じ働きです。 ですから 製薬会社や医師の方は失業してしまうと言う心配はありませんから安心してください。
大量にCDSを生産する場合には その生成方法や設備により 濃度が異なりますので 当面は私が濃度計測などで貢献いたします。
This is just the same as ACT (artemisinin-based combination therapy) for malaria patients. So, pharmaceutical companies and doctors will never lose their work and positions. CDS will never threaten pharmaceutical companies or doctors, I believe.


CDSがエボラに効果があった場合に 迅速に医療の現場でも使用できるように手配準備などの計画は出来ています。
If CDS works well against Ebola, you can quickly use it even at the hospitals. Materials are prepared.


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO3
The stage No.3


CDSの作り方:
How to make CDS


約1000ppmのCDSを作るのに必要なものは 水300cc位の場合は 500ccくらいの容器と 小さくて長いグラス。 MMSとCAが約10グラムづつ。 ビニールです。
When you make CDS of 1000ppm, all you need is 300cc water, 500cc container, thin and small but a little tall glass, and 10gMMS and 10gCA and one plastic bag.


CDSは非常に簡単に作れます。 容器の中に水を入れて その中に小さめの長いグラスを立てて その中にMMSとCAを入れます。 そして ビニールを厚めに巻いて蓋をして密封します。
It is very easy to make it. You put the water in the container and you pu the small glass in it. You put MMS and CA in the small glass. Cover the container with the plastic bag then cap the container. Keep the state of airtightness.


これで完了です。 
That’s all.


グラスの中の色は 最初のうちは黒に近い茶色ですが 容器の水にガスが溶け出して 同じ黄色い色になりましたら完成です。
In the glass, the mixture of MMS and CA is brown but then the gas will go into the water and then the color of inside the glass and outside the glass will be just the same. It is golden yellow. It is finished.


中のグラスを取り出して液体を捨てます。
Take out the small glass and throw the liquid in the small glass.


部屋が暖かかったり 水の変わりにお湯を入れますと短時間で出来ますが だいたい 数時間で出来ます。
If the room is warm or the water is warm it is very quick. It takes a couple of hours.


出来たCDSはガラスのビンに移し変えて密封してください。 多少でも通気性があるとガスが抜けてしまい濃度が低下します。
That golden yellow CDS should be put in the bottle and cap well with a cork or else the concentration will go lower and lower.

プラスチックのボトルに入れた場合は5日くらいで使い切るようにしてください。 極 少しづつプラスチックが溶け始めますので注意してください。
If you use plastic bottle then you should use it up for about 5 days. In case the plastic dissolve gradually into the CDS.


暗い涼しい場所か冷蔵庫で保管してください。 濃度低下は保管状況にもよりますが5日くらいから低下しますので 早めに使い切ってください。 
Keep it in the cool and dark place or in the fridge. If your way of keeping it is not very precise, the concentration will likely to go down.


濃度が薄いなと感じた場合は CDSの量を増やして調整してください。 
If you feel the concentration has gone down, I recommend that you should take more quantity and adjust it.


・・・・・・・・・・・・・・・

NO4

MMSの作り方:
How to make MMS:


世界で共通するMMSは亜塩素酸ナトリウム28%の溶液です。
Standard MMS in the world is 28% liquid of Sodium chlorite.


亜塩素酸ナトリウムの純度が80%のものを使用してください。 
You must use Sodium chlorite which is 80% purity.


厳密なMMSの製造方法はインターネットまたは本で調べてください。
The precise way of making it is seen on the website.


ここでは簡単に説明いたします。
Here, I will tell you a simple explanation.


28グラムの亜塩素酸ナトリウムを72グラムのお湯で溶かして完成です。
You just dissolve 28g Sodium chlorite in 72g lukewarm water. That’s all.


その時に金属の器や器具を使わないで下さい。プラスチックかガラス製のものを使用してください。
You mustn’t use any metallic tool when you dissolve it. Plastic of glass made would be suitable.


出来たMMSはビンに移して暗い場所か冷蔵庫に保管してください。 太陽には当てないで下さい。
Completed MMS should be kept in the dark place or in the fridge. You mustn’t put in the sun.


保管は 保存容器にもよりますが 7~8年です。 出来ればガラスのビンの保存が安全です。
You can keep it for 7-8 years. But this is depending on the environment as you can imagine. Glass bottles are the best.


緊急の場合は スプーン3倍の亜塩素酸ナトリウムと同じスプーン7杯のお湯で溶かして使用できます  この場合多少濃度が違いますが大丈夫です。
If it is urgent, 3 spoonful of Sodium Chlorite and 7 spoonful of lukewarm water will do. You must use the same size spoons. If the concentration is a little different it would be all right.


・・・・・・・・・・・・


NO5
CA=50%濃度クエン酸溶液の作り方:
How to make Citric acid solution


クエン酸50グラム と お湯を50グラムで溶かしたものが50%濃度クエン酸溶液です。
You should make 50% solution.
So dissolve 50g of Citric acid in the 50g of lukewarm water.


クエン酸が100グラムなら お湯も100グラムです。
If you use 100g of Citric acid then prepare 100g lukewarm water.


出来上がりましたCAはボトルに移して保管します。 冷蔵庫でしたら1年以上は大丈夫ですが 暖かい場所では1年以内で使い切るほうが無難です。
When you have the Citric acid solution you must keep it in the bottle.
If you keep it in the fridge it will last longer than a year.
If you keep it in an ordinary room, the room could be warm then you must use it up shorter than one year.


・・・・・・・・・・・・・・・


これでCDTに必要な基本的な説明は終わりました。
That’s all for the explanation about CDT.


治療に関しては まだ いろいろな方法や説明がありますが  最初に申し上げましたように  今回は緊急の エボラへの治療と予防の可能性の確認ということで  まずは 少量からのテストを行い 効果の確認を急ぎます。 
Talking about treatment, there are several other ways but as I told you at the beginning it is in an emergency now. So we will make not a huge quantity just an appropriate amount and explore the possibility if it works for Ebola.


効果がわかりました段階で 次の説明会を行いたいと思います。 そして その時には必要なものや準備 計画などの提案をしたいと思います。
When we found the possibility I will go on to the next stage and I will explain what it would be. I will suggest what we need for the next stage.


今 日本でも エボラに苦しむ皆様の事を 多くの方が真剣に見つめて 祈っております。
Now in Japan, people are worrying very much about people in this country who suffer from Ebola. They are praying seriously for you.


私たちは 別の国の人間同士ではなく 同じ一つ屋根の 地球と言う家で暮らす 愛する家族同士なのです。 
Don’t think we are living in the different countries and having different nationalities. We are living on the same planet called the earth. It is just like we are living in the same shelter.


今回のエボラ終息に向けて 共に頑張りましょう。
Let’s try hard to end the rage of Ebola.


私も最善を尽くしますので よろしくお願いいたします。
I will do my best so please cooperate with me.


ありがとうございます。
Thank you.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

From : https://www.facebook.com/ebolatreatment/posts/283391725200804

|

« 愛と平和と自由のために | トップページ | Ima Sierareone. Desu »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121535/60266601

この記事へのトラックバック一覧です: エボラへの治療と予防の可能性/CDT 二酸化塩素療法:

« 愛と平和と自由のために | トップページ | Ima Sierareone. Desu »